2019年02月07日

ラナンキュラスとバラって似ていませんか?見分け方を解説!

こんにちは。

今日はまたもや暖かい春の陽気ですね☀
東京はコートを脱いで歩けるくらいの気温でした。

でもたま週末は荒れ模様…関東でも雪が降るかもって 言ってました⛄

北海道では明日は最高気温も−10℃を下回るようですね。めちゃ寒!
北海道や寒い地方にお住まいのみなさまお気をつけください❅!


さて先日立春を迎え、お花の市場では春の花が最盛期!
春の花の代表格といえば『ラナンキュラス』

ころんとしたシルエットと幾重にも重なる花びらが美しいラナンキュラスを使ったフラワーギフトはライフデコでも人気です。


ところで、ラナンキュラスとバラって似ていませんか?

(お花に詳しい方は「全然違う!」と思うかもしれませんが…)


私は「ラナンキュラス」と「カップ咲きのバラ」似てる!

と思ったことがあります。


今日はその見分け方について解説してみたいと思います。


カップ咲きのバラとは、花びらが外側に向かず、内側に向かってカーブしていて、花を横から見るとカップのようになるタイプの形のバラです。
特にラナンキュラスと似ているのが「ディープ・カップ咲き」と言われる花びらの立ち上がりが高く深いカップのタイプです。

rose.jpg


写真のラナンキュラスのような、八重咲でころんとまあるい形のタイプは「バラのような咲き方」と表現されることもあり、写真で見比べてもやっぱりちょっと似ています。

yurushi.jpg



そんなラナンキュラスとバラですが、見分け方として一番簡単なのは「とげ」があるかないかです。


ラナンキュラスにはとげがありませんが、バラにはとげがあります。


でもお花屋さんで売っている場合は、基本的にとげの処理をしているのでバラでもとげがありません。

その場合は、茎と葉を見てみてください。


ラナンキュラスは草本(そうほん)=草です。
そのため、茎部分は産毛がありバラよりも色が薄いです。

それに対してバラは木本(もくほん)=「木」です。
そのため、茎部分は枝なのでつるつるなんです。




あとは、葉っぱの形とついているかついていないかを確認してみてください。


ラナンキュラス葉っぱが「カエルの足」のような形をしていています。
でも、草なので地面に近い部分に葉が生えていてそこから茎が伸びて花をつけるため、切り花として売られるときには葉っぱがついていないことが多いです。


ちなみに、ラナンキュラスの名前の由来はラテン語の「rana (カエル)」 で、葉っぱが「カエルの足」に似ていることと、湿地帯に生息することが由来だといわれています。


一方バラは絵にかくようないわゆる葉っぱ型の葉で、枝なので花の近くにも葉っぱが生えています。


機会があればぜひ見比べてみてください。
ほほーう!と思っていただけると思います😃

ということで、ラナンキュラスの美しいフラワーギフトとバラのフラワーギフトをご紹介します。



ラナンキュラスのフラワーギフト


ラナンキュラスだけを贅沢に束ねたブーケ。柔らかい花びらが幾重にも重なった美しいグラデーションに魅了されるかわいらしい淡ピンクの花束。

yurushiiro.jpg



ラナンキュラスをメインにシルバー系のグリーンを合わせました。大人っぽいピンクの花束はいろいろなご用途に使いやすい仕上がりです。
rana-tokiiro.jpg



バラのフラワーギフト



優しい色合いのバラを集めたアレンジメント。ふんわりとした癒しの色合わせです。

rose-sango.jpg



大人気のピンクベージュのバラを数種ミックスし季節のお花を添えてアレンジ。
可愛すぎない絶妙な色合わせの華やかなアレンジはため息がでるほどの美しさ。
kurumi.jpg


 それでは、寒さに負けず穏やかな3連休をお過ごしください!

posted by LIFE DECO_aoyama at 17:00| 東京 ☀| Comment(0) | 切花の雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月17日

【実践編】お花を長く美しく保つために

こんにちは。

前回のblogで、正しくお手入れをしていただければ、夏なら4日〜1週間、それ以外の季節なら1週間〜2週間程もちますとお伝えしました。

切り花をそんなに長く楽しんだことがない!泣

という方も多いようなので、より長く美しくお花を楽しんでいただけるよう、お手入れ方法をご紹介します。




前回はお花が弱ってしまう主な原因は3つという話をしました。

原因1.水不足
原因2.雑菌の繁殖
原因3.飾る場所が適さない

前回blog「お花を長く美しく保つために」
http://lifedeco2008.seesaa.net/article/blog20190115.html

それでは具体的にどういったお手入れをすればいいのかをご紹介します!


【花束】

<お花が届いたらすること>

1.ラッピング材と保水材を外し、茎に残った保水材を洗い流します。

2.花瓶に入れた際に水に浸かりそうな葉を取り除きます。

3.綺麗に洗った花瓶に、水と切り花用の栄養剤を入れます。
  ※バラの場合は多めに水を入れてあげるのがポイント。ガーベラやカラーなどは茎が痛みやすいので水は浅めにします。
  ※少しのフロストシュガーと塩素系漂白剤1滴をお水に混ぜれば栄養剤の代用になります。

4.よく切れるハサミで、茎を2〜3cmほど斜めに切り、切り口を新鮮にして花瓶に活けます。

5.直射日光やエアコンの風を避けてお飾りください。

02.jpg


<毎日のお手入れ方法>

1.花びらの色が変わったりしおれたりした部分や、枯れた葉は取り除きます。

2.花瓶を中性洗剤でしっかり洗います。

3.茎の部分にも汚れやぬめりがでますので洗い流します。

4.茎の根元を少しずつ切り戻しをします(1cm程度)。もし変色したりやわらかくなっていたらその部分は切り落とします。

水替えはなるべく頻繁にしていただくほうが良いです。
特に夏は雑菌が繁殖しやすいのでこまめに替えてください。

yurushi.jpg



【アレンジメント】
アレンジメントのお花は、器の中にの吸水スポンジに挿してあります。

この吸水スポンジはいちど乾いてしまうと水を吸わなくなりますので、乾かないようにお気をつけください。

<お花が届いたらすること>

1.ラッピングを外します。

2.花を優しくかき分け、お水を8分目まで入れます。
  吸水スポンジに水が染み込む速度はゆっくりです。あふれないよう少しずつ様子を見ながら水を入れてください。

3.直射日光やエアコンの風を避けてお飾りください。

arrange.jpg



<毎日のお手入れ方法>
1.花びらの色が変わったりしおれたりした部分や、枯れた葉は取り除きます。

2.花を優しくかき分け、お水を8分目まで入れます。
  吸水スポンジに水が染み込む速度はゆっくりです。あふれないよう少しずつ様子を見ながら水を入れてください。

3.お花がくたびれてきたら、茎を切り戻し、リアレンジしてお楽しみください。

arrange02.jpg



ちなみに、ライフデコでは「フローラライフ」という切花鮮度保持剤を使用してよりきれいに長くお花を楽しんでいただけるよう下処理をしています。
もちろんご自宅でのお手入れにもご利用いただけます!


floralife.jpg


フローラライフってなに??
http://www.lifedeco-flowerworks.co.jp/contents/


ちょっとだけ手をかけてお手入れしていただくことで
花を長く美しく保つことができるので
ぜひ実践して花のある生活を楽しんでくださいね。




インスタグラムも配信中です!!
LIFEDECO ライフデコホームページライフデコfacebookライフデコTwitterライフデコInstagram


↑ ↑ ↑
ポチッとありがとうございます。
posted by LIFE DECO_aoyama at 18:00| 東京 ☀| Comment(0) | 切花の雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月15日

お花を長く美しく保つために

こんにちは。

成人式は全国的に良いお天気でよかったですね☀
新成人の皆さま、おめでとうございます。
晴れ着姿の新成人の方を見かけると、うん十年前の自身の成人式を思い出します。。良き思い出です。。


さて本日は、お花を美しく長く保つための
お手入れ方法をご紹介します✨

正しくお手入れをしていただければ、夏なら4日〜1週間、それ以外の季節なら1週間〜2週間程もちます。
切り花をそんなに長く楽しんだことがない!という方も多いようなので、お手入れ方法を実践していただき、より長く美しくお花を楽しんでください🌹


yurushi.jpg



まず、お花が弱ってしまう主な原因は3つ!


原因1.水不足
切り花も生きているので、葉や花から水分が蒸発します。茎からの水の吸い上げが蒸発量を賄えない場合に水不足となりお花がしおれる原因となります。

切り花がしっかり水を吸い上げることが出来ず、花が下を向いてクタッとしてしまう状態のことを、『水が下がった』といいます。この状態を解消してあげることでお花の寿命が延びます。

そのために重要なことが、水の吸い上げ口を綺麗に広げて整えてあげることです。
水を十分に吸い上げることができれば、しおれかけたお花も生き生きと復活させることができます。
そうやって切り花に水を再び吸わせてあげることを『水揚げ(水上げ)』といいます。

水揚げは切れ味の良いハサミで行いましょう。切れ味の悪いハサミを使うと水や栄養を吸い上げる導管が潰れてしまい、水を吸い上げにくくなってしまいます。


01.jpg


原因2.雑菌の繁殖
水は放置しておくと雑菌が増えていきます。

また、茎の切り口も雑菌やカビが繁殖しやすいため、放置してしまうとより水中の雑菌が増え、その水を切り花が吸い込むと、水や栄養を吸い上げる導管をふさいでしまいしおれてしまいます。

02.jpg

水替えの際は、花瓶をスポンジを使用して中性洗剤でしっかり洗いましょう。茎の部分に汚れやぬめりがでていたらそちらもよく洗い流します。

ハサミもしっかり消毒しておくと切った際に茎につく雑菌を抑えられます。


原因3.飾る場所が適さない
直射日光やエアコンや扇風機などの風が当たる場所や、高温多湿の場所はお花が傷みやすくなってしまいます。

室温が低めで直射日光の当たらない風通しの良いところに置いてあげるのが良いです。

切り花も生きているのでずっと明るい場所に置いておくのも実はよくありません。葉は暗くなると裏の気孔が閉じて水分の蒸発が止まります。そうすることで日中蒸発した水分を回復させます。

04.jpg



そろそろ長くなってしまったので
具体的なお手入れ方法は次回お知らせいたします!




ということで、2月はラナンキュラスが最盛期!!

贅沢に一種類のみで仕上げました。

yurushi.jpg





インスタグラムも配信中です!!
LIFEDECO ライフデコホームページライフデコfacebookライフデコTwitterライフデコInstagram


↑ ↑ ↑
ポチッとありがとうございます。

posted by LIFE DECO_aoyama at 07:00| 東京 ☀| Comment(0) | 切花の雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月13日

変わり咲き!!ラナンキュラス「モロッコシリーズ」アレンジメント


こんにちは。


明日はバレンタインですね!

チョコレートやお花の贈り物の準備はバッチリですか?

まだの方は「遅れてごめんねバレンタイン」のご相談お待ちしております!(笑)



さて、本日は春の代表的なお花「ラナンキュラス」のご紹介です。



【ラナンキュラス】

科・属名:キンポウゲ科・キンポウゲ属
原産地:ヨーロッパ東南部から中近東


ラナンキュラスは球根植物です。




よく見かけるラナンキュラスは柔らかい花びらが幾重にも重なったものを思い浮かべる方が多いかと思いますが、ラナンキュラスはお花のなかでもとても品種が多くたくさんのシリーズがあります。

IMG_4709.jpg


今回は王道!!ではなく・・・



人気の変わり咲き「モロッコシリーズ」を紹介します。


IMG_4305.jpg


よく見るラナンキュラスとは違ってまず、花芯がブラックです!!


そして、縮れたような細かい花びら。


エキゾチックな色が多くとても個性的です。


IMG_4316.jpg


モロッコシリーズは少し小ぶりですが1輪だけでも十分存在感を発揮するお花です。



ラナンキュラスなのでもちろん花もちも抜群に良く、アレンジメントのアクセントにも活躍してくれます。


IMG_4314.jpg


ライフデコがモロッコシリーズをアレンジするとこんな感じになります!


IMG_3637.jpg

IMG_1854.jpg



1、2輪入るだけで異国情緒あふれる情熱的なアレンジメントになりますね!



砂漠の灼熱のなかに凛と咲くような美しいラナンキュラスです。



IMG_4292.jpg


変わり種ですが、少しこだわったアレンジメントにオススメです!











3_000000000646.jpg











インスタグラム、ツイッターも配信中です!!

ライフデコオンラインショップLIFEDECO ライフデコホームページライフデコfacebookライフデコTwitterライフデコInstagram



↑ ↑ ↑

ボチッとありがとうございます。
posted by LIFE DECO_aoyama at 14:29| 東京 ☀| Comment(0) | 切花の雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月28日

【秋の行事】1年で1番美しい月、中秋の名月


おはようございます。


先日のブログで金木犀の香りにはダイエット効果があるとふれましたが、実は金木犀の他に銀木犀もあるというのはご存知ですか?


金木犀は銀木犀の変種と言われています。


オレンジの花を咲かせるのが金木犀。


白い花を咲かせるのが銀木犀。


香りはオレンジの方が強く白が弱いのが特徴です。



少し話が脱線しましたが、日が落ちるのがだんだんと早くなり秋の入り口に入りましたね!!


今日は、季節の行事「中秋の名月」のお話です。

IMG_9410.jpg

中秋の名月とは?

十五夜を中秋の名月といいます。

また、十五夜といえばお月見をするのが習わしです。


2017年は10月4日です。

IMG_7690.jpg

何をするの?

収穫に感謝するお祭りです。

月見だんご、里芋やさつまいもをお供えしススキを飾りお月見をします。



【1年で1番美しい月】

ひときわ美しいと言われている中秋の名月ですが、必ずしも満月になるとは限らないのです。


今年の中秋の名月は満月が翌々日なので少し欠けた状態となりそうです。



【3月見】

十五夜の他に十三夜、十日夜があるのはご存知でしょうか。



・十三夜

十五夜から約1ヶ月後の旧暦9月13日のお月見のことです。

十五夜または十三夜のどちらか一方のお月見しかしないことを「片見月」と呼び縁起が悪いといわれています。

また、十五夜に次いで美しい月だと言われています。



・十日夜

秋の収穫を祝って旧暦の10月10日に行われる行事。

十日夜は主に関東地方で行われる風習だそうです。



十五夜、十三夜、十日夜 全ての月を見ると縁起が良いと言われています!!


IMG_7910.jpg

お月見にすすきを飾ろう

お月見のすすきの飾り方に決まりはありません。


すすきと共に秋の七草や季節の草花、マムなどを一緒に添えてもステキです!!


思い切ってパンパス(西洋ススキ)を大胆に生けてみるのも良いかもしれませんね。




すすきの花言葉 活力、生命力。

9月15日の誕生花です。


IMG_8917.jpg





澄み渡る藍色の空に浮かぶ月を見上げ、お供えものと秋の草花でゆったりと贅沢なひとときを過ごすのも良いですね!





ドライフラワーを使ったスワッグやリースをご用意しております。



6_000000000728.jpg





ライフデコオンラインショップでお待ちしております。





インスタグラム、ツイッターも配信中です!!

ライフデコオンラインショップLIFEDECO ライフデコホームページライフデコfacebookライフデコTwitterライフデコInstagram



↑ ↑ ↑

ボチッとありがとうございます。
posted by LIFE DECO_aoyama at 06:00| 東京 ☁| Comment(0) | 切花の雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月21日

【秋の気配】秋の七草は食べられない?!


こんにちは。


だんだんと日が落ちるのが早くなり、秋の訪れを感じるようになってきましたね。

IMG_1365.jpg


皆さんは、「食欲の秋」「読書の秋」「スポーツの秋」・・・


どんな秋にしたいですか?



私は何年か振りに図書カードを作ってきたので気持ちだけは読書の秋です!!笑



さて、【春の七草】は有名ですが秋にも七草があるのをご存知でしょうか??



春の七草のおさらい

1年の無病息災を願って1月7日に七草粥を食べます。


先日ブログでもご紹介した【重陽の節句】と同じ、「五節句」のひとつですね。


春の七草
  1. 芹   セリ
  2. 薺   ナズナ
  3. 御形  ゴギョウ
  4. 繁縷  ハコベラ
  5. 仏の座 ホトケノザ
  6. 菘   スズナ
  7. 蘿蔔  スズシロ



秋の七草とは・・・?

秋の七草は秋を代表とする草花を鑑賞して楽しむものです。


残念ながら、タイトルで申し上げました通り食べられません。


秋にも七草があるというのは意外と知られていないのでご存知ない方もいらっしゃるかもしれませんね。





奈良時代の歌人、山上憶良(やまのうえのおくら)が万葉集で詠んだ歌が由来と言われています。




秋の七草
  1. 萩   ハギ
  2. 桔梗  キキョウ
  3. 葛   クズ
  4. 藤袴  フジバカマ
  5. 女郎花 オミナエシ
  6. 尾花  オバナ(ススキ)
  7. 撫子  ナデシコ



春の七草は無病息災を願い食べるもの。

秋の七草は秋の風情を見て楽しむもの。



秋の七草はどことなくどこかで見たことがあったりお花屋さんで見かけたことがあったりしませんか。




秋を感じる花をさりげなく贈る。

そんなお手伝いをライフデコもさせていただいております。


秋だから草花を使ったギフト特集



壁に吊るしたり、テーブルに置いたりお気に入りの場所に飾ってください。





2_000000000712.jpg



秋の気配を忍ばせたリース!!上質なドライフラワーでお届けいたします。





8_000000000770.jpg



秋の実物アレンジ。水がいらないので手の届きにくい場所にもOK!





他にもたくさんご用意しております!!





心よりお待ちしております。


IMG_9529.jpeg

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
インスタグラム、ツイッターも配信中です!!

ライフデコオンラインショップLIFEDECO ライフデコホームページライフデコfacebookライフデコTwitterライフデコInstagram



↑ ↑ ↑

ボチッとありがとうございます。
posted by LIFE DECO_aoyama at 12:25| 東京 ☀| Comment(0) | 切花の雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月03日

気軽にお花を楽しみましょう!!!

あっという間に2月に入ってしまいましたね。
風が強かったり寒い日もあったりまだまだ室内で過ごすことが多い季節ですね。

今日は、寒い季節にご自宅で気軽にお花を楽しんでいただけるようにちょっとしたお花の楽しみ方の御紹介です。

今の季節のお花と言いますと春のお花。
ラナンキュラスやスイートピー、あとは春だなと感じるのが球根系のお花。
チューリップやヒヤシンス、ムスカリ、、、、
そんな球根系のお花を気軽に楽しんでいただけるワンポイントの御紹介です。

このシーズン、近所のお花やさんに足を運んで頂くと球根がついたままのチューリップやムスカリなどが店頭に並んでいたりします。
チューリップちょっと買っても寂しい雰囲気かもしれませんが球根の根付きのお花をガラスのシリンダーや小さい器などにちょこっと飾っていただくと可愛いですよ。
写真は、根付きのムスカリです。

ガラスの器にお花を活けていると水が濁ってるのがすぐに気になったりとかしませんか?
ちょっと面倒くさがりやさんにはいいかもです。笑
根っこがついてるのではじめからちょっと水は濁ってしまいますので多少濁り始めても気にならなかったりしますよ。笑

IMG_3747.jpg

IMG_3748.jpg



ご自宅にありそうの小さなコップにちょこんと活けてみたり。

IMG_3760.jpg

球根系の植物の特徴なのですが、根っこがなくなってもすくすくと伸びんるんですよ。
その中でも著しく成長するのがチューリップ。
なのでチュリープは2度楽しめるんですよ!!!
もちろんチュリーップの種類にもよりますが、、、ぐねぐねと頭を動かして伸びてくるのを楽しんでみてはいかがでしょうか?

IMG_3749.jpg

初めは、いつものようにシリンダーに活けて食卓のテーブルなどに飾って楽しんだり。
ニョキニョキと伸びてきたらちょっと浅めの器に活けてみてください。
棚などの高いところに飾るとまた違った雰囲気で楽しめます。


IMG_3754.jpg
IMG_3755.jpg

お花が好きで常にお花を買って楽しんでいるかたもいらっしゃると思いますが、
たまにしか買わないから、、、いつも何を買おうかと迷ってしまう方、よかったら季節の球根系のお花を楽しんでみてください!!!

インスタグラム、ツイッターも配信中です!!

ライフデコオンラインショップLIFEDECO ライフデコホームページライフデコfacebookライフデコTwitterライフデコInstagram




↑ ↑ ↑

ボチッとありがとうございます。







posted by LIFE DECO_aoyama at 11:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 切花の雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする