2016年05月22日

National Flower [ 国花 ] パナマ(共和国)編


🌸アクセスありがとうございます🌸


こんにちは。


今回はパナマの国花をご紹介します♫


パナマと言えば、つい最近も”パナマ文書”が公開されたり、

”パナマ病”という病気によりバナナの生産量が下がってしまっていたりと、

(あまりポジティブなニュースではないかもしれませんが)

話題になっていたので 名前は知っている! という方が多いのではないかと思います。



同国は、北アメリカ大陸と南アメリカ大陸のちょうど境目にある国で、

言語はスペイン語が話されています。

世界幸福度ランキングで上位にあがっていることでも、いま注目されています!



さて、本題に入りますが・・・

パナマの国花は、エスピリト・サント / 学名:ペリステリア・エラータ(Peristeria elata) という蘭で、『聖なる精神の花』と呼ばれています。



エスピリト・サント自体、『精霊』を意味する言葉で、

このお花も 名前にふさわしく とても綺麗な白を魅せます。



内側の花びらが、鳩が翼を広げたように見えることや、

混じりけのない純粋な白が鳩を連想させることなどから、

日本では『ハト蘭』とも呼ばれていて、平和や愛を象徴します。



開花時期は8~9月なので、今年はこれからがシーズンです!



しかしこのお花、乱獲や熱帯雨林の減少を原因に、

絶滅危惧種に指定された 貴重なお花なのです。

保護活動に取り組まれている方々もいらっしゃるようです。



見ているだけで心が透き通るような気持ちにさせてくれ、

純粋さを感じるエスピリト・サント。

いつまでもどこかで白の輝きを放っていてほしいですね。




次回も世界のどこかの国の国花をご紹介します♫



🌸最後までお読みいただきありがとうございました🌸


posted by LIFE DECO_aoyama at 10:48| Comment(0) | TrackBack(0) | National Flower [ 国花 ] | 更新情報をチェックする

2016年05月19日

National Flower [ 国花 ] 中国編


🌸閲覧ありがとうございます🌸


2回目の今日は 中国(China) の国花をご紹介します


中国の国花は 牡丹 ( peony/ピオニー ) です

(※諸説ありますが、ここでは牡丹とさせて頂きます※)


IMG_6413.jpg


-基本情報-

開花時期:4~6月

花言葉:富貴 高貴 風格 恥じらい 壮麗

誕生花:3/20・5/3・7/24・12/17(冬牡丹)他


-参考情報-

日本別称:名取草・二十日草・深見草

中国別称:富貴花・花神・花王(豆知識:日本の某大企業のネーミングとは無関係)



牡丹は中国原産のお花で、同国では 別称が『花王』『富貴花』と設定されている通り、

古くから お花の中のお花 として とても大切に、そして愛されてきました。

特に唐の時代に大ブームを迎えていたようです。



日本でも、花言葉に『高貴』『富貴』などがふくまれており、

鎌倉時代の五摂家のひとつ ”近衛家”を代表として、以降江戸時代にも、

家紋に広く取り入れられた 人気の高いお花でした。


もともと奈良時代に日本にやってきたときには ”薬用”として用いられていましたが、

平安時代以降は 鑑賞用としても用いられるようになり、

『枕草子』『栄花物語』などの文学作品に登場しています。



ちなみに牡丹の中には、中国牡丹と日本牡丹があり、この2種は 咲き方が異なります。

中国牡丹の方が日本のものに比べ 花びらの開き方が大きくなっているのです。


大胆な咲き方の方が好みだ という方もいらっしゃるかもしれませんが、

実は中国牡丹は日本の気候では栽培が難しく、日本で購入する場合 かなり値が張ってしまうのです。

双方の違いを自分の目で確かめたい!という方は、

(今年はもう開花時期が終盤を迎えてしまっているので来春にでも・・・)

上海ディズニーランド開業を機に是非中国に足を運んでみてはいかがでしょうか?♫



次回は北米大陸と南米大陸の境に位置する、パナマの国花をご紹介したいと思います!

お楽しみに・・・



🌸最後までお読みいただき有難うございました🌸

posted by LIFE DECO_aoyama at 06:10| Comment(0) | TrackBack(0) | National Flower [ 国花 ] | 更新情報をチェックする

2016年05月06日

National Flower [ 国花 ] 日本編



閲覧ありがとうございます。

これから世界各国の国花をご紹介する記事を書かせて頂きます。



そもそも『国花』とは・・・

その国その国 の 国民に最も愛されている、国の象徴ともなるお花のことを言います。

お花に限らず、ベトナムの竹、イスラエルのオリーブ、ハイチのダイオウヤシ、カンボジアの稲のように、樹木や農作物などが指定されることもあります。




初回は 日本 ( Japan ) !


日本の国花は 桜 ( cherry blossoms ) と 菊( chrysanthemum )です。


IMG_1251.jpg


桜といえば、今年の春は お花見に行かれましたか?

東京の満開は平年より3日早い3月31日でした( 気象庁情報 )


卒業式や入学式などが多い"春"に咲く桜は、

出会いと別れをより印象深いものにします。

思い入れのある方もいらっしゃるのではないでしょうか?



『菊』と聞いて、輪菊や小菊を思い浮かべてしまうと、

お供えに使われる印象が強いため、ネガティブな印象をお持ちかもしれません。


しかし実は、菊は『マム』と呼ばれて 花束やギフトで大活躍しているのです!

( キク科のダリアに似ているため見間違えてしまうことも・・・ )

特にピンクやオレンジのマムは、とてもかわいらしく、明るい印象を与えます。


15.グリーンBOXのアレンジメント 季節の花でちょっとギフト.jpg



次回は、いま上海ディズニーランドが話題になっているご近所さん 中国の国花をご紹介したいと思います!



🌸最後までお読みいただき有難うございました🌸


posted by LIFE DECO_aoyama at 11:13| Comment(0) | TrackBack(0) | National Flower [ 国花 ] | 更新情報をチェックする