2019年10月01日

National Flower [ 国花 ] ウルグアイ編 セイボ / アメリカデイゴ (Erythrina crista-galli)

現在開催中のラグビーワールドカップは連日熱い戦いが繰り広げられています。

先日は日本代表が大金星!

優勝候補の世界ランク2位のアイルランドを、9位の日本が破りました!すごい試合でしたね。
英BBCスポーツは試合後に「開催国の日本は、ラグビーW杯で史上最大の番狂わせの1つを引き起こした」と速報を出したそうです。
決勝トーナメント進出できるでしょうか!?楽しみですね!

shirosumire.jpg

今回のワールドカップに合わせて、東日本大震災で校舎が浸水全壊被害を受けた岩手の鵜住居小・釜石東中の跡地にスタジアムが建てられ復興のシンボルとなっています。
その岩手・釜石鵜住居復興スタジアムで、強豪フィジーに世界ランク格下のウルグアイも歴史的勝利をおさめて話題になりました。

その試合で、キックオフ前の国歌斉唱の際に、ウルグアイ側のマスコットキッズを務めた男の子が、ウルグアイのアンセム「Himno Nacional de Uruguay」を全力で熱唱し、「アメージングな瞬間」と称えられていました。

野球やサッカーに比べラグビーはあまり知られていないため
「僕がラグビーやW杯の面白さを伝えたい」
とスペイン語の歌詞を覚えたんだそうです。

その姿に後押しされたのか、ウルグアイは3点差で勝利!!
かっこいいー!!


Uruguay_s.jpg

というわけで、今日は
National Flower [ 国花 ]シリーズの「ウルグアイ編」です。

ウルグアイの国花は、セイボ(Erythrina crista-galli)です。

セイボは南米での呼び名で、日本では「アメリカデイゴ」と呼ばれています。

seibo (2).jpg


初夏から初秋にかけて力強い真っ赤な花を付けるマメ科の落葉低木で、海外から来た紅い豆という意味の「海紅豆(かいこうず)」という別名もあります。


和名 : アメリカデイコ、海紅豆(カイコウズ)
南米での呼び名 : セイボ
学名 : Erythrina crista-galli
科名 : マメ科 デイコ属
原産地 : 南米ブラジル



江戸時代に南米から日本に渡来し、寒さを嫌うため、本州南部や九州沖縄地方で植栽されました。

主に暖かい気候の地域の公園で見られますが、東京都内でも、日比谷公園、昭和記念公園など、大阪府では花博記念公園などにも、植栽されています。
九州の暖かい地域では街路樹としても利用され、鹿児島県の県花にも指定されています。

seibo (3).jpg

ちなみに、「でいごーの花が咲きー♪」の島唄でも有名な沖縄県の県花「デイゴ」はインド原産の別種です。


学名の「Erythrina」「デイゴ属」という意味で、ギリシャ語の「erythros=赤」が語源で、「crista-galli」「ニワトリのとさか」という意味ですので、
「紅いニワトリのとさか」という名前の花ということになります。

seibo.jpg

確かに花の形を見てみると、たっぷりとした肉厚の赤い花弁が、ニワトリのとさかのように見えます。



ところで、ウルグアイってどんな国かご存知ですか?

ウルグアイは正式には「ウルグアイ東方共和国」という名前の国で、南アメリカ南東部に位置する共和制国家です。

南米大陸のブラジルとアルゼンチンの間の南緯30°~35°に位置し、面積は17.6万平方キロメートル、日本の約半分です。
日本のちょうど反対側にあたる場所です。


国土全体がなだらかな丘陵地帯で、国土の多くは草原になっていて、馬や牛や羊が飼育されているそうです。
野生動物にはカピバラやダチョウに良く似たニャンドゥなどがいます。

首都はモンテビデオ。
ウルグアイ最大の貿易港を有し、温暖な気候で知られています。

montevideo.jpeg

モンテビデオは南米で最も生活の質が高い都市ともいわれています。

そして世界で最も長期間にわたって行われるカーニバル(Carnaval)が有名です。
毎年1月末に始まり、3月初旬まで続きます。


南半球なので日本とは季節が逆で、夏の真っ盛りのお祭りになります。
2か月ちょっと、長いお祭りですよね!


南米のカーニバルというとブラジル・リオのサンバが思い出されますが、モンテビデオのカーニバルはカンドンベというユネスコの無形文化遺産にも登録されている、ウルグアイ独自のリズムの音楽が演奏されます。

起源は南アメリカでの黒人奴隷の時代からのコンゴ王の行進の儀式で、アフリカ系のドラムを基にヨーロッパのタンゴの影響を受けているそうです。

carnaval-montevideo-1433847-640x480.jpg

太鼓隊と女性ダンサーたちによる80~90人のカンドンベのチーム(comparsas/コンパルサ)が街をパレードします。

そしてカーニバルの中で行われる大会で競い合うため、ウルグアイの人々はこのカーニバルにすごい情熱を持っているそうです。
ご興味ある方は調べてみてください。
とても情熱的な音楽とリズムです。


お花の話からだいぶそれてしまいましたが💦

セイボ(アメリカデイゴ)、今年のお花の時期は終わってしまいましたが、来年の初夏に見かけたら「紅いニワトリのとさか」を思い出してみてください。



ウルグアイはこれから夏に向かいますが日本はこれから冬。
地球の反対側に想いを馳せながら、秋の草花を使ったフラワーギフトをご紹介します。


imayouiro.jpg


shiratigusa.jpg



kariyasu.jpg



SNSも更新中です!!
LIFEDECO ライフデコホームページライフデコfacebookライフデコTwitterライフデコInstagram
にほんブログ村 花・園芸ブログ 花のある暮らしへ にほんブログ村 花・園芸ブログへ

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 青山・表参道・原宿情報へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑

ポチッと応援お願いいたします。


pointbnr.jpg
今なら新規会員登録で300ポイントプレゼントキャンペーン実施中です。

point_20190801.png
100円につき8ポイントたまります。
たまったポイントは、1ポイント1円としてご利用いただけます!!

posted by LIFE DECO_aoyama at 07:00| 東京 ☁| Comment(0) | National Flower [ 国花 ] | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください