2015年07月03日

二十四節気七十二候 ”小暑”編

二十四節気七十二候 ”小暑”編


こんにちは。

今日は二十四節気七十二候シリーズの初投稿です!


(二十四節気七十二候とは?)

前回迄のあらすじはこちら ↓



IMG_1086.jpg

※ 画像は季節素材のアレンジです。


☆二十四節気


第一回目はもうすぐやってくる節気で二十四節気の11番目にあたる小暑のご紹介です。


小暑とは梅雨が明けて本格的に夏になるころのこと。

この小暑から立秋になるまでが、暑中見舞いの時期です。


◯小暑の期間

七夕が行われる7月7日頃(2015年は7月7日)から大暑(2015年は7月23日)までの期間で、毎年夏至から数えて15日目頃です。


(*二十四節気は年によって日にちが変わることがあるため、「頃」としています。

また二十四節気は中国の気候を元に名づけられているので、日本の季節感とは合わないケースもあります。。。)



☆七十二候


ではさらに細かく小暑期間の候をご紹介します


◯初候… 温風至る(あつかぜいたる)7/7〜7/12頃

夏の風が熱気を運んでくる頃。梅雨明け頃に吹く風を白南風と呼ぶそうです



◯次候… 蓮始めて開く(はすはじめてひらく)7/13〜7/17頃

蓮の花が咲きはじめるころ。夜明けとともに水面に花を咲かせます。

蓮は花が開いてから4日目には散ってしまいます



◯末候… 鷹乃学を習う(たかすなわちわざをならう)7/18〜7/22頃

鷹のひなが、飛び方を覚えるころ。

巣立ちし、獲物を捕らえ、一人前になっていきます



IMG_6560.jpg

ちょっと一休み。あともう少しです。


☆小暑の旬の行事


この小暑の期間中、旬の行事といえば五節句のひとつでもある七夕ではないでしょうか?


毎年7月7日の夜に、願い事を書いた色とりどりの短冊や飾りを笹の葉につるして、星に願い事する習慣がいまでも残ります!

お子さんがいる家庭はきっと今でも身近なイベントですよね


天の川をはさんで、こと座のベガが織り姫、わし座のアルタイルが彦星の星。

雨で川を渡れないときは、鵲(かささぎ)に乗って二人は会いに行くそうです!

雨の日は会えないものだと思ってました。。よかった!


☆旬の食べ物

うなぎ

今年2015年の土用の丑の日は2回あって、7月24日と8月5日だそうです。

去年は1回だけでしたが今年は2回。。うなぎを食べる口実が2回もあってラッキーです!


☆旬の花

候の中にもありますが蓮。


また七夕の7/7はかすみ草の日でもあります。

夜空の小さな銀河のような白い小花を咲かせるカスミソウが

七夕の空に現れる天の川のようだという理由からだそうです。


またこの頃は七夕を連想させるような、青や黄色の花を飾ってみるのもいかがでしょうか?



今日はここまでで


次回は二十四節気の12番目、『大暑』のご紹介です。






↑ ↑ ↑

長文でしたが、最後まで読んで頂きありがとうございます!



IMG_3192.jpg


おまけの一枚。

銀座 Dior お手洗いのお花、ホワイトローズ。
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック