2016年12月02日

National Flower [ 国花 ] ペルー編



🌸アクセス有難うございます🌸


今回は ペルー の国花をご紹介します。


ペルーといえば、南アメリカ西部に位置し、

マチュピチュやナスカの地上絵があることで有名ですが、

今年6月には大統領選挙があり、親子2代の日系大統領かつ同国初の女性大統領として、

ケイコ・フジモリ氏が就任するのか・・・?!と、話題になりました。



それでは本題に 移らせて頂きます♫


ペルーの国花は、カントゥータ ( Cantu(t)a buxifolia ) です。


ハナシノブ ( Polemonia ) 科 カンツア ( Cantua ) 属に属する常緑低木で、

" Magic Flower " 「魔法の花」や、" Sacred Flower of the Incas " 「インカの聖なる花」

 と呼ばれることもあります。 



前記事で紹介させて頂いた、チリの国花 コピウエ 同様、

下向きに花を咲かせるのが特徴で、枝は 編んでカゴを作るために利用されます。


カントゥータには、赤と黄色のカラーバリエーションがあり、

この2色はペルー統一の象徴ともいわれています。

というのも、同国において かつて憎しみ合っていた、

Illinami と Illampu という2人の王様が、

争いの末 ともに致命的な重傷を負った結果、

ようやく戦うことの愚かさを知り、互いに手を取り涙を流した際、

赤と黄色のカントゥータが一斉に咲いた、という伝承があるのです。


結局2人の王様は、戦いの傷が原因で亡くなってしまったそうですが、

最期の最期に大切なことを知ることが出来、

ある意味でハッピーエンドとも言えるような瞬間を、

カントゥータの花が彩った、とても美しいお話であるように感じます。




南米では広くお目にかかれるお花のようですが、

ペルーの中でも特に、世界遺産に指定されており、

アルマス広場やサンペドロ市場が重要スポットとなるクスコ市内では、

より見られる可能性が高いのだとか!

ペルーを訪れた際には、美しい市街に見惚れるだけでなく、

是非カントゥータもさがしてみて下さい♫




実はカントゥータは、標高2500~4000mの高地で育つ性質があり、

ボリビアの標高の高い地域の国花でもあるのですが、

ボリビアには 平地地方において もうひとつ国花があるので、

次回はそちらをご紹介したいと思います♫


🌸本記事も最後までお読み下さり有難うございます🌸
posted by LIFE DECO_aoyama at 13:42| Comment(0) | TrackBack(0) | National Flower [ 国花 ] | 更新情報をチェックする

2016年11月15日

National Flower [ 国花 ] イスラエル編

🌸アクセスありがとうございます🌸


今回はイスラエルの国花をご紹介したいと思います。

イスラエルの国花は、シクラメン ( Cyclamen persicum ) です。



日本では、「篝火草 ( カガリビソウ )」や、「豚の饅頭」などと呼ばれることもあります。

「篝火草」については、その花の形が篝火に似ていることに由来します。

日本のある貴婦人が、「これは篝火のような花ですね」とコメントしたのを聞いた、

牧野富太郎という博士が名付けました。


「豚の饅頭」については、

イスラエルをはじめとした中東やトルコで、

豚たちが シクラメンの球根を好んで食べたことから

" sow bread "(雌豚のパン)

という英名がつき、これを 明治中頃に 日本に上陸した際、

ある植物学者の方が日本語に翻訳して付けられました。

パンから饅頭になったのは、当時の日本人にとって、

パンは現在のように馴染みがなかったことによるようです。


2つの和名が実際に使われる機会はあまりありませんが、

「豚の饅頭」の由来から、イスラエルとシクラメンとの関係性が少し、感じられたのではないでしょうか・・・?

他にも、歴史のうえで重要な関係性があるので、これから紹介させて頂きます♫


イスラエルには昔、ソロモンという王様がいました。

彼は、自分好みの冠を探し求めて、国中の冠職人に冠をつくらせました。

ところが彼の気に入るような冠が現れることはなく、

しばらくすると、大地の花たちから、花冠にしてはどうかという提案がありました。

王様はさまざまな花のアピールを快く受け取りましたが、

自らの冠にふさわしいと感じられる花には出会えず・・・


そんなとき、岩陰で桃色のシクラメンがお辞儀をしていることに気づき、

その健気さに胸を打たれた王様。


シクラメンを冠に選び、そしてシクラメンのように、横暴さや高慢さのない謙虚な姿勢で、

正しい裁きを下しながら政治を行っていきました。


結果ソロモンという王様は、最期の瞬間も、イスラエル中の愛に包まれながら迎えました。


国花というものは、単純にその国原産で、

数多く栽培されている為に指定されるケースも多いのですが、

このように歴史と深い関係があると、つい興味深さを感じてしまいますね。




最後に(遅ればせながら)、シクラメンの基本情報を御届けします♫

誕生花は、1月14日、12月10日 ( 白 )、

花言葉は、「内気」「遠慮」「気後れ」「はにかみ」です。

赤のシクラメンに「嫉妬」、白のシクラメンに「清純」のほか、

西洋では もう少し詳しく、

"timid hope" (遠慮がちな期待)、"resignation and goodbye" (退職と別れの言葉) 

といった花言葉もあります。


花言葉だけみるとあまり明るい印象はもてないかもしれませんね。


しかし、ソロモンとシクラメンのお話でも触れたように、

シクラメンの健気に咲く姿には、胸を打つものがあります。


ちょうど11月から4,5月頃が開花時期になっていますので、

ご自宅で 栽培にチャレンジしてみてはいかがでしょうか・・・?



🌸最後までお読みいただきありがとうございました🌸
posted by LIFE DECO_aoyama at 18:03| Comment(0) | TrackBack(0) | National Flower [ 国花 ] | 更新情報をチェックする

National Flower [ 国花 ] デンマーク編


🌸アクセスありがとうございます🌸

今回は、デンマークの国花をご紹介します。

デンマークの国花は、マーガレット ( Argyranthemum rutesceus ) です。

学名の中に "mum" の3文字が入っていることからもわかるように、

キク科キク属のお花で、3月から5月頃に咲きます。

"frutesceus" につては、「低木状の」を意味していますが、

同じくキク科の、フランスギク属で白のお花を咲かせる、

「ノースポール」というお花よりは、大きめサイズになっています。


マーガレットは、白やピンク、黄色などの花びらをつけ、

ギリシャ語で「真珠」を意味する「マルガリーテ」という言葉に由来して、

この名前が付けられました。

デンマーク語では「マルグリーテ」と呼ばれ、同国の女王と同じ名をもつ点に、

国花に選ばれた一因があるように感じられます。

他にも、白は「純潔」や「平等」を象徴し、

平等精神を重んじるデンマーク人と非常に相性のよいお花であることも、

選定に関わっているかもしれません。




日本では、枝や茎が「木質化」といって、簡単に言うと 固くなってしまうことや、

その若葉が春菊に似ていることから、

「木春菊(もくしゅんぎく)」と呼ばれることもあります。




誕生花は 2月5日、4月4日。

花言葉は「恋占い」「真実の愛」「信頼」です。

白のマーガレットは他に「心に秘めた愛」、

黄色のマーガレットは「美しい容姿」という言葉をもちます。

西洋では "secret love"(秘密の恋)といった花言葉もあります。


「恋占い」というのは、男女問わず一度はやってみたことがあるかもしれません、

すき、きらい、すき、きらい・・・と1枚ずつ花びらをとり、

最後に残った花びらで相手の気持ちを占うもので、その際用いられたお花が、

実はマーガレットだったのです。

何故マーガレットのお花が用いられやすかったかというと、

このお花は15~20枚の花びらをもちますが、

奇数枚であることが多く、「好き」で恋占いを始めると、

「好き」で終わる可能性が高いことにあるようです。


ちなみに恋占いの本家フランスでは、

日本よりも多い4つの言葉「好き」「少し好き」「大好き」「大嫌い」で占うそうでうす。



マーガレットは 結婚式のブーケで使われることも多いほど、

恋愛運アップが期待されているお花なのですが、

その理由について探っていくと・・・


ギリシャ神話において、「処女神」「出産の女神」「純潔の女神」「狩猟の女神」という呼ばれ、

女性の優しい面、激しい面の両面を備え持っていたと言われる、

アルテミスという女神に捧げられたお花であることが関わっているようです。


結婚式以外の場面でも、女性に贈り物をしたい場合、

マーガレットはおすすめです。

白のマーガレットであれば、その鎮静効果により癒しを与え、

黄色のマーガレットは、相手の女性を明るい気分にしてくれることでしょう。


クリスマスに向けて恋愛を意識する方が多いのかもしれませんが、

お相手が見つかった方も、これからという方も、

来年の春は、想いを寄せる女性にぜひマーガレットを贈ってみていかがでしょうか♫




次回は イスラエルの国花をご紹介します!


🌸最後までお読みいただきありがとうございました🌸
posted by LIFE DECO_aoyama at 18:03| Comment(0) | TrackBack(0) | National Flower [ 国花 ] | 更新情報をチェックする

2016年08月19日

National Flower [ 国花 ] 北アイルランド編


🌸アクセスありがとうございます🌸



イギリス国花 最終回!



今回はアイルランド島北東部に位置する、北アイルランドの国花をご紹介します。



北アイルランドの国花は、シャムロック ( shamrock ) です。



シャムロックとは、葉っぱが3枚に分かれたクローバーの総称ですが、


白詰草のなかには所謂「四つ葉のクローバー」もあります。



日本では この「四つ葉のクローバー」の方が、


見つけると幸せが訪れると言われるように、幸運の象徴とされていますが、


かつて3という数字を神聖なものとして考えていたアイルランドにおいては、


三つ葉の方も大切にされており、様々なデザインやロゴに用いられています。




シャムロックというのは、アイルランド語で「クローバー」を意味する"seamair" と、


若い牧草を意味する "seamróg" に近い発音が出来るような英語を綴った名前になります。




国花になったのは、432年頃、アイルランドの守護聖人 聖パトリキウスという人物が、


シャムロックの3枚の葉を それぞれ父・子・聖霊にたとえ、


その葉たちが1つの茎で もってつながっていることを、


「三位一体」を表すという説き、キリスト教の布教に利用したことに由来します。




現在でも聖パトリキウスの命日である3/17は、同国において「聖パトリックの日」と呼ばれ、


シャムロックや緑色のものを身につけて祝うようです。




また、シャムロックはアイルランド政府によって商標登録されているため


同国国営の航空会社「エアリンガス」さんや、ラグビー代表のユニフォームのデザインなど、


さまざまな場面で用いられています。




ちなみに、白詰草が日本にやってきた意外なきっかけはご存知ですか・・・?


時代は遡り江戸時代。鎖国をしていた日本と貿易していた限られた国のうちのひとつ、


オランダから送られてくるガラス製品のクッション材として用いられていたのだとか!


名前も、白い花を咲かせ、詰め物に利用されていたことから付けられたそうです。



さらに白詰草について掘っていくと、実は葉も花も食べることが出来るのです!


特に花は炒めてたべると美味しいようです。


見て楽しい、探して楽しい、食べて楽しい!


他の種のクローバーも、民間療法に用いられているものがあるなど、


今回はシャムロックという複数種のまとまりのうち、少ししか触れることが出来ませんでしたが、


多くの魅力があるので、興味をもって頂けた方は是非調べてみて下さい♫





🌸最後までお読みいただきありがとうございました🌸


posted by LIFE DECO_aoyama at 11:14| Comment(0) | TrackBack(0) | National Flower [ 国花 ] | 更新情報をチェックする

2016年08月16日

National Flower [ 国花 ] ウェールズ編


🌸アクセスありがとうございます🌸


イギリス国花第3弾!!

今回は、グレートブリテン島の南西に位置するウェールズの国花をご紹介したいと思います。


ウェールズの国花は 2つ。1つめは、地中海沿岸地方原産 ラッパスイセン ( daffodil ) です。


3月~4月に黄色の花を咲かせ、内側の部分がラッパのような形をしていることから、

この名前がつきました。


花言葉は、「尊敬」「報われぬ恋」。

西洋ではほかに "regard ( 注視 )" という花言葉もあります。

誕生花は1/16、2/9、2/16、3/1。

このお花が国花になったことに特に理由や由来はないそうですが、

これからご紹介する2つめの国花の方は、ウェールズと現在も深い関わりがあるようです。

リーク ( leek ) と呼ばれる西洋ネギです。

群馬県下仁田町の特産品、下仁田ネギに似ていると言われます。


ウェールズの国旗には、赤いドラゴンのバックに白と緑の2色が配色されていますが、

この色も リークの色からきているのです。


3/1は、ウェールズにおいて守護聖人 聖デイヴィットの日とされているのですが、

現在でも毎年その日や、同国で盛んなラグビーの試合の時には、

リークを身につけて歩いたり、観戦したりするという慣行があるそうです。


聖デイヴィットとは・・・?

実はリークが国花となるカギを握った人物なのです。

時代を遡ること7世紀、ウェールズはサクソン人と戦いました。

その際、彼が敵味方の区別をつけるため、ウェールズ兵にリークを帽子につけるようアドバイスしたのです。

ちなみにさきほどご紹介した3/1、ウェールズ兵の方々は生リークにがぶりつくのだとか・・・?!




国花に設定するのは 関わりの深いリークだけで良かったのでは?

と感じられた方も多いのではないかと思いますが、

ネギは においが強めなうえ、華やかさも物足りないところがあります。

そこで、ラッパスイセンも適用されることとなりました。


もちろんリークは、視覚面で劣ってしまう分、味覚面で力を発揮します!

チキンや野菜などのスープストック ( = 出汁 ) にじゃがいもなどを加えて煮込む、

カウルケニン ( Cawl cennin ) をはじめとしたウェールズの郷土料理では、

リークは欠かせない存在。

日本のネギよりもマイルドなのに、栄養の豊富さは劣ることなし!

ネギの苦手を克服したいという方にもおすすめです!


来春旅行や留学に行く予定がある方は是非、

3/1にウェールズにも足を運んでみて下さい♫

独特の文化を堪能出来ること間違いなし!



