2020年03月10日

二十四節気七十二候「桃始笑」にまつわるあれこれと門出を祝う花贈り

啓蟄を過ぎ、3/10〜14日頃は二十四節気七十二候の第八候

「桃始笑 (ももはじめてわらう)」です。

momo1.jpeg

昔は花が咲くことを「笑う」と表現しました。
「桃始笑」は、桃のつぼみが開き、花が咲き始める頃という意味合いになります。

ゆっくりとほほ笑むように開いていく桃の花。
かわいらしい表現で、日本語の美しさを実感します。

笑うように咲いた桃の花の鮮やかなピンク色は、陽の光を浴びるとさらに美しく輝きます。
ぜひ、桜が咲く前に美しく光り輝く桃をみてみてください。
桃は葉の色も黄緑色で美しいんですよ!

そんな桃の花が咲き誇るこの時期は別れと出会いの季節です。

今年は新型コロナの影響で卒業式や送別会ができなくなってしまった方が多いのではないでしょうか。
感染拡大を防止するためには仕方がないのでしょうけれど、何とも言えない気持ちになります。


honki.jpg

せめて門出のお花を。

そんな風に考えてくださる方がいらっしゃったら…
気持ちに寄り添う花贈りにおすすめのフラワーギフトをご紹介します。




yurushiiro.jpg


sango.jpg


benikakehanairo.JPG


toki.jpg


kimidori.jpg


konjiki.jpg
posted by LIFE DECO_aoyama at 20:00| 東京 ☔| Comment(0) | 二十四節気 七十二候と節句 のお話し | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください