2016年08月11日

National Flower [ 国花 ] インドネシア編



🌸アクセスありがとうございます🌸


今回は インドネシアの国花をご紹介したいと思います。


インドネシアといえば、バリ島などのリゾート地や、某アイドルグループの活動地でもあるジャカルタ、1959年に同国初代大統領スカルノ氏とご結婚されたデヴィ夫人などが印象強いのではないかと思いますが、そんなインドネシアの国花は・・・


茉莉花 ( マツリカ ) です。



アラビアジャスミンとも呼ばれるこのお花。

香りが強く、ジャスミンティーやお香、ハーブオイルなどに用いられています。



茉莉花の花言葉は、「愛想がよい」「長すぎた春」「清浄無垢」です。



茉莉花はジャスミンの一種ということで、

ジャスミン全般の花言葉についてもみていくと、「優美」「愛想のよい」「官能的」「愛らしさ」。

色ごとの花言葉は、白が「温順」「好色」「柔和」、黄色が「優雅」「優美」です。

カラーバリエーションとしては他にピンクもありますが、

ピンクのジャスミンには特別な花言葉はないようです。



誕生花は6/8。


7月~9月に咲くお花ですが、気温が十分に高い状態で保たれていれば、一年中花をつけます。


茉莉花は 夜に咲いて、翌日のお昼には散ってしまう、「一夜花」であるという特徴をもちます。



ここで、茉莉花茶とも表記されるジャスミンティーの効能について触れていきたいと思います。


中国では不老不寿のお薬として飲まれてきたジャスミンティーは、

ビタミンC・E、ミネラルが豊富で、美肌効果が期待できるほか、

女性ホルモンを整えてくれるため、ホルモンバランスの乱れによる肌荒れの症状も軽減してくれます。


また、アルコール解毒や殺菌効果ももつため、二日酔いや口臭予防にも役立ちます。


ダイエット中の方必見の情報として、ジャスミンティーに含まれる”タンニン”という物質は、

カフェインと合わせて摂取することで、脂肪の吸収抑制・燃焼効果があるといいます。


他にも、香りが自律神経の緊張を緩和してくれることによる集中力アップやリラックス効果が!


毎日のお食事にジャスミンティーを取り入れるだけで、

さまざまな効果が期待出来そうですね。



茉莉花の心地よい香りと、可憐な様子で、夏の疲れを癒してみてはいかかでしょうか♫



次回はシンガポールの国花をご紹介します。


🌸最後までお読み頂きありがとうございました🌸

posted by LIFE DECO_aoyama at 13:32| Comment(0) | TrackBack(0) | National Flower [ 国花 ] | 更新情報をチェックする

National Flower [ 国花 ] ブラジル編


🌸アクセスありがとうございます🌸


今回は、コーヒー豆生産量世界1位! 現在リオ オリンピックが注目されている、

ブラジルの国花をご紹介したいと思います!


ブラジルの国花は、イペー ( タベブイア ) です。

赤、ピンク、紫、白などのカラーバリエーションもありますが、

国花に指定されているのは黄色いお花を咲かせるもので、

4月~5月が開花時期となります。

耐寒性はあまりないですが、暑さや腐朽、害虫には強い樹木で、

3m程度のものから、大きいものだと5m程度にまで成長するものもあるため、

ご自宅用に育てる際には、お好みの高さになるよう整えてあげる必要があります。



花言葉は「秘密の恋」。





先述したように国花に指定されているのは黄色のイペーですが、

紫のイペーが実は万能!ということでご紹介したいと思います。


まず医療効果についてご紹介すると、紫イペーは、ガンをはじめ、あらゆる難病を治してしまうといいます。

抗がん剤治療による副作用を軽減することも出来るうえ、紫イペーをとることによる副作用は下痢程度で ほとんどありません。

また お茶として飲む場合、カフェインを含まないため、お子様からお年寄りまで、

利尿作用や覚醒効果を気にすることなく身体に取り入れることが出来ます。



医療目的以外には、建築材としても用いられています。

黄色のイペーと同様に、腐ったり虫が寄り付いたりする心配のないことが、

建築材として用いられるカギを握っていることでしょう。






ブラジルの国花、黄色のイペーは、

日本では神戸などで見られるようです。

”春”というと日本人は桜のイメージが強いように感じますが、

来春はイペーも合わせて、季節を感じてみてはいかがでしょうか♫



次回はインドネシアの国花をご紹介します。


🌸最後までお読みいただき有難うございました🌸

posted by LIFE DECO_aoyama at 11:45| Comment(0) | TrackBack(0) | National Flower [ 国花 ] | 更新情報をチェックする