次回はイギリス国花シリーズラストを迎えます!


🌸最後までお読みいただきありがとうございました🌸

posted by LIFE DECO_aoyama at 18:44| Comment(0) | TrackBack(0) | National Flower [ 国花 ] | 更新情報をチェックする

2016年08月15日

National Flower [ 国花 ] スコットランド編



🌸アクセスありがとうございます🌸


イギリス国花 第2弾!!

今回は、グレートブリテン島北部1/3の面積を占めるという スコットランドの国花をご紹介したいと思います。


スコットランドの国花は アザミ ( Crisium ) です。

国花になったのは、13世紀にノルウェーの軍隊がスコットランドに侵攻してきた際、

ノルウェー側の兵隊さんが裸足でアザミを踏み、思わずあげた叫び声によって、

侵入に気づいたスコットランド軍がノルウェー軍を追いやることができた、

という出来事が関係しています。


別名「刺草」とも呼ばれるように、

実はアザミには葉にも茎にもたくさんのトゲがついているのです。


これを裸足で踏んだら・・・と考えるとぞっとしてしまいますね。



花言葉は、「安心」「復讐」「触れないで」「報復」「孤独」「守護」などですが、

特に「触れないで」は このトゲを見れば納得してしまいます。


ちなみに西洋における花言葉にも、"Independence ( 独立 )" が含まれており、

独立するのかしないのかが話題になっているスコットランドと、ここにも隠れたつながりを感じます。



誕生花は、3/19、4/19、6/29、7/1、7/9、9/14、9/18、9/24、10/20、10/21 です。


アザミという名前は、「あざむ」という言葉が語源になっています。

この言葉は、「驚き呆れる」、「傷つける」を意味しますが、

花を折ろうとするとトゲが刺さって驚いてしまうことからきていると言われています。



たんぽぽのように綿毛のついた実が風に飛ばされることによって繁殖していくこのお花、

開花時期も、たんぽぽより2ヶ月ほど短いものの、

4月~7月と同じ頃にあたっています。



青森県や長野県などでは、アザミの若芽が、お味噌汁の具などに使われるため、

食用として販売されているようです。



また、アザミは非常に種類の多いお花なのですが、

中でもノアザミなどは、天日乾燥したものが、

解毒・利尿・止血などに効果をもつ漢方として利用されることがあるようです。




トゲの多さから、見つけてもなかなか近寄りがたいかもしれないお花ですが、

お味噌汁でも漢方でも、興味をもった方は是非アザミに「触れて」みて下さい♫


🌸最後までお読みいただき有難うございました🌸

posted by LIFE DECO_aoyama at 16:34| Comment(0) | TrackBack(0) | National Flower [ 国花 ] | 更新情報をチェックする

National Flower [ 国花 ] イングランド編




🌸アクセスありがとうございます🌸

今回から4回にわたっては、イギリスの4地域の国花をご紹介したいと思います。

まずは、グレートブリテン島南部のおよそ2/3の面積を占めるというイングランドからみていきます。



イングランドの国花は テューダーローズ です。


ユニオンローズと呼ばれることもありますが、

「テューダー」というのは、15世紀にイングランドで起こったバラ戦争の末、

王座を勝ち取ったヘンリー7世 ( ヘンリー・テューダー ) がおこしたテューダー朝に由来し、

テューダーローズは同王朝の紋章にもなっていました。


外側に赤、内側に白の花びらがついていて、非常に特徴的な構造となっていますが、

この2色にも実は意味があるのです。


バラ戦争というのは、ヨーク家とランカスター家の間の争いでした。

ヨーク家の家紋は白薔薇、ランカスター家の家紋は赤薔薇。

母親がランカスター家の血筋であるヘンリー7世は、

戦争の終わりにヨーク家のエリザベスと結婚しました。

そこで彼は、対立していた2つの勢力をまとめあげたこと、

エリザベスと夫婦という関係になったことを象徴するかのように、

赤と白の2つの色が配色されたテューダーローズの紋章を採用したのです。



現代でも、1982年~2008年の間に鋳造された20ペンス硬貨のデザインに取り入れられていました。

この20ペンス硬貨、七角形に作られていたようで、

1円玉も5円玉も・・・全ての硬貨が円形に作られている日本との文化の違いを感じますね。





日本のイングランド?!・・・

淡路島にある イングランドの丘 という場所はご存知ですか?

今の時期 ( ~8月下旬 ) は、ひまわり畑に訪れるべし!

5万本ものハイブリットサンフラワーが見られるようです。




🌸最後までお読みいただき有難うございました🌸
posted by LIFE DECO_aoyama at 15:11| Comment(0) | TrackBack(0) | National Flower [ 国花 ] | 更新情報をチェックする