2015年09月19日

NPKの図

今週、アジサイがいろんな種類が入荷し、改めてこの絶妙な色はどうして自然に出てくるのだろうと疑問に思ったので、学生の頃に読んでいた本を引っ張り出し、ネットでも調べてみました。


【アジサイを使った花束】

IMG_2309.jpg


IMG_2312.jpg



【アジサイを使ったアレンジメント】

IMG_2373.jpg


アジサイは土のPH(酸性、アルカリ)で色が変わると聞きますが、品種によっては変化するものとしないものがあります。

影響を受けて色が汚くなることもあるそうですが。


影響をうける品種の理由として、赤い色素のアントシアニンとアルミニウムの結合が要因なのだそう。

酸性の土壌では、土の中に含まれるアルミニウムが酸に溶け、アジサイは根から吸収します。

アルカリ性の土壌ではアルミニウムは溶けないのでアジサイの吸収量は少ない。

アントシアニンはポリフェノールの一種で、アルミニウムと結合すると、青色に変化する事から、日本は火山活動により土壌の酸性が多く、一方の欧米ではアルカリ性土壌が多いため、赤やピンクが多いそうです。

中性では紫になるそうです。

ちなみに白アジサイは、もともとアントシアニンを持っていないので、土壌に関係なく白は白なのだそう。


ただ、肥料の影響もかなりあるようで、チッソ・リン酸・カリウム→植物が成長する上で必要不可欠なチッソ(N)、リン酸(P)、カリウム(K)は肥料の三要。

ガーデニングをしたことがある方なら一度は肥料の説明書きなど見た事があると思います。

アジサイは、チッソ・リン酸が多いと赤やピンクに、カリウムが多いと青くなると言われています。

それぞれには本来の効果があります。

花の専門学校に通っていた頃、農業高校出身の友人に教えてもらった試験対策にこんな明解な図があります。

【NPKの図】

IMG_2457.jpg

Nは葉肥(はごえ)。葉や枝、幹を強くさせる。

Pは花肥(はなごえ)もしくは、実肥(みごえ)。花を咲かせる、実をつけさせる。

Kは根声(ねごえ)。根を成長させる。

肥料を手に取る機会があれば、この図を思い出してみて下さい。






↑ ↑ ↑

ランキングも宜しくお願いします。
posted by LIFE DECO_aoyama at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 花の雑学 | 更新情報をチェックする

2015年09月15日

ローズヒップ (rose hip)

先日のブログでも取り上げられていました。

実物のご紹介です!!!


ローズヒップは、ビタミンC豊富な飲み物として皆さんもご存知かと思いますが。

ビタミンCが豊富なので高酸化作用もあると言われています。

余談ですが、1800年代中国人が一攫千金を狙ってゴールドを堀りにニュージーランドに渡ったそうです。ゴールドラッシュですね。その時に体を壊さない様にビタミンをしっかり取れる様にニュージーランドに種を持って行き育てて食べてみたいですよ。それぐらいビタミンがたっぷりなんですよって言うのもお伝えしたかったんですが。笑

今日は、何故ローズヒップの話しから入ったかと言うと、、、。

実は、季節物としてお花屋さんの店頭にたくさん並んでいるのでちょっとご紹介出来ればと思います。


IMG_2261.jpg


ローズヒップという名前なので、、、バラのお尻?なんて思う方もいらっしゃるかもしれませんが。

お尻の"hip"と同じつづりですが、以前は古い英語で野バラを意味する"hiopa"から名前が変わったそうです。

でも、ローズ。バラが関係していることは確かなんですが。

植物の種類によりますが、お花が終わった後に受粉をして実がなって実の中に種があってそれを鳥が食べたり地面に落ちたりする事から子孫を増やして行きますよね。

ローズヒップは、バラの花が終わって実がなっている状態で収穫して店頭に並んでいる秋の定番の枝物です。


先月末から店頭には野バラの実がたくさん入荷していました。

まだまだ実がなり立ての緑。

ドウダンツツジのグリーンと野バラの緑で爽やかな夏の活け込み。


写真_2-23.jpg


こちらは黄色と白を基調としたアレンジメントに野バラの実をアクセントに


IMG_2224.jpg


野バラもどんどんオレンジ色の物が入荷する様になってきて季節の変わり目を感じますね。

すべの色が変わってくる素敵なシーズンですよね。


IMG_9623.jpg


IMG_2271.jpg


夏の終わりを感じつつ、、、秋に向かっている季節の変化に寂しくもありワクワクもするそんな時期ですね。

秋物のレッスンや商品もどんどん増えてますので良かったらウェブショップもですがお店にも一度足を運んで下さいね。実は、店頭にしか並んでいない商品も結構あるんですよ。笑

お待ちしております!!!





↑ ↑ ↑

ボチッとありがとうございます。













posted by LIFE DECO_aoyama at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 花の雑学 | 更新情報をチェックする

2015年09月14日

ローズウェディングブーケ ~ 秋の挙式にまだまだ間に合います! ~

ライフデコが作り出す新作ウェディングブーケ。

バラにこだわりアレンジするブライダル。


今日はブーケのご紹介です。


ローズブーケ.jpg


バラ:ブルゴーニュ、オールドファンタジー  etc...



創業から8年目を迎えた今年。

今まで以上に力を込めて、挙式/披露宴の装花のご提案を始めます。


多種多様な装花スタイル/ウェディングブーケ、花材を選ぶ事ができる今日この頃。

ご結婚を控えたお二人には決めなきゃいけない事が沢山あって忙しいと思いますが、お花もこだわって頂きたい!

本当にしっくりくるのは、唯一無二。


挙式の季節、お二人のお好みをお伺い出来れば、最適なローズブーケをご提案させて頂いてます。


1012210_568150659889687_643508240_n.jpg

バラ:シェドゥーブル、グリーンアイス etc..


11800034_942565385781544_6602557545287840485_n.jpg

バラ:ピースオブマイハート、グリーンアイス etc...


1907625_715862641785154_5270880031509637142_n.jpg


サムシングブルーもあります。

忠実、信頼を意味する青い色。

幸せの青い鳥も、同じ意味。

女性の慎ましやかさ、誠実な心を象徴する色を身につけ、幸せを願います。


11219093_960795057291910_3837640146309508453_n.jpg


ちっちゃなトスブーケ。

IMG_6254.jpg


秋の挙式にまだまだ間に合います。

ご注文は14日前までです。

こだわりの花材をご希望の方は、1ヶ月前までにはお決めください。

雑誌で見かける人気の花材は、予約で売り切れます。

コスパやボリューム重視で、花材はお任せ!の時は7日前迄でもご相談承ってます。


IMG_1014.jpg


IMG_6231.jpg


挙式当日にご用意する最適な咲き頃のローズブーケ。

咲かせ方にもフローリストの技が光ります。


想いを形に。


ご相談、お見積もりはホームページから。







↑ ↑ ↑

ボチッとありがとうございます!

励みになります!!
posted by LIFE DECO_aoyama at 16:42| Comment(0) | TrackBack(0) | ライフデコからのお知らせ | 更新情報をチェックする

2015年09月13日

花の延命

IMG_2193.jpg


以前、花の寿命を短くしてしまう要因のエチレンガスを紹介しましたが、もう1つ延命に関する話です。

数ヶ月楽しめるランでさえ老化してしまう原因に、“受粉”があります。

ランの花粉がどこにあるのか私自身着目したことがありませんでしたが、この部分だそうです。

IMG_2276.jpg

鉢物だったら取ってもいいかもしれませんが、葯は付いている方がかわいいと思います。

取ると豚の鼻みたいでブサイクになります。ブー。

紹介しておきながら、私は断然取らないです。


さらに、度々ブログでも花もちが良いと紹介しているリシアンサスも種類によっては受粉により、花びらが萎れてしまうそうです。

面倒ではありますが、花粉が入っている葯という部分を取り除くとより長く楽しめます。

リシアンの花粉は黄色いので分かりやすいと思います。

IMG_2215.jpg



IMG_2282.jpg

ブライダルだとドレスに花粉の汚れを付けない様に花粉を取り除く場合があります。

取り除く際には雌しべの先端、柱頭の部分を傷つけないようピンセットで取り除きます。(柱頭の損傷もまた、老化の原因です)

でも最近の花びらがもりもりした種類は、中の花粉まで見えないくらいボリューミなので全然取らなくても問題ないと思います。

image1-11.jpg

やっぱり、自宅で出来る最大の延命方法は切り戻しと水換えを丁寧にすることですね。

よく切れるハサミやナイフでスパッと切って清潔な水に入れ替えてあげるだけで、花も気持ち良さそうですが見ているこちらも気持ち良いものです。







↑ ↑ ↑

ランキングに参加していますー。
posted by LIFE DECO_aoyama at 16:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 花の雑学 | 更新情報をチェックする

2015年09月10日

ギリシャ神話にまつわるお花達 ラン編


こんにちは。

今回のギリシャ神話はランのお話です。

蘭といえば、胡蝶蘭やシンビジューム、デンファレ、カトレアなどなどたくさんの種類があります。


蘭は主に熱帯地域に咲くお花で、元気で華やかな印象がありますが、種類や色のバリエーションも多く様々なシーンに合わせて飾られる大変人気のあるお花です。


IMG_3854.jpg


種類によっては、お花屋さんで年中見かけることができます。


ではでは一緒にギリシャ神話、ランの勉強をしていきましょう!!



ギリシャ神話でランはサテュロス と ニンフの息子・オルキスという精霊の生まれ変わりとされています。



オルキスは父親に似て女好きでお酒が大好きで、酒に酔ってはニンフを追いかけまわし、(え!?自分の母親ですけど!)周りにも迷惑がられていました。

そんな折、酒の神ディオニュソスの祝祭日のことでした。

いつものようにお酒を飲みすぎて酔っ払っていたオルキスは女司祭に手をだそうとしたのでした。

もちろんそれを見ていた周りの神々が止めに入ったので女司祭は無事でしたが カンカンに怒った神々は罰としてオルキスをバラバラにして殺してしまったのです。

どんな息子でも自分の子どもはもちろんかわいいもので、オルキスの父サテュロスは息子を救ってもらえるよう天の神々に祈りました。


すると、バラバラの死体が奇妙な形の花に変わりました。

このオルキスが姿を変えたのがランの花になったという事です。


またそれゆえ、この花の根を食べると彼のように淫乱で、粗暴な性格になると伝えられていたようで

そのためか、昔から強壮剤として使われ重宝されたといいます。


最終的にオルキスは美しい姿になって人々を癒し、また↑こうやって人の役に立てているようです。。



ギリシャ神話のランの生い立ちもなんとも面白い、ハチャメチャなお話でした(笑)




ちなみにランの名前の由来を調べてみたら面白かった?のでこれも紹介します。。

ランの英語名「Orchid(オーキッド)」は、ギリシャ語で睾丸を意味する「orchis」が語源となり、ランの塊茎(地中にある茎の一部が養分を蓄え肥大したもの)が睾丸に似ていることに由来しているそうなんです。


ちょっとビックリしました。。


ここまで少し派手?なお話だったので、

気をとりなおして今度はランの中でもランを代表する、女王様的存在の胡蝶蘭を紹介したいと思います


胡蝶蘭は皆さんご存知だと思いますが、一本の茎に左右交互にたくさんのお花つけた、とても高価で大変豪華なお花ですよね!

代表的なものだと、色は白とピンクでしょうか。



胡蝶蘭は学名を「Phalaenopsis aphroditeーファレノプシス アフロディーテ」といいます

ファノレプシスはギリシャ語で”phalaina”(蛾)と”opsis”(ような)を組み合わせた名前で「蛾のような」の意味になります

日本語では蝶が舞っているように見える事からその名の通り、「胡蝶蘭」という名前になったようです。


そしてアフロディーテ、覚えてますか?

そうです。ギリシャ神話のバラ編にも出てきた、美と愛の女神アフロディーテです。


アフロディーテはとても魅力的で誰もが自分の妻にしたいと思うほど美しい女神であったとされています。

そのアフロディーテという名を持つ胡蝶蘭はその美しさがすべての人々に愛され認められていたという事でしょう!


ではでは胡蝶蘭の花言葉を見てみましょう


花言葉は、「幸福がやってくる」「変わらぬ愛」です。


さらに色によっても花言葉があって

白は「清純」

ピンクは「あなたを愛します」です


花言葉からも結婚式にもぴったりなお花ですね。



白い胡蝶蘭は清純なイメージの花嫁にぴったりなのでウェディングブーケによく用いられています。 純真無垢な花嫁を象徴する花として、花嫁の花とも呼ばれるそうですよ!



ピンクの胡蝶蘭はプロポーズにいかがでしょうか?「あなたを愛します♡」

めでたく結婚となれば奥様は結婚式のお色直しにピンクの胡蝶蘭のブーケを、そして旦那様はピンクの胡蝶蘭のブートニアをつけて登場。。。

そして司会の方にこのストーリーを紹介してもらいながらの入場。。



キャー!妄想ですがこんなの素敵すぎます!!

記念日には毎年胡蝶蘭の花が送られて。。。

きっときっと、一生忘れられないお花になることでしょう!!

誰か〜!お願いします!!♡




ということで、今日はギリシャ神話 ラン のお話でした。

次回はまた違うお花を紹介しますね!

最後までお読み頂きありがとうございました。






↑ ↑ ↑

最後まで読んで頂きありがとうございます!

ランキング参加中です。

宜しくお願いします。
posted by LIFE DECO_aoyama at 19:50| Comment(0) | TrackBack(0) | ギリシャ神話とお花 | 更新情報をチェックする

Harvest festival Arrangements

雨が続いていますね。

そろそろ青空がみたい気分です。

でも植物達にとっては恵みの雨なのでしょうか🎑


食欲の秋🍁収穫の秋🍁

お店には秋のお花がたくさん入荷しております。

さて今日は実物をいっぱい使って収穫祭をイメージしたバスケットアレンジを制作しました💐



IMG_9789.jpg


IMG_9774.jpg


<花材>

ツルウメモドキ ビバーナムコンパクタ ハイビスカスローゼル

モミジ アマランサス ケイトウ パフィオ など


IMG_9791.jpg


<収穫祭とは>

作物の無事の収穫を祝うため農村で行われる祭祀行事です。

一般には農産物の収穫の時期に重なる秋の行事として、世界的に広く行われているそうです。

人類が食物を得るために狩猟から栽培に変わったあたりから始められたとされています。

(例としてはドイツのオクトーバーフェストやスペインのトマト祭りなど)


日本の『秋』は、旧暦では7月上旬頃から10月上旬頃、

新暦では8月上旬頃から11月上旬頃の期間を指します。

この期間は、日本全国で秋の収穫を神様や自然に感謝したり、

農作物に被害が出ないように祈る様々な祭りが開催されています。

この頃に訪れる『立秋』には「秋立つ」という意味があり、

カレンダーでもよく見る『立夏』や『立春』に『立冬』も同じ様に

『季節が立つ』という意味があるそうです。



IMG_9796.jpg



秋はやっぱり紅葉した葉っぱや枝物&実物が素敵です!!

長持ちしますし、ドライフラワーとしても使える物も多いので大活躍です✨

これからの季節が楽しみです♬



IMG_9808.jpg

バラの実


IMG_9806.jpg

ローズヒップ&唐辛子


今日もバスケットアレンジのご紹介をさせて頂きましたが、

ライフデコのflower lessonでは

バスケットアレンジの月1回 全12回のコースlesoonが登場✨

(他にもシャンペトルブーケ、多肉植物の寄せ植えなどといったコースlessonもありますよ)


是非、一度チェックしてみて下さい♪






↑ ↑ ↑

今日も、元気にお店営業中です♪お気軽にお立ち寄り下さい。

ポチッとありがとうございます!!!

励みになります

2015年09月08日

敬老の日特集

今月は、シルバーウィークを控えてますね。連休でどこかにでかられる方も多いのではないでしょうか?


さて皆さん、敬老の日ってどんな日かご存知ですか?

以前は、9月15日が敬老の日とされていましたが2002年以降は長期休暇を取れる様に第三月曜日となりました。

ちなみに今年は、9月21日(月)です。再来週の月曜日です。

もともと兵庫県から始まった文化で[としよりの日]と呼ばれていたそうです。「老人を大切にし、年寄りの知恵を借りて村作りをしよう」と農業の仕事が落ち着く9月に始まったそうです。

のちに兵庫県から全国に広まり、としよりと言う表現から老人の日、敬老の日と名前が変わりました。

日本でいろいろある祝日の中で、母の日の様に海外から入ってきた文化では無く日本特有の記念日で日本以外ではないみたいです。

祖父母がみんな亡くなっている私にとっては、敬老の日のタイミングでおじいちゃんおばあちゃんに会いにいくのはちょっとうらやましかったりします。笑


さて、そんな老人を大切にしましょうという日にこんなギフトはいかがですか?と何点かご紹介出来ればと思います。


1:京紫 ~ kyomurasaki ~

プリザーブド&アーティフィシャル 

白い陶器の器に淡いバラをメインに紫色の濃淡のアレンジメントです。アクセントにペッパーベリーをハートカズラのアートフラワーを使用しております。

1個お得なのが、、敬老の日向けに送料無料となってます!! wow wow

どうしても直接渡せない方にはお得なギフトです。


IMG_2190.jpg


IMG_2191.jpg




2:蜜柑 ~ mikan ~

プリザーブド&アーティフィシャル 

季節を感じるようなシックな色合いも素敵ですが、おじいちゃんおばあちゃん元気でね!という気持ちが表れるようなビタミンカラーのアレンジメント。こちらは、立てて飾るも良し、テーブルなどの中央に寝かせて飾るも良し、あとは付属のフックが付いておりますので壁にかける事も出来ます。


IMG_2182.jpg


IMG_2181.jpg




3:ライフデコにおまかせ [ 季節の"旬"をお届け]

生花の花束、もしくはアレンジメント

ギフトを贈る際に贈る方のイメージや伝えたいメッセージで色を決めたりすると思いますが、何よりも今旬のお花でお任せします。っていうギフトです。ライフデコのスタッフが今日はこれが一番と言う花材でお造りします。なおかつ送料込み、税込みで¥5000というギフト商品です。


IMG_2043.jpg


ifedeco.tokyo/shopdetail/000000000189/ct46/page1/price/


ほかにも色合いに合わせた花束ギフト、アレンジメントギフトも御予算に合わせてご用意しております。




最後に敬老の日向けのワンデイレッスンのご紹介です。

4:9/12(土)【敬老の日ギフトの特別講座 】優しいローズ&ベリーのフラワーリース!

プリザーブド&アーティフィシャル -1DAY LESSON- 

手作りギフトを敬老の日に贈ろうというレッスンです。柔らかいバラのプリザーブドフラワーをメインに秋色アジサイやベリーを使った秋色リースのレッスンです。敬老の日に間に合う様に一週前の土曜日に開催となっております。


IMG_2189.jpg




敬老の日におじいちゃんおばあちゃんに会いにいくのが一番のギフトだと思います。遠くてなかなか合えないとか皆さんいろいろ事情があるかと思います。会えないから電話をかけて話したり、もちろんギフトを贈るのも気持ちを伝える1つの手段です。

年に一回しか会えない人には、10年で10回しか会えないと思うと切なくなりますよね。遠くて会えないおじいちゃんおばあちゃんに感謝を伝える方法たくさんあると思います。






↑ ↑ ↑

ボチッとありがとうございます。


posted by LIFE DECO_aoyama at 12:39| Comment(0) | TrackBack(0) | ライフデコからのお知らせ | 更新情報をチェックする