2019年06月18日

アジサイとガクアジサイ?紫陽花(アジサイ)の種類

6月、梅雨といえばアジサイ。

ということで先日から引き続きアジサイの豆知識です。


hydrangea-02.jpg

アジサイは、咲き始めから先終わりまでで花の色が変化したり、土のPH(酸性、アルカリ性の度合い)で色が変わるため、「七変化(しちへんげ)」「八仙花(はっせんか)」と呼ばれることもあるということは前回お伝えしました。

そして実は「花」だと思っている部分は装飾花(そうしょくか)と呼ばれる飾り花で、花弁に見える部分は「がく」だというご紹介をしました。

今日はその花だと思っていた「装飾化」の部分と「がく」についてです。

hydrangea-07.jpg


アジサイには大きく3つの種類があります

●ホンアジサイ(普通のアジサイ)
●ガクアジサイ
●ヤマアジサイ

●ホンアジサイ(普通のアジサイ)
アジサイといわれてパッと思い浮かべるのはおそらくこの「ホンアジサイ」だと思います。
日本の原種である後述する「ガクアジサイ」をヨーロッパで品種改良したものだといわれています。(逆だという説もあるらしいのですが…)
一般的なまん丸な形をしていて、そのほとんどが「装飾花」でできていて、装飾花をかき分けた根本に小さな実際の花「真花(しんか」」を見つけることができます。

この装飾花がまん丸になっている咲き方を「てまり咲き」と呼びます。
お花屋さんで「ハイドランジア」と呼ばれるのはこの種がほとんどです。

hydrangea-05.jpg


●ガクアジサイ
日本古来の、昔からあるアジサイが「ガクアジサイ」だといわれています。
関東南部の海岸地帯に自生していました。

中央の小さな星屑のような粒々が花(真花)で、そのまわりを3〜4枚の花弁(実際はがく)を付けた装飾花が取り囲んでいる様子が、まるで額のように見えるということで「ガクサジサイ」と呼ばれています。

hydrangea-14.jpg


●ヤマアジサイ
山や沢の周辺に自生する野生種で、ガクアジサイに比べ小型で、枝も細め、葉や花も小さめです。
ガクアジサイとは異なり葉に光沢はなく薄く尖っています。

てまり咲きのホンアジサイと比べると小ぶりでおとなしめですが、可憐でナチュラルな雰囲気が好まれます。

hydrangea-15.jpg


お花屋さんや公園、山の中などで見比べてみると面白いかもしれません。
今がちょうど最盛期のアジサイ、ぜひお散歩がてらいろいろな種類を探してみてください。


hydrangea-13.jpg



さて、ライフデコの紫陽花をつかったアレンジをご紹介します。


二藍 ~ futaai ~

こちらはお届け可能期間が9/1 〜 10/31限定の秋色アジサイを使ったアレンジなので
秋になりましたらまたご紹介しますね。

futaai.jpg



その他、仕入れ状況により入る可能性がある花もご紹介いたします。
tokiwairo.jpg


kurumizome.jpg


sorairo.jpg


SNSも更新中です!!
LIFEDECO ライフデコホームページライフデコfacebookライフデコTwitterライフデコInstagram
にほんブログ村 花・園芸ブログ 花のある暮らしへ にほんブログ村 花・園芸ブログへ

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 青山・表参道・原宿情報へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑

ポチッと応援お願いいたします。

posted by LIFE DECO_aoyama at 07:00| 東京 ☁| Comment(0) | 花の雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月16日

紫陽花(アジサイ)の色の秘密 七変化?八仙花?

昨日は梅雨らしい雨模様でしたが今日は快晴の夏のような日です。

6月、梅雨といえばアジサイ。

漢字で「紫陽花」と書く通り、青みがかった紫色のイメージが強い花ですが、咲き始めから咲き終わりまでで花の色が変化したり、土のPH(酸性、アルカリ性の度合い)で色が変わるため、「七変化(しちへんげ)」「八仙花(はっせんか)」と呼ばれることもあります。

hydrangea-11.jpg


そしてここまで「花」という書き方をしてきましたが、実は花だと思っている部分は「装飾花(そうしょくか)」と呼ばれる飾り花で、花弁に見える部分は「がく」なんです。  (ガクーッ!笑)

花好きの方はご存知かもしれませんね。




土のPHによって
「酸性=青」
「アルカリ性=赤」
「中性=紫」
というように花の色が変わると言われています。
リトマス試験紙とは逆の色なのでややこしい(笑)

hydrangea-06.jpg


品種によって影響が強いものや弱いものがあります。
ちなみに白アジサイは、もともと色の変化を起こす物質を持っていないので、土壌に関係なく白は白なのだそう。


詳しくは以前のblogにも


日本は火山活動により土壌の酸性が多いため青系が多く、一方、欧米ではアルカリ性土壌が多いため、赤やピンクが多いそうです。
アジサイといえば青紫の印象があるのはきっとそのせいですね。

hydrangea-07.jpg


肥料の影響も強いようで、チッソ・リン酸が多いと赤やピンクに、カリウムが多いと青くなると言われています。

hydrangea-02.jpg

街で見るアジサイも、近くに植わっていても色が違ったりしているので、こういった知識が広く知れ渡り、土のPHを調整されているのかもしれませんね。

花言葉は「辛抱強い愛情」「一家団欒」「家族の結びつき」「移り気」など。
最後のちょっとネガティブな花言葉は、アジサイの花の色が変化する様子からつけられたそうです。


アジサイはドライフラワーにもしやすい花なので、風通しの良い場所に飾っていただくときれいにドライになりますのでぜひお試しください。


さて、ライフデコの紫陽花をつかったアレンジをご紹介します。


二藍 ~ futaai ~

こちらはお届け可能期間が9/1 〜 10/31限定の
秋色アジサイを使ったアレンジなので
秋になりましたらまたご紹介しますね。

futaai.jpg


その他、仕入れ状況により入る可能性がある花もご紹介いたします。
tokiwairo.jpg



kurumizome.jpg




sorairo.jpg




新規会員登録で300ポイントプレゼントキャンペーンも実施中!!!
まずは会員登録をして300ポイントを受け取ります。
そのあとお買い物をすると、はじめてのお買い物でも受け取った300ポイントを使用することができます。
この機会にぜひ!

SNSも更新中です!!
LIFEDECO ライフデコホームページライフデコfacebookライフデコTwitterライフデコInstagram
にほんブログ村 花・園芸ブログ 花のある暮らしへ にほんブログ村 花・園芸ブログへ

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 青山・表参道・原宿情報へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑

ポチッと応援お願いいたします。
posted by LIFE DECO_aoyama at 16:30| 東京 ☁| Comment(0) | 花の雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月04日

お悔やみ・お供えのお花を送る際のマナー 忌明け法要後に送るお花編

こんにちは。

東京は桜が満開です。

今朝は、大きな満開の桜の下で、ピカピカのランドセルを背負っておめかしした新一年生らしき男の子が撮影をしていました。
桜吹雪が舞う中、得意げな顔で写真に写っていました。

入学式には早そうなので前撮りでしょうか?桜満開でお天気の良い朝でしたのできっとかわいい写真が撮れているんだろうなー。と微笑ましい気持ちになりました。

その後その男の子は滑り台に向かって走り出したため、お母さんが「その恰好で滑らないでーーー!!」と絶叫していました。入学式前の一張羅ですもんね!!(笑)

tougyoku.jpg


さて、本日は「お悔やみ・お供えのお花を送る際のマナー」の3回目、祥月命日・月命日に送るお供え花編です。

毎年一度の、故人の亡くなった月日を「祥月命日(しょうつきめいにち)」といいます。
そして、毎月訪れるご命日と同じ日を「月命日」と呼びます。

命日には、お花をお供えし、故人を偲びご冥福をお祈りします。

特に祥月命日は年忌法要にあたる年でなくてもお墓参りやお供えなどで供養しご冥福をお祈りする方も多いのではないでしょうか。

命日に合わせお花をいただくことは、ご遺族にとっても嬉しい心遣いですので、季節のご挨拶もかね、ご供花をお送りしてみてはいかがでしょうか。

月日が経っている場合は、ご遺族の心に寄り添い和むような、淡いピンク、ブルー、紫など淡く明るいお花を送るのもお勧めです。

ご遺族がの心が癒されるようなお花であればお気持ちは十分に伝わります。
故人が好きだった色や明るく華やかな色などをお選びください。


柔らかな黄色に淡い色合いを合わせた上品で落ち着いたアレンジメント
tankou.jpg



心が休まるような優しい色合いのアレンジメント
sango.jpg



癒しのグリーングラデーションのシンプルな花束
soushoku.jpg



お供え花は、故人を偲び、生前の感謝の気持ちを伝えるとともに、残された方の悲しみを慰めるものです。
故人のご冥福を祈り、またご遺族のお気持ちをお慰めするよう心をこめてご用意します。

宗教や地域のしきたりにより、お供えのお花やスタイルが異なることがございますので、ご心配ごとがございましたらお気軽にお問い合わせください。


SNSも更新中です!!
LIFEDECO ライフデコホームページライフデコfacebookライフデコTwitterライフデコInstagram
にほんブログ村 花・園芸ブログ 花のある暮らしへ にほんブログ村 花・園芸ブログへ

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 青山・表参道・原宿情報へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑

ポチッと応援お願いいたします。
posted by LIFE DECO_aoyama at 19:00| 東京 ☀| Comment(0) | 花の雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月02日

お悔やみ・お供えのお花を送る際のマナー「忌明け法要後に送るお花」編

おはようございます。

新元号発表されましたね!

「令和」

万葉集の梅の花の歌から引用されたそうです。
32首序
<初春の令月にして、気淑く風和ぎ、梅は鏡前の粉を披き、蘭は珮後の香を薫す>

春を楽しむ風景から生まれた情緒豊かな美しい歌です。
花の歌ということで花屋としてはなんとなく嬉しいです!

5月1日からは「令和」

仕事柄、元号はあまり使用しないので何か直接的に大きく変わるわけではないのですが、やはり新しい時代がスタート!という気持ちにはなります。
平成もラスト一か月、何か記念に残るようなことをしてみるのもいいかもしれません。


さて、本日は「お悔やみ・お供えのお花を送る際のマナー」の2回目、忌明け法要後に送るお供え花編です。

忌明け(三十五日または四十九日)の法要が過ぎてからお花をお送りする際には、ご遺族の気持ちを癒す意味も込め、淡く優しい色目のお花をお入れしたアレンジメントをおすすめいたします。

ただし、一周忌までは、「白上がり」という色のあるお花を入れずに白基調で仕上げるお花を送るのがマナーとされることもありますので、送る先のご家族の様子や、亡くなった方との関係性などに合わせてお花をお選びください。

お供え花は、故人を偲び、生前の感謝の気持ちを伝えるとともに、残された方の悲しみを慰めるものです。

故人のご冥福を祈り、またご遺族のお気持ちをお慰めするよう心をこめてご用意します。

ご遺族は忌明けの法要がひと段落されたとしても、落ち着かない日々を過ごされています。そのため、形は花器付きの「アレンジメント」がおすすめです。
花器の準備や水替えのお手間などをかけることなく、そのままお供えしていただけますので、お心遣いのお花としておすすめしています。



純白の可憐な花々をホワイトバスケットにふんわりアレンジ



心が休まるような優しい色合いのアレンジメント



優しい色合いのピンク系ローズギフト




宗教や地域のしきたりにより、お供えのお花やスタイルが異なることがございますので、ご心配ごとがございましたらお気軽にお問い合わせください。

長くなってしまったので次回に続きます。
次回は「祥月命日・月命日に送るお供え花」です。



SNSも更新中です!!
LIFEDECO ライフデコホームページライフデコfacebookライフデコTwitterライフデコInstagram
にほんブログ村 花・園芸ブログ 花のある暮らしへ にほんブログ村 花・園芸ブログへ

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 青山・表参道・原宿情報へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑

ポチッと応援お願いいたします。
posted by LIFE DECO_aoyama at 07:00| 東京 ☁| Comment(0) | 花の雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月28日

桜情報とお悔やみ・お供えのお花を送る際のマナー

こんにちは。
東京ではまもなく桜が満開です。

明日が満開予定でしたが思ったよりも気温が上がらず…どうなるでしょうか?
ということで今日は千鳥ヶ淵と靖国神社のさくらをちらっと見てきました。
5分〜8分咲きというところでしょうか。
chidori01.jpg

木によっては満開近くまで咲いていましたが、桜のトンネルまでにはもうちょっとでした。週末はちょうど満開かもしれませんね!
chidori02.jpg

千鳥ヶ淵緑道は桜以外にも様々な植物が植わっています。そして満開になるとすごく混みます!(笑)
chidori03.jpg

2019年3月27日(水)〜4月7日(日)はさくらまつりが開催され夜桜のLEDライトアップや、お濠の水上より夜桜を堪能できるレンタルボート夜間特別営業などが実施されます。靖國神社では出店が立ち並びとても賑わいます。
chidori04.jpg
今日は出店も準備中。
週末は少し寒いみたいなので、暖かい格好でお花見を楽しんでください♪




さて、本日は「お悔やみ・お供えのお花を送る際のマナー」についてです。

お供え花は、故人を偲び、生前の感謝の気持ちを伝えるとともに、残された方の悲しみを慰めるものです。
故人のご冥福を祈り、またご遺族のお気持ちをお慰めするよう心をこめてご用意します。

急な訃報に慌てたり、法事や命日にお送りするお花について迷ったりすることがあるかと思います。
基本的なマナーはおさえつつ、送る先のご家族の様子や、亡くなった方との関係性、送るタイミングなどに合わせてお花をお選びください。

まずは、四十九日までのお花
ご霊前、枕花、お悔やみなど、四十九日までは白いお花をお供えするのが一般的です。

ご遺族は葬儀や弔問客のご対応、その他様々な手続きで忙しい日々を過ごされています。そのため、形は「アレンジメント」がおすすめです。
アレンジメントは花器付きなので、花器の準備や水替えのお手間などをかけることなく、そのままお供えしていただけますので、お心遣いのお花としておすすめしています。



純白のユリをメインに、少しだけ優しい色を添えたアレンジメント
kahaku.jpg



親しい間柄で、ご遺族からもご理解いただけるようであれば、故人の好きなお花や色でお贈りしたり、故人がお若い方やお子様の場合はやさしい色合いが喜ばれます。


少しエレガントでシャビーシックなアレンジメント


優しい色合いのピンク系ローズギフト


宗教や地域のしきたりにより、お悔やみの花や供花に用いるお花やスタイルが異なることがございますので、ご心配ごとがありましたらお気軽にお問い合わせください。

長くなってしまったので次回に続きます。
次回は「忌明け法要後に送るお供え花」です。


SNSも更新中です!!
LIFEDECO ライフデコホームページライフデコfacebookライフデコTwitterライフデコInstagram
にほんブログ村 花・園芸ブログ 花のある暮らしへ にほんブログ村 花・園芸ブログへ

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 青山・表参道・原宿情報へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑

ポチッと応援お願いいたします。
posted by LIFE DECO_aoyama at 18:00| 東京 🌁| Comment(0) | 花の雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月07日

ラナンキュラスとバラって似ていませんか?見分け方を解説!

こんにちは。

今日はまたもや暖かい春の陽気ですね☀
東京はコートを脱いで歩けるくらいの気温でした。

でもたま週末は荒れ模様…関東でも雪が降るかもって 言ってました⛄

北海道では明日は最高気温も−10℃を下回るようですね。めちゃ寒!
北海道や寒い地方にお住まいのみなさまお気をつけください❅!


さて先日立春を迎え、お花の市場では春の花が最盛期!
春の花の代表格といえば『ラナンキュラス』

ころんとしたシルエットと幾重にも重なる花びらが美しいラナンキュラスを使ったフラワーギフトはライフデコでも人気です。


ところで、ラナンキュラスとバラって似ていませんか?

(お花に詳しい方は「全然違う!」と思うかもしれませんが…)


私は「ラナンキュラス」と「カップ咲きのバラ」似てる!

と思ったことがあります。


今日はその見分け方について解説してみたいと思います。


カップ咲きのバラとは、花びらが外側に向かず、内側に向かってカーブしていて、花を横から見るとカップのようになるタイプの形のバラです。
特にラナンキュラスと似ているのが「ディープ・カップ咲き」と言われる花びらの立ち上がりが高く深いカップのタイプです。

rose.jpg


写真のラナンキュラスのような、八重咲でころんとまあるい形のタイプは「バラのような咲き方」と表現されることもあり、写真で見比べてもやっぱりちょっと似ています。

yurushi.jpg



そんなラナンキュラスとバラですが、見分け方として一番簡単なのは「とげ」があるかないかです。


ラナンキュラスにはとげがありませんが、バラにはとげがあります。


でもお花屋さんで売っている場合は、基本的にとげの処理をしているのでバラでもとげがありません。

その場合は、茎と葉を見てみてください。


ラナンキュラスは草本(そうほん)=草です。
そのため、茎部分は産毛がありバラよりも色が薄いです。

それに対してバラは木本(もくほん)=「木」です。
そのため、茎部分は枝なのでつるつるなんです。




あとは、葉っぱの形とついているかついていないかを確認してみてください。


ラナンキュラス葉っぱが「カエルの足」のような形をしていています。
でも、草なので地面に近い部分に葉が生えていてそこから茎が伸びて花をつけるため、切り花として売られるときには葉っぱがついていないことが多いです。


ちなみに、ラナンキュラスの名前の由来はラテン語の「rana (カエル)」 で、葉っぱが「カエルの足」に似ていることと、湿地帯に生息することが由来だといわれています。


一方バラは絵にかくようないわゆる葉っぱ型の葉で、枝なので花の近くにも葉っぱが生えています。


機会があればぜひ見比べてみてください。
ほほーう!と思っていただけると思います😃

ということで、ラナンキュラスの美しいフラワーギフトとバラのフラワーギフトをご紹介します。



ラナンキュラスのフラワーギフト


ラナンキュラスだけを贅沢に束ねたブーケ。柔らかい花びらが幾重にも重なった美しいグラデーションに魅了されるかわいらしい淡ピンクの花束。

yurushiiro.jpg



ラナンキュラスをメインにシルバー系のグリーンを合わせました。大人っぽいピンクの花束はいろいろなご用途に使いやすい仕上がりです。
rana-tokiiro.jpg



バラのフラワーギフト



優しい色合いのバラを集めたアレンジメント。ふんわりとした癒しの色合わせです。

rose-sango.jpg



大人気のピンクベージュのバラを数種ミックスし季節のお花を添えてアレンジ。
可愛すぎない絶妙な色合わせの華やかなアレンジはため息がでるほどの美しさ。
kurumi.jpg


 それでは、寒さに負けず穏やかな3連休をお過ごしください!

posted by LIFE DECO_aoyama at 17:00| 東京 ☀| Comment(0) | 花の雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月17日

【実践編】お花を長く美しく保つために

こんにちは。

前回のblogで、正しくお手入れをしていただければ、夏なら4日〜1週間、それ以外の季節なら1週間〜2週間程もちますとお伝えしました。

切り花をそんなに長く楽しんだことがない!泣

という方も多いようなので、より長く美しくお花を楽しんでいただけるよう、お手入れ方法をご紹介します。




前回はお花が弱ってしまう主な原因は3つという話をしました。

原因1.水不足
原因2.雑菌の繁殖
原因3.飾る場所が適さない

前回blog「お花を長く美しく保つために」
http://lifedeco2008.seesaa.net/article/blog20190115.html

それでは具体的にどういったお手入れをすればいいのかをご紹介します!


【花束】

<お花が届いたらすること>

1.ラッピング材と保水材を外し、茎に残った保水材を洗い流します。

2.花瓶に入れた際に水に浸かりそうな葉を取り除きます。

3.綺麗に洗った花瓶に、水と切り花用の栄養剤を入れます。
  ※バラの場合は多めに水を入れてあげるのがポイント。ガーベラやカラーなどは茎が痛みやすいので水は浅めにします。
  ※少しのフロストシュガーと塩素系漂白剤1滴をお水に混ぜれば栄養剤の代用になります。

4.よく切れるハサミで、茎を2〜3cmほど斜めに切り、切り口を新鮮にして花瓶に活けます。

5.直射日光やエアコンの風を避けてお飾りください。

02.jpg


<毎日のお手入れ方法>

1.花びらの色が変わったりしおれたりした部分や、枯れた葉は取り除きます。

2.花瓶を中性洗剤でしっかり洗います。

3.茎の部分にも汚れやぬめりがでますので洗い流します。

4.茎の根元を少しずつ切り戻しをします(1cm程度)。もし変色したりやわらかくなっていたらその部分は切り落とします。

水替えはなるべく頻繁にしていただくほうが良いです。
特に夏は雑菌が繁殖しやすいのでこまめに替えてください。

yurushi.jpg



【アレンジメント】
アレンジメントのお花は、器の中にの吸水スポンジに挿してあります。

この吸水スポンジはいちど乾いてしまうと水を吸わなくなりますので、乾かないようにお気をつけください。

<お花が届いたらすること>

1.ラッピングを外します。

2.花を優しくかき分け、お水を8分目まで入れます。
  吸水スポンジに水が染み込む速度はゆっくりです。あふれないよう少しずつ様子を見ながら水を入れてください。

3.直射日光やエアコンの風を避けてお飾りください。

arrange.jpg



<毎日のお手入れ方法>
1.花びらの色が変わったりしおれたりした部分や、枯れた葉は取り除きます。

2.花を優しくかき分け、お水を8分目まで入れます。
  吸水スポンジに水が染み込む速度はゆっくりです。あふれないよう少しずつ様子を見ながら水を入れてください。

3.お花がくたびれてきたら、茎を切り戻し、リアレンジしてお楽しみください。

arrange02.jpg



ちなみに、ライフデコでは「フローラライフ」という切花鮮度保持剤を使用してよりきれいに長くお花を楽しんでいただけるよう下処理をしています。
もちろんご自宅でのお手入れにもご利用いただけます!


floralife.jpg


フローラライフってなに??
http://www.lifedeco-flowerworks.co.jp/contents/


ちょっとだけ手をかけてお手入れしていただくことで
花を長く美しく保つことができるので
ぜひ実践して花のある生活を楽しんでくださいね。




インスタグラムも配信中です!!
LIFEDECO ライフデコホームページライフデコfacebookライフデコTwitterライフデコInstagram


↑ ↑ ↑
ポチッとありがとうございます。
posted by LIFE DECO_aoyama at 18:00| 東京 ☀| Comment(0) | 花の雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする