2015年10月11日

二十四節気七十二候”寒露”編


こんにちは。

今日は二十四節気の17番目にあたる寒露のご紹介です。

(二十四節気七十二候とは?)



IMG_9172.jpg


☆二十四節気 <寒露>


寒露(かんろ)とは、夜が長くなり露が冷たく感じられてくるころのこと

空気が澄み、夜空を見上げると、より美しくきれいに輝く月がみられます。


◯寒露の期間


10月8日頃(2015年は10月8日)から霜降(2015年は10月22日)までの期間。秋分から数えて15日目頃です。




☆七十二候


ではさらに細かく寒露期間の候をご紹介します!


◯初候・・・鴻雁来る(こうがんきたる)10/8〜10/13頃


ツバメと入れ違いに雁が北から渡ってくる頃。

雁は日本で冬を過ごし、暖かい春になるとシベリアの方へ帰っていきます。

毎年、初めて訪れる雁を、初雁(はつかり)といいます。



◯次候・・・菊花開く(きくのはなひらく)10/14〜10/18頃


菊の花が咲きはじめるころ。

各地で菊の展示や菊まつり、品評会が行われます

菊は初め薬草として、奈良時代に中国から伝わったとか。



◯末候・・・蟋蟀戸に在り(きりぎりすとにあり)10/19〜10/23頃


きりぎりすが戸口で鳴くころ。

山野に出かけて虫の声を楽しむことを、虫聞き(むしきき)と言いいます。




☆寒露の旬の行事


十三夜(じゅうさんや)


みなさん、”十五夜"はご存知と思いますが、”十三夜”があるのもご存知でしたか??


十五夜は中国から伝わったものですが、"十三夜"は十五夜が伝わる前から存在した日本古来のお月見の日。


では十三夜とはいつなのでしょう?


<いつ?>


十五夜(中秋の名月<旧暦8月15日>)から約1ヶ月後に巡ってくる十三夜は、旧暦9月13日のお月見のことで、その年によって日づけが変わりますが

今年2015年は10月25日にあたります。


十三夜は、中秋の名月の後なので「後(のち)の月」とも言われます。


また、十五夜が「芋名月(いもめいげつ)」といわれるのに対し、

十三夜には栗や枝豆を供えることから「豆名月(まめめいげつ)」「豆名月(まめめいげつ)」とも呼ばれます


十三夜は、十五夜に次いで美しい月(満月)だといわれ、昔から大切にされてきました。


十五夜だけ月見をして十三夜の月見をしないのは「片月見」といい、縁起がよろしくないそうです!!


今年、9月27日に十五夜のお月見した人は、10月25日も十三夜のお月見をしましょう!


お供えするものは十五夜と同じように、

◯お団子(十三夜なので13個)

◯季節の果物や野菜

◯ススキ(秋の七草でもOK)


と、こんな感じで良さそうですよ!

晴れるといいですね☆




☆旬の食べ物

きのこ類がたくさん食べごろです。

えのきや椎茸、松茸、しめじ、なめこ、舞茸などなど、天然のきのこ料理がこれでもかというくらい楽しめます。きのこご飯や炒め物、鍋もいいですね〜。


野菜だと、

かぼちゃやさつまいも、里芋、人参、栗など

魚介は、

鯖、いくら、ししゃも、はたはた、鮭など

果実は

柿、ざくろなどでしょうか!


きっとまだまだいっぱいありますね。。。




☆旬の草花


”ななかまど”

山で見かけることも、北国の街路樹として見かけることもある、ななかまど。

初夏に枝先に白い小花をさかせ、秋には紅葉し真っ赤な赤い実が房になって実ります。


7度”かまど”に入れても燃え残るほど燃えにくい木の例えから

「ななかまど」の名がついたとか。


ななかまどの他にも、もちろん菊やダリアなども旬を迎えています!


お花屋さんでは紅葉した枝ものや、秋らしいオレンジや暖色系のお花も多く見られますよ。

息抜きに、眺めるだけでも全然オッケーなので、お気軽にお花に癒されに来て下さいね〜





今日はここまでで

次回は二十四節気の18番目にあたる、『霜降』のご紹介です


最後までお読み頂きましてありがとうございます!






↑ ↑ ↑

最後まで読んで頂きありがとうございます!

ランキング参加中です。

宜しくお願いします。


秋はバラの季節。

人気のローズギフトをオンラインで販売中。 http://lifedeco.tokyo/shopbrand/ct77/
posted by LIFE DECO_aoyama at 20:58| Comment(0) | TrackBack(0) | フラワーレッスン最新情報 | 更新情報をチェックする

菊のブーケ

秋といえばダリアやバラに人気が集中しがちですが、菊も各地で菊花展などが催されるなど今が旬の秋の代表的なお花です。

ギフトなどではお供えのイメージがあるからか、あえては使わない様にしています。

店頭でご自宅用でとか生け花などでは使われますので抵抗はないのですが、やはりどこか敬遠しがちで個人的にもそんなに好きな花ではなくて(笑)

どう使って良いのか分からずじまいでしたが、店頭にたくさん菊(以下マム)があり残しても可哀想なので秋のブーケを組んでみました。


IMG_2848.jpg


IMG_2846.jpg


感想は、自画自賛。思ったより可愛かったです。

合わせた花も、スプレーマム、コスモス、ナデシコと和っぽい花で統一しました。


IMG_2854.jpg


IMG_2864.jpg


ダリアを使いたいところでしたが、入れたら主役をもっていかれそうなので控えました!

花持ちも良いし色も昔に比べ可愛い色が出回り咲き方も色々出てきました。


動きのある紅葉斑入り

IMG_2858.jpg


まだ私が小学生だった頃、1996年アトランタ五輪で女子マラソン3位銅メダリストぼ有森裕子さんが「初めて、自分で自分をほめたいと思います」という名言をインタビューでお話しされていた時に持っていた花束が白のマムでした。

大人になり、花の仕事に就いてから改めてみた映像に衝撃を受けたのですが、今でこそ葬儀のイメージがついているマムは20年程前までは普通にお祝いの花束に使われていたんですね。

懐かしの映像スペシャル!とかに出てくる花束を抱えた歌手も菊の花束を抱えていましたから。


マムの香り、キツくはありませんが花から香りがします。

カモミールと同じキク科なので、菊の花びらはリラックス効果・鎮静効果があり、昔からお茶や漢方に利用されてきました。


食用菊もありますね、今で言うエディブルフラワーです。

食すというより、香り付け程度にお刺身などについてくる食用菊には、抗菌効果・殺菌効果のある成分が含まれるため香りで害虫を寄せ付けないだけでなく、食中毒防止の効果があるとされているそうです。

あの小さな黄色い菊は飾りだけじゃないんですね。

今度勇気を出して花びら1枚くらい食べてみようと思います。

あと、蚊取り線香の主成分も除虫菊という菊の一種から作られているそうです。

意外と身近な所で菊の効果効能にお世話になっていたようです。

知らなかったー。







↑ ↑ ↑

こちらのランキングもに参加しています。宜しくお願いします。
posted by LIFE DECO_aoyama at 15:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 花の雑学 | 更新情報をチェックする

2015年10月10日

wreath gift

IMG_0898.jpg


IMG_0847.jpg


今日はお祝のプレゼントに生花のフラワーリースのご注文を頂いておりました。

昨日、制作して発送させて頂いたので今頃 お客様のもとに無事届いて

喜んでもらえているかなぁ〜🎶🎶

そんな事を思いながら、今日もブログ更新中です (笑)


花束やアレンジメントのプレゼントも もちろん素敵ですが、

ちょっといつもと気分を変えてフラワーリースをプレゼントしてみるのはいかがですか✨

(リースBOXに入れて高級感のあるプレゼントに🎁)

きっと印象に残る思い出のプレゼントになるはずです💐

[リースには「輪、花輪、花冠」という意味がありますが、

終わりの無い丸い形からエンドレス(永遠)という意味もあって、

幸福が続く様にという願いが込められています。

自分へのプレゼントにもいいかもしれませんね。

リースを飾ると、幸せが舞い込んでくるかも知れませんよ🌟


IMG_0852.jpg


<花材>

バラ(ブルーへブン) スプレーバラ(ラビンダ)

スカビオサ ブルースター リシアンサス ゼラニューム , etc.


IMG_0912.jpg


IMG_6544.jpg


只今、店頭にはアートフラワー&プリザーブドフラワーのリース、

ドライフラワーのリースもご用意ありますよ🎵

これから、ハロウィンやクリスマスのちょっとしたプレゼントにもオススメです✨

又、リースを作ってみたいという興味のある方もお気軽にお申し付け下さい♪

オンラインショップからのご注文、リースのフラワーレッスンのご予約も承っておりますので

是非、こちらをチェックしてみて下さい!!!







↑ ↑ ↑

今日も楽しく笑顔溢れる1日にしたいですね♪

ポチッとありがとうございます!!!

励みになります。

posted by LIFE DECO_aoyama at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のフラワーギフト | 更新情報をチェックする

2015年10月07日

ハロウィ-ン(Halloween)

今月末、10月31日はハロウィーンの日です。

皆さん、ご存知かと思います。ハロウィーン。


IMG_2809.jpg


もともとは、ケルト人(紀元前1200年から500年頃に今のヨーロッパの地域に移住した民族)が作物の収穫を祈って行っていたお祭りです。ケルト人の1年の終わりが10月31日でしたので、、、今で言うと年末の大晦日って感じですかね。死者の霊が家族を訪ねてきたりする日でもありますが、魔女や悪霊から身を守る為に始まった習慣です。現在では、31日の夜にカボチャをくり抜いた物にロウソクを立てて魔女やお化けに仮装した子供たちが近所を回りTrick or Treat (悪戯をするか?お菓子か?)と唱えてお菓子をもらいながら歩く習慣があります。


カボチャをくり抜いたランタンをジャック・オー・ランタンと言ってランタン持ちの男って意味だそうです。


IMG_2811.jpg


そんなハロウィーンに合わせたアーティフィシャルフラワーのアレンジメントのご紹介です。

小児科さんからの依頼で一ヶ月に一度プリザーブドフラワーとアーティフィシャルフラワーを使ったアレンジメント、季節感のある花材で器も様々な物を使い毎月雰囲気の違う物をお届けさせてもらっております。


IMG_0580.jpg


IMG_0585.jpg


1ヶ月飾りますので本物のカボチャは入れてませんが、カボチャを入れてハロウィーンスタイルのアレンジメント!!


ご自身のオフィスや受付など、、もちろんご自宅用にもご自身ではなかなか豆に取り替えたりする時間が無い方や何か置きたいけど普段買わないから分からないなんて方!!良かったら一度お問い合わせ下さい。お待ちしております。








↑ ↑ ↑

ボチッとありがとうございます。


posted by LIFE DECO_aoyama at 16:59| Comment(0) | TrackBack(0) | フラワーレッスン最新情報 | 更新情報をチェックする

2015年10月03日

Autumn wreath(cosmos)

最近、朝晩は特に肌寒くなりましたね。

お花も長持ちする季節になってきたのではないのでしょうか✨


さて今日はアジサイをベースに旬のコスモスをポイントに入れたリースを作りましたよ。

IMG_0621.jpg


<花材>

コスモス  アジサイ スカビオサ 

フランネルフラワー ティナス チランジア

ロシアンオリーブ ハートカズラ


IMG_0626.jpg


秋のお花と言えばコスモスを思い浮かべる方も多いと思います。

和名では秋桜(アキザクラ)

字の通り花の形が桜に似ていて、秋に桜のように群生して咲く事からそう呼ばれています。

星が綺麗にそろう宇宙のことをcosmosと呼ぶ事から、同じく花びらが整然と並ぶお花の事も

cosmosと呼ぶ様になったそうです。

コスモスの語源は、ギリシャ語の「秩序」「飾り」「美しい」などという

意味の[Kosmos,Cosmos]の言葉に由来。

(化粧品のコスメティックスも同じ語源みたいですよ)


コスモスには、7月〜8月に咲く「夏咲き」、10月〜11月に咲く「秋咲き」、

夏咲きと秋咲きの間の9月に開花させる「早咲き」があります。

もとは、「秋咲き」のコスモスが明治時代に伝わってきた最初のコスモスで、

品種改良によって「夏咲き」や「早咲き」が生まれたそうです。


ちょっと何種類かのコスモスのご紹介

IMG_0690.jpg

左がピコティ 右がダブルクリック

ピコティは一般的によく見かけるの物ではないでしょうか⭐

ダブルクリックは花びらがたくさん重なっていてボリューム感があって個性的です。

IMG_0594.jpg

チョコレートコスモス

その名の通り、チョコレートを思わせる香りがします。

シックな色合い。小さくて可愛いですよね🎶


話は変わりますが、昨日はフラワーレッスン(フラワーサークル)をさせて頂きました。

フラワーサークルとはお店に陳列してあるお花から自分で好きなお花を選んで頂き、

花束やアレンジメント、リースなどお好きな物を制作して頂くというレッスンです。

(もちろん色合わせや作り方など、サポート致しますよ💐)

最近はフラワーサークルにご興味のある方からお問い合わせも増えてきています。

是非 興味のある方はこちらをチェック💡

     ↓



IMG_0657.jpg

今日もたくさんのお花をご用意して営業中です🎵

ご来店お待ちしております!





↑ ↑ ↑

今日も楽しく笑顔溢れる1日にしたいですね♪

ポチッとありがとうございます!!!

励みになります。