2016年09月21日

ボタニカルセール 残り2日です!!

こんにちは!!
ぐんと寒くなり秋の訪れを感じづつ衣替えをしないと風邪を引きそうな季節の到来ですね。
皆さんも体調管理に気をつけて下さいね。

さて今日は、ボタニカルセールのご案内です。
ちょこょこ気に入ったのがないか探してましたなんて方は是非、覗いてってください。
お得だからご紹介してます!!!!笑

何がそんなにお得かと言いますと、先日オンラインショップに出たばかりの新商品もセールの対象となっております。
なんと、全品20%オフです。

今日は、先日 掲載されたばかりの7点を今日はご紹介します。




ボタニカルミックス 1 寄せ植え 〜 Glay グレイ陶器 〜 花月シンシン/ハオルチア など [ 花器表面はザラッとしたエイジング風の仕上がり ] 


IMG_7089.jpg


大きめのサンスベリアに目が行きがちですが、ハオルチアという多肉が可愛いんですよ。
手前の右側 グリーンの子です。特徴は、表面が窓のようになっていて透き通っていてとても綺麗です。
光をたくさん集めるようにこのような作りになったんですよ!!!





ボタニカルミックス 6 寄せ植え 〜 Blue ブルー陶器 〜 ハオルチア/火祭り など [ 花器表面は滑らかなツヤ仕上げ ] 


IMG_7136.jpg


こちらも先ほどの寄せ植え同様 ハオルチアが入っている寄せ植えです。
こちらのオススメは、フラミンゴ。(右奥です。)色合いの美しさもさることながら星型のような可愛い形が愛くるしいです。
そして植物を育てるのに大切なポイント!!とっても強いんです。

ボタニカルミックス 3 寄せ植え 〜 Glay ライトグレイ陶器 〜ユーフォルビア ラクティア/アガベオイデス など [ 花器表面はザラッとしたエイジング風の仕上がり ] 


IMG_7205.jpg


こちらは、ちょっと珍しい子たちを寄せ植えにしてます。
変わったものを育てたいですとか興味のあるかたにおすすめ!!!
その中でも私のオススメは、ガステリア(左手前です。)ガステリアは種類によって形状が全く違いますがこちらは星型の可愛いタイプです。色合いも深みがあります。

ボタニカルミックス 5 寄せ植え 〜 Purple パープル陶器 〜 金ヒモサボテン/ルビーネックレス など [ 花器表面は滑らかなツヤ仕上げ ] 





IMG_7198.jpg


紫色の器に色が映えます!!金ヒモサボテン。(左側のサボテンです)
形も楕円型のものを組み合わせでいれています。真ん中のラクティアがいい味をだしております。

ボタニカルミックス 7 寄せ植え 〜 Green グリーン陶器 〜 サボテン 緋牡丹/ガステリア など [ 花器表面は滑らかなツヤ仕上げ ] 




IMG_7211.jpg


エイジング風のグリーンの色合いの器を使用しております。緑の中に黄色いサボテン。笑 目をひきますがこちらのオススメは、大きめで綺麗なエケベリア。(手前の大きくて丸いのです)アガベオイデスという種類になります。



ボタニカルミックス 2 寄せ植え 〜 Glay ライトグレイ陶器 〜 サンスベリア シルバープリンセス/フラミンゴ など [ 花器表面はザラッとしたエイジング風の仕上がり ] 


IMG_7165.jpg


グレイの器に、シルバー系やグリーンも淡い色合いで合わせて寄せ植えいたしました。
とくに後ろに入っているサンスベリアのシルバープリンセウスのグレイに色感が綺麗です!!

ボタニカルミックス 4 寄せ植え 〜 Glay グレイ陶器 〜 金ヒモサボテン/ルビーネックレス など [ 花器表面はザラッとしたエイジング風の仕上がり ] 




IMG_7164.jpg


金ヒモサボテンと器のバランスが良い感じの寄せ植え。
器の色合いと多肉の色合わせが綺麗です。痛い痛いといいながら寄せ植えさせていただきました。笑

さて、今回のボタニカルセール あと2日です。
ちょうど探していた方には、とてもオススメです。
ご自宅用にももちろん、知り合いのお店のお祝いやお友達の家の引越し祝いなどいろいろなシチュエーションで活やくしそうです。

こちらのセールは、オンラインショップ限定となっております!!!
気になる方は、他にも商品掲載しておりますのでお早めに覗いてください。



しつこいですが、、、オンラインショップ限定 ボタニカルセールは、残りあと2日です。
お見逃しなく。

インスタグラム、ツイッターも配信中です!!

ライフデコオンラインショップLIFEDECO ライフデコホームページライフデコfacebookライフデコTwitterライフデコInstagram

□ この記事を書いた人 □

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

akikagota.png


籠田 亜紀 Kagota Aki

1980年生まれ

2012年 〜 異色の経歴で入社

独特な色彩感覚と自然の生命と対峙したときに紡ぎ出すアレンジセンスには光るものがある。

独自の世界観を研ぎ澄ましながら、フローリストの技術力を高めている。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



↑ ↑ ↑

ボチッとありがとうございます。



posted by LIFE DECO_aoyama at 14:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 多肉ちゃん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月06日

自宅でレッスン!初級編 登場です。

夜風が気持ちよくて秋を感じてた先週とはうって変わってまたまた暑い日が続いてますね。
秋が待ち遠しいなんて方も多いのではないでしょうか?

9月に入ってからライフデコでは、秋物のドライリースやボトルフラワーなど新商品が続々と登場しております。



今日は、オススメの新商品というかレッスン!!自宅でフラワーリースレッスンの御紹介です。

年間通してリースレッスンを行っているところが少ないせいかやっと見つけましたなんて仰って
リースレッスンに参加いただいてるお客様が多いように感じます。
レッスンですので、青山のアトリエに足を運んでいただいてスタッフに教わりながら制作していくのが通常のレッスンです。
最近、花材を送っていただいて自宅でリースレッスンは出来ませんか?というお問い合わせが数件ありました。
確かに、、、青山までの往復のお時間とリース制作時間、、、合わせるとなかなか足を運べない方が多いのが現状。
あとは、東京に住んでいらしゃらない方ですと参加するのは難しいですよね。
(もちろん、アトリエですと細かいところを教わったり会話や時間、雰囲気を楽しめるというメリットはありますよね)

どうしてもなかなかレッスン受けに行くのが難しいという方にオススメの自宅でレッスン!!

IMG_5703.jpg

今回は、3パターンからお好きなものを選んでいただけるようになっております。


3種類のサンプルからご希望のアレンジをお選びください。

No.001 コスモスと秋色アジサイに季節の実物を添えて 
No.002 優しい色合いの秋バラのアレンジにジャスミンの蔓をからませて
No.003 秋色アジサイと旬の秋バラをメインに柔らかな穂をなびかせて

* 花材は仕入れ状況により変更となる場合がございます。

はさみさえご用意いただければどなたでもご自宅で生花のリースを制作していただけるようなキットになっております。
内容:必要花材/ワイヤーなどの資材/レッスンレシピ(A4)

リースを制作する上での注意点と今回作っていただくリースの制作ポイント等が記載されたレシピがついてくるので安心です。(参考レシピはこちらから見ていただけます)


制作順に沿って写真を文章で解説してます。

IMG_5551.jpg

基本のグリーンの挿し方。基本、全て時計回りで挿していきます。

IMG_4515.jpg

アジサイのワイヤリング
茎の細い花材は、ワイヤーで補強してオアシスに挿します。

IMG_4535.jpg

あくまで今回の画像は、参考画像ですが選んでいただいたリースに合わせてレシピを同梱致します。
全く初めてで何がなんだかできる自信がありません!!!そんな方でもご安心ください。

ちょっと作り方が分からなくて「質問」してみたい!? なんて時は
ライフデコ公式の LINE@ をご利用ください。 @zii1205m

LINEとかやっていないしそういうのちょっと苦手、、、なんて方は、お気軽にお電話でお問い合わせください!!

青山に足を運べない方、興味があるけど最初の一歩まで腰が重くてなかなか、気分転換にご自宅でお花をいじりたいわ、そんな方も是非一度お試しください。

今月の発送日は、9月16日(金)限定となっております。
金曜日に発送しますので本州、四国ですと17日土曜日に到着します。北海道、九州は、18日日曜日に到着予定となっております。

注文の締め切りが9月13日(火曜)です。17日18日の週末は、自宅でゆっくり過ごそうかしらなんて方、ご興味ある方は、是非オンラインショップにお立ち寄りください。



IMG_7794.jpg


インスタグラム、ツイッターも配信中です!!

ライフデコオンラインショップLIFEDECO ライフデコホームページライフデコfacebookライフデコTwitterライフデコInstagram

□ この記事を書いた人 □

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

akikagota.png


籠田 亜紀 Kagota Aki

1980年生まれ

2012年 〜 異色の経歴で入社

独特な色彩感覚と自然の生命と対峙したときに紡ぎ出すアレンジセンスには光るものがある。

独自の世界観を研ぎ澄ましながら、フローリストの技術力を高めている。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



↑ ↑ ↑

ボチッとありがとうございます。












posted by LIFE DECO_aoyama at 17:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 新商品登場! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月25日

グズマニア(Guzmania)

お盆が終わるともう秋に近づいてる気配をちょこちょこ感じますね!
今日は、あえて残暑を楽しめるTHE夏なイメージのお花の御紹介です。笑
ライフデコの店頭に綺麗に並んでいるのを見かけたらついついブログに書きたくなってしまいました。

グズマニア。
馴染みがあまり無いかもしれませんが、今年の夏の店頭には常連さんで並んでいました。
正直、、、お花としては地味です。でも、色合いがとっても美しいんです。

IMG_6119.jpg

パイナップル科エクメア属
中南米熱帯雨林が原産地、アナナス類(園芸におけるパイナップル科植物の総称)
主に樹木などに自生する着生植物です。
着生植物に多い水の補給の仕方がこの子も特徴的です!中心部から広がっていく葉と
葉の間に水を溜め込んで給水していきます。

まだまだ続く残暑の時期に持ちの良いお花をご自宅にちょこっと飾っておくのもいいですよね。

IMG_6124.jpg

ライフデコの店頭の常連さん、グズマニア。笑
今年の夏ギフトやフラワーリースでも華を添えてくれてました。
この形状のお花があまり無いのと色の美しさでアレンジの中でもひときわ目立ちます。

IMG_2864.jpg

IMG_5247.jpg


こちらのリースは9月いっぱいまでの限定商品です!!





今日のお誕生日ギフトにもしっかり入ってました。笑

IMG_6109.jpg

みなさんもまだまだ暑い日が続くこの時期に花持ちのよい一味違うお花をちょこっと飾ってみてはいかがでしょうか?

インスタグラム、ツイッターも配信中です!!

ライフデコオンラインショップLIFEDECO ライフデコホームページライフデコfacebookライフデコTwitterライフデコInstagram

□ この記事を書いた人 □

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

akikagota.png


籠田 亜紀 Kagota Aki

1980年生まれ

2012年 〜 異色の経歴で入社

独特な色彩感覚と自然の生命と対峙したときに紡ぎ出すアレンジセンスには光るものがある。

独自の世界観を研ぎ澄ましながら、フローリストの技術力を高めている。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



↑ ↑ ↑

ボチッとありがとうございます。
















posted by LIFE DECO_aoyama at 16:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 切花の雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月19日

National Flower [ 国花 ] 北アイルランド編


🌸アクセスありがとうございます🌸



イギリス国花 最終回!



今回はアイルランド島北東部に位置する、北アイルランドの国花をご紹介します。



北アイルランドの国花は、シャムロック ( shamrock ) です。



シャムロックとは、葉っぱが3枚に分かれたクローバーの総称ですが、


白詰草のなかには所謂「四つ葉のクローバー」もあります。



日本では この「四つ葉のクローバー」の方が、


見つけると幸せが訪れると言われるように、幸運の象徴とされていますが、


かつて3という数字を神聖なものとして考えていたアイルランドにおいては、


三つ葉の方も大切にされており、様々なデザインやロゴに用いられています。




シャムロックというのは、アイルランド語で「クローバー」を意味する"seamair" と、


若い牧草を意味する "seamróg" に近い発音が出来るような英語を綴った名前になります。




国花になったのは、432年頃、アイルランドの守護聖人 聖パトリキウスという人物が、


シャムロックの3枚の葉を それぞれ父・子・聖霊にたとえ、


その葉たちが1つの茎で もってつながっていることを、


「三位一体」を表すという説き、キリスト教の布教に利用したことに由来します。




現在でも聖パトリキウスの命日である3/17は、同国において「聖パトリックの日」と呼ばれ、


シャムロックや緑色のものを身につけて祝うようです。




また、シャムロックはアイルランド政府によって商標登録されているため


同国国営の航空会社「エアリンガス」さんや、ラグビー代表のユニフォームのデザインなど、


さまざまな場面で用いられています。




ちなみに、白詰草が日本にやってきた意外なきっかけはご存知ですか・・・?


時代は遡り江戸時代。鎖国をしていた日本と貿易していた限られた国のうちのひとつ、


オランダから送られてくるガラス製品のクッション材として用いられていたのだとか!


名前も、白い花を咲かせ、詰め物に利用されていたことから付けられたそうです。



さらに白詰草について掘っていくと、実は葉も花も食べることが出来るのです!


特に花は炒めてたべると美味しいようです。


見て楽しい、探して楽しい、食べて楽しい!


他の種のクローバーも、民間療法に用いられているものがあるなど、


今回はシャムロックという複数種のまとまりのうち、少ししか触れることが出来ませんでしたが、


多くの魅力があるので、興味をもって頂けた方は是非調べてみて下さい♫





🌸最後までお読みいただきありがとうございました🌸


posted by LIFE DECO_aoyama at 11:14| Comment(0) | TrackBack(0) | National Flower [ 国花 ] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月16日

National Flower [ 国花 ] ウェールズ編


🌸アクセスありがとうございます🌸


イギリス国花第3弾!!

今回は、グレートブリテン島の南西に位置するウェールズの国花をご紹介したいと思います。


ウェールズの国花は 2つ。1つめは、地中海沿岸地方原産 ラッパスイセン ( daffodil ) です。


3月〜4月に黄色の花を咲かせ、内側の部分がラッパのような形をしていることから、

この名前がつきました。


花言葉は、「尊敬」「報われぬ恋」。

西洋ではほかに "regard ( 注視 )" という花言葉もあります。

誕生花は1/16、2/9、2/16、3/1。

このお花が国花になったことに特に理由や由来はないそうですが、

これからご紹介する2つめの国花の方は、ウェールズと現在も深い関わりがあるようです。

リーク ( leek ) と呼ばれる西洋ネギです。

群馬県下仁田町の特産品、下仁田ネギに似ていると言われます。


ウェールズの国旗には、赤いドラゴンのバックに白と緑の2色が配色されていますが、

この色も リークの色からきているのです。


3/1は、ウェールズにおいて守護聖人 聖デイヴィットの日とされているのですが、

現在でも毎年その日や、同国で盛んなラグビーの試合の時には、

リークを身につけて歩いたり、観戦したりするという慣行があるそうです。


聖デイヴィットとは・・・?

実はリークが国花となるカギを握った人物なのです。

時代を遡ること7世紀、ウェールズはサクソン人と戦いました。

その際、彼が敵味方の区別をつけるため、ウェールズ兵にリークを帽子につけるようアドバイスしたのです。

ちなみにさきほどご紹介した3/1、ウェールズ兵の方々は生リークにがぶりつくのだとか・・・?!




国花に設定するのは 関わりの深いリークだけで良かったのでは?

と感じられた方も多いのではないかと思いますが、

ネギは においが強めなうえ、華やかさも物足りないところがあります。

そこで、ラッパスイセンも適用されることとなりました。


もちろんリークは、視覚面で劣ってしまう分、味覚面で力を発揮します!

チキンや野菜などのスープストック ( = 出汁 ) にじゃがいもなどを加えて煮込む、

カウルケニン ( Cawl cennin ) をはじめとしたウェールズの郷土料理では、

リークは欠かせない存在。

日本のネギよりもマイルドなのに、栄養の豊富さは劣ることなし!

ネギの苦手を克服したいという方にもおすすめです!


来春旅行や留学に行く予定がある方は是非、

3/1にウェールズにも足を運んでみて下さい♫

独特の文化を堪能出来ること間違いなし!



次回はイギリス国花シリーズラストを迎えます!


🌸最後までお読みいただきありがとうございました🌸

posted by LIFE DECO_aoyama at 18:44| Comment(0) | TrackBack(0) | National Flower [ 国花 ] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ライフデコではボトルが人気!!!

こんにちわ。
お盆が過ぎると秋ムードが一気に感じるそんなシーズンですが、、、暑さはまだまだ続きますね。

そんな暑さを吹き飛ばす夏っぽいボトルシリーズがライフデコでは人気です。
先日、新作でオンラインにアップされたばかりの商品も売れてしまって今は小さいサイズのものしかありませんが、、、。
すぐ売り切れちゃうかもですよっていう宣伝も含めて今日ご紹介させて頂きます。
※ 今日ご紹介している商品は全てアーティフィシャルです!!!


黄色やライムグリーンの花々に青リンゴをあしらってみました!!

IMG_4968.jpg


みずみずしい色合いの黄緑のアレンジ。花材は、ダリアや青リンゴ、ハイドランジアを使用しております。



ペールピンクのフラワーに個性的な胡蝶蘭を加えた優しい印象のアレンジ

IMG_4817.jpg

柔らかいペールピンクのアレンジは、メインにちょっと柄のかわいい胡蝶蘭を使っております。
花材は、胡蝶蘭、ハイドランジア、アザミを使用しております。


ボトルフラワーは、中に液体が入ってますので清涼感満載。
花びらの形を崩さずに作り上げていくのが難しいんですよ!!!
写真やオンラインですとその大変さがなかなか伝わらないのが残念です。

小さなボタニカルガーデン。植物の世界観をディテールを積み上げて作りました!!

IMG_5286.jpg

ボトルの中に小さな多肉植物園。そんなイメージです。
少し褐色系の色合いも使っておりますのでこれからのシーズンにもピッタリです!!


IMG_5290.jpg

IMG_5260.jpg

ボトルの中のはとても小さいので細かいパーツをたくさん組み合わせて空間を作っています。
見れば見るほど癖になる可愛い空間ですよ!!!




ボトルシリーズのラッピングは、開けるまで中身はお楽しみなお包みになってます。

IMG_5267.jpg


ご自宅のちょっとした空間やトイレが寂しくて何か飾りたいなんて方にもアーティフィシャルのシリーズはオススメです。

インスタグラム、ツイッターも配信中です!!

ライフデコオンラインショップLIFEDECO ライフデコホームページライフデコfacebookライフデコTwitterライフデコInstagram

□ この記事を書いた人 □

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

akikagota.png


籠田 亜紀 Kagota Aki

1980年生まれ

2012年 〜 異色の経歴で入社

独特な色彩感覚と自然の生命と対峙したときに紡ぎ出すアレンジセンスには光るものがある。

独自の世界観を研ぎ澄ましながら、フローリストの技術力を高めている。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



↑ ↑ ↑

ボチッとありがとうございます。











posted by LIFE DECO_aoyama at 16:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 新商品登場! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月15日

National Flower [ 国花 ] スコットランド編



🌸アクセスありがとうございます🌸


イギリス国花 第2弾!!

今回は、グレートブリテン島北部1/3の面積を占めるという スコットランドの国花をご紹介したいと思います。


スコットランドの国花は アザミ ( Crisium ) です。

国花になったのは、13世紀にノルウェーの軍隊がスコットランドに侵攻してきた際、

ノルウェー側の兵隊さんが裸足でアザミを踏み、思わずあげた叫び声によって、

侵入に気づいたスコットランド軍がノルウェー軍を追いやることができた、

という出来事が関係しています。


別名「刺草」とも呼ばれるように、

実はアザミには葉にも茎にもたくさんのトゲがついているのです。


これを裸足で踏んだら・・・と考えるとぞっとしてしまいますね。



花言葉は、「安心」「復讐」「触れないで」「報復」「孤独」「守護」などですが、

特に「触れないで」は このトゲを見れば納得してしまいます。


ちなみに西洋における花言葉にも、"Independence ( 独立 )" が含まれており、

独立するのかしないのかが話題になっているスコットランドと、ここにも隠れたつながりを感じます。



誕生花は、3/19、4/19、6/29、7/1、7/9、9/14、9/18、9/24、10/20、10/21 です。


アザミという名前は、「あざむ」という言葉が語源になっています。

この言葉は、「驚き呆れる」、「傷つける」を意味しますが、

花を折ろうとするとトゲが刺さって驚いてしまうことからきていると言われています。



たんぽぽのように綿毛のついた実が風に飛ばされることによって繁殖していくこのお花、

開花時期も、たんぽぽより2ヶ月ほど短いものの、

4月〜7月と同じ頃にあたっています。



青森県や長野県などでは、アザミの若芽が、お味噌汁の具などに使われるため、

食用として販売されているようです。



また、アザミは非常に種類の多いお花なのですが、

中でもノアザミなどは、天日乾燥したものが、

解毒・利尿・止血などに効果をもつ漢方として利用されることがあるようです。




トゲの多さから、見つけてもなかなか近寄りがたいかもしれないお花ですが、

お味噌汁でも漢方でも、興味をもった方は是非アザミに「触れて」みて下さい♫


🌸最後までお読みいただき有難うございました🌸

posted by LIFE DECO_aoyama at 16:34| Comment(0) | TrackBack(0) | National Flower [ 国花 ] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする