2015年09月10日

ギリシャ神話にまつわるお花達 ラン編


こんにちは。

今回のギリシャ神話はランのお話です。

蘭といえば、胡蝶蘭やシンビジューム、デンファレ、カトレアなどなどたくさんの種類があります。


蘭は主に熱帯地域に咲くお花で、元気で華やかな印象がありますが、種類や色のバリエーションも多く様々なシーンに合わせて飾られる大変人気のあるお花です。


IMG_3854.jpg


種類によっては、お花屋さんで年中見かけることができます。


ではでは一緒にギリシャ神話、ランの勉強をしていきましょう!!



ギリシャ神話でランはサテュロス と ニンフの息子・オルキスという精霊の生まれ変わりとされています。



オルキスは父親に似て女好きでお酒が大好きで、酒に酔ってはニンフを追いかけまわし、(え!?自分の母親ですけど!)周りにも迷惑がられていました。

そんな折、酒の神ディオニュソスの祝祭日のことでした。

いつものようにお酒を飲みすぎて酔っ払っていたオルキスは女司祭に手をだそうとしたのでした。

もちろんそれを見ていた周りの神々が止めに入ったので女司祭は無事でしたが カンカンに怒った神々は罰としてオルキスをバラバラにして殺してしまったのです。

どんな息子でも自分の子どもはもちろんかわいいもので、オルキスの父サテュロスは息子を救ってもらえるよう天の神々に祈りました。


すると、バラバラの死体が奇妙な形の花に変わりました。

このオルキスが姿を変えたのがランの花になったという事です。


またそれゆえ、この花の根を食べると彼のように淫乱で、粗暴な性格になると伝えられていたようで

そのためか、昔から強壮剤として使われ重宝されたといいます。


最終的にオルキスは美しい姿になって人々を癒し、また↑こうやって人の役に立てているようです。。



ギリシャ神話のランの生い立ちもなんとも面白い、ハチャメチャなお話でした(笑)




ちなみにランの名前の由来を調べてみたら面白かった?のでこれも紹介します。。

ランの英語名「Orchid(オーキッド)」は、ギリシャ語で睾丸を意味する「orchis」が語源となり、ランの塊茎(地中にある茎の一部が養分を蓄え肥大したもの)が睾丸に似ていることに由来しているそうなんです。


ちょっとビックリしました。。


ここまで少し派手?なお話だったので、

気をとりなおして今度はランの中でもランを代表する、女王様的存在の胡蝶蘭を紹介したいと思います


胡蝶蘭は皆さんご存知だと思いますが、一本の茎に左右交互にたくさんのお花つけた、とても高価で大変豪華なお花ですよね!

代表的なものだと、色は白とピンクでしょうか。



胡蝶蘭は学名を「Phalaenopsis aphroditeーファレノプシス アフロディーテ」といいます

ファノレプシスはギリシャ語で”phalaina”(蛾)と”opsis”(ような)を組み合わせた名前で「蛾のような」の意味になります

日本語では蝶が舞っているように見える事からその名の通り、「胡蝶蘭」という名前になったようです。


そしてアフロディーテ、覚えてますか?

そうです。ギリシャ神話のバラ編にも出てきた、美と愛の女神アフロディーテです。


アフロディーテはとても魅力的で誰もが自分の妻にしたいと思うほど美しい女神であったとされています。

そのアフロディーテという名を持つ胡蝶蘭はその美しさがすべての人々に愛され認められていたという事でしょう!


ではでは胡蝶蘭の花言葉を見てみましょう


花言葉は、「幸福がやってくる」「変わらぬ愛」です。


さらに色によっても花言葉があって

白は「清純」

ピンクは「あなたを愛します」です


花言葉からも結婚式にもぴったりなお花ですね。



白い胡蝶蘭は清純なイメージの花嫁にぴったりなのでウェディングブーケによく用いられています。 純真無垢な花嫁を象徴する花として、花嫁の花とも呼ばれるそうですよ!



ピンクの胡蝶蘭はプロポーズにいかがでしょうか?「あなたを愛します♡」

めでたく結婚となれば奥様は結婚式のお色直しにピンクの胡蝶蘭のブーケを、そして旦那様はピンクの胡蝶蘭のブートニアをつけて登場。。。

そして司会の方にこのストーリーを紹介してもらいながらの入場。。



キャー!妄想ですがこんなの素敵すぎます!!

記念日には毎年胡蝶蘭の花が送られて。。。

きっときっと、一生忘れられないお花になることでしょう!!

誰か〜!お願いします!!♡




ということで、今日はギリシャ神話 ラン のお話でした。

次回はまた違うお花を紹介しますね!

最後までお読み頂きありがとうございました。






↑ ↑ ↑

最後まで読んで頂きありがとうございます!

ランキング参加中です。

宜しくお願いします。
posted by LIFE DECO_aoyama at 19:50| Comment(0) | TrackBack(0) | ギリシャ神話とお花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月21日

ギリシャ神話にまつわるお花達  ユリ編

ギリシャ神話にまつわるお花達  ユリ編


こんにちは。

今日は誰もがご存知のお花、ユリのお話です。


お花屋さんでは年中見かける事ができる、凛とした品のある姿が印象的なユリは、とっても甘い匂いに癒されて、しかも長持ちする優秀なお花です!


それでは一緒にギリシャ神話、ユリの勉強をしていきましょう。



gh.jpg



ユリはギリシャ神話の中で英雄"ヘラクレス"の誕生と 女神の最高神"ヘラ”に由来します。

(ヘラクレスは全能の神ゼウスと、人間との間に誕生した半神半人の男です)

浮気者のゼウスは、姉であり、また妻でもある女神の最高神"ヘラ"がいながら、人間アルクメーネの美貌に魅せられて浮気をします。その時このヘラクレスが生まれました。


生まれたヘラクレスを不死身にするには嫉妬深いゼウスの妻ヘラの乳を与えなければいけません。

そこでゼウスはヘラが寝ている間に、ヘラクレスにヘラの乳を飲ませましたが、気付いたヘラは手で払い除けてしまいました。

この時、口からこぼれた母乳が飛び散り天に飛んだものが"天の川"になり、地上にこぼれたのが白いユリの花になったと言われています。



なるほど。。

"天の川"は英語で言うと「ミルキーウェイ」直訳すると「乳の道」。

そういう事だったんですね!


調べると女神の最高神"ヘラ"は嫉妬深い女性という話が多いのですが、ヘラは同時に結婚や家内の安全をつかさどる母なる女神でもあり、 実際にヘラを家の守り神として崇める人は多いとの事です。

ヘラの母乳が永遠の命を授けるという逸話は、彼女が命と子孫を守る神である証。

そしてこのヘラの乳がこぼれて生まれたのがユリ。。なんと神秘的。。


ユリはヘラを象徴する花、ヘラの花とされ、純潔の象徴 

とも言われているそうです。


ユリの花言葉の純潔はどうやらヘラが由来のようですね!

古代ギリシャでユリは貞節と結婚の女神ヘラの花とされていて結婚式では花嫁の頭をユリで飾ったと伝えられています。


更に調べるとヘラは英語ではジュノーと呼ばれるそうで、

これは6月を表す「June」の由来となっているとか。


幸せになれると言う事で人気がある

ジューン・ブライドは、おそらく彼女の役柄からきていると思われるそうです。


ヘラ、すごいです!



ギリシャ神話ユリ編、いかがでしたか??

私も調べていて勉強になりました! ギリシャ神話の神様達、とても人間味があってハチャメチャですが、でも神様だから何をやっても許されてしまうんでしょうね〜

兄弟間での結婚とかビックリです!!でも神様なので。。




ギリシャ神話とは関係ないのですが日本語でユリがなぜユリという名前になったのが気になりました。

由来はユリの形状に由来しているそうです。

ユリは花が大きく、その割に茎が細いです。なので風に吹かれると花がゆさゆさと揺れることから「揺り」これが変化してユリになったそうです。



長文、最後までお読み頂きましてありがとうございます!

次回はまた違うお花の紹介をされて頂きたいと思います!!





↑ ↑ ↑

最後まで読んで頂きありがとうございます!

ランキング参加中です。

宜しくお願いします。
posted by LIFE DECO_aoyama at 19:29| Comment(0) | TrackBack(0) | ギリシャ神話とお花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月17日

ギリシャ神話にまつわるお花達 バラ編

ギリシャ神話にまつわるお花達 バラ編


こんにちは。



皆さんギリシャ神話ご存知だと思いますが、私はあまり詳しくないほうなのでお勉強も兼ね備えて、

このブログで神話にまつわるお花達を紹介していこうと思っています!

一緒に勉強しましょう


まずギリシャ神話とは。

古代ギリシャより語り伝えられる伝承文化で、多くの神々が登場し、人間のように愛憎劇を繰り広げる物語。

現在でも文学・絵画の主題や、星座名、地名として、また心理学の分野でも使用されていて、ギリシャの神々は人間的だと思われています


星座をはじめとして、色んなものの名前がギリシャ神話から由来しているようです!

そしてみなさんが知っている有名なお花達にもギリシャ神話が込められていますよ。


今日はその中でも、花を代表するような花、バラのお話です。

といってもバラの神話はたくさんあります。。


IMG_8591.jpg


美と愛の女神「アフロディーテ」が海から誕生したとき、

アフロディーテは女神たちに飾りたてられオリンポスの神々のところへ連れて行かれ、

大地はそれと同じぐらい美しいものとして、バラの花を作った。


という話や、バラにまつわる話は数多く残っていて

アフロディーテが恋人アドニスを亡くした時に、

我を忘れていばらと白バラの上を駆け抜けたため傷ついた足から流れ出た血がバラを赤く染めたという話や、

悲しみのあまり流した血の涙から赤いバラが生まれたという話などがあります。


またあの有名な絵画「ヴィーナスの誕生」のヴィーナスは、

ギリシャ神話でいうアフロディーテと同一人物でこの絵の中にもバラの花が描かれ、

バラはヴィーナス(=アフロディーテ)を象徴する花とも言われているようです。


これに結びついてバラは 「愛と喜びと美と純潔」 を象徴する花とされ、

これが花嫁が結婚式にバラの花束を持つ風習につながったとされているようです。


また結婚式にもよく使われる白いバラには

「無邪気・清純・純潔、処女、恋の吐息、心からの尊敬、私はあなたにふさわしい」という花言葉があります。


結婚がこれからという方は、バラのブーケ、一押しです!!


IMG_8581.jpg


そして、バラについている棘(とげ)のはじまりは神話によると、こんなストーリーでした。



アフロディーテの息子エロスが、母アフロディーテの大好きなお花、バラを母にプレゼントしようと野原でバラを摘んでいました。

エロスは、あまりの美しさに花びらに口付けしようとバラに顔を近づけました。

と、バラの中に潜んでいた蜜蜂が飛び出し、エロスの唇をチクリと刺したのです。

それを知ったアフロディーテは激怒し、蜜蜂たちを集め、刺した蜂に名乗り出るよう命じました。

そこで一匹の蜜蜂が名乗りでましたが周りがブンブンと飛ぶ音でうるさく、特定できませんでした。

そこで女神は片っ端から蜂をとらえてエロスの弓に数珠つなぎにしました。

それでも女神の怒りはおさまらず、今度はバラにまで八つ当たりし、蜜蜂から針を抜いて、バラの茎にそれを植え付けたのでした。

ということで、それからバラには棘があるようです!



ギリシャ神話の神様方とても人間味があり興味深いですww

ゆっくりペースですが次回はまた違うお花をご紹介しますね!


最後までお読み頂きありがとうございました。







↑ ↑ ↑

最後まで読んで頂きありがとうございます!

ランキング参加中です。

宜しくお願いします。
posted by LIFE DECO_aoyama at 21:45| Comment(0) | TrackBack(0) | ギリシャ神話とお花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする