2016年02月11日

二十四節気七十二候”小寒”編


こんにちは。

今日は二十四節気の最後、23番目にあたる小寒のご紹介です。

(二十四節気七十二候とは?)



IMG_5311.jpg


☆二十四節気 <小寒>

小寒(しょうかん)

小寒とは、寒さが極まるやや手前の頃のこと。

「寒の入り」を迎え、小寒から節分までの30日間の事を『寒の内』といいます

寒が明けると立春になります

◯期間

1月6日頃(2016年は1月6日)から大寒(2016年は1月20日)までの期間。冬至から数えて15日目頃です。


☆七十二候

ではさらに細かく小寒期間の候をご紹介します!

◯初候・・・芹乃栄う(せりさかう)1/6~1/9頃

芹がすくすくと群れ生えてくる頃。

春の七草のひとつで、七日には七草粥をいただきます

◯次候・・・水泉動く (すいせんうごく)1/10~1/14頃

地中では凍っていた泉が動きはじめるころ。

十日まで供えた鏡餅は、十一日に鏡開きをします

◯末候・・・ 雉始めて雊く(きじはじめてなく)1/15~1/19頃

雉のオスが、メスに恋して鳴きはじめるころ。

小正月(こしょうがつ)は十五日、正月納めもそろそろです。


☆小寒の旬の行事

《十日戎(とおかえびす)》

七福神の一人である「戎神」を奉る、年初めのお祭りです。

大阪の今宮戎神社では、1月9日の宵戎(よいえびす)、10日の本戎(ほんえびす)、11日の残り福と、三日間祭りが繰り広げられます。

参拝者は笹に小判や米俵などの縁起物をつけ、商売繁盛を願います。また、福を集める熊手やざるなども売られています。

《鏡開き》

1月11日は鏡開き。

年神様に供えたお下がりとして、木槌や手で鏡餅を割っていただきます。

餅を食べると力持ちになるからと、もともとは武家の風習だったとか

何日も飾った餅は固くてなかなか割れませんが、お雑煮や磯辺巻きにしたらやっぱり美味しいです!


☆小寒の旬の食べ物

○春の七草

五節句のひとつにあたる1月7日の人日(じんじつ)に、今年も健康でありますように願って、春の七草の入った七草粥をいただきます。

春の七草は

●せり

●なずな

●ごぎょう(ははこぐさ)

●はこべら(はこべ)

●ほとけのざ(こおにたびらこ)

●すずな(かぶ)

●すずしろ(大根)

七草粥は年末年始で弱った胃を優しくいたわってくれますよ。

○魚介類・・・氷下魚(こまい)、あんこう、たら、白子、たらこ、フグetc…

「氷下魚」

水温が氷点下になっても凍らないから、その名も氷下魚

秘密は、0度以下でも凍らない成分が血液中にあるからとか。

ヒメダラの名前で出回っている干物が美味しいらしく、軽く炙れば酒のつまみにも最高です。


☆旬の草花

「柊(ひいらぎ)」

葉の鋭いトゲによって、邪気を払う木とされています。しかし、鋭いトゲは老樹になると、トゲをなくし丸い葉になってしまします。

「蝋梅(ろうばい)」

寒さに強く、花の少ない冬に咲く貴重な花です。

甘い香りが特徴的で、ろう細工のような花びらと、梅に似ていることから蝋梅という名前になりました。


今日はここまでで

次回は二十四節気の24番目にあたる、『大寒』のご紹介です。


最後までお読み頂きましてありがとうございます!





↑ ↑ ↑

最後まで読んで頂きありがとうございます!

ランキング参加中です。

宜しくお願いします。

この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック