2016年08月09日

ネペンテス ミランダ (Nepenthes 'Miranda)

今日は、今年いちばんの酷暑、、。暑いはずです!!
これから夏休みなんて方は、暑い都会のオフィスビルから解放されて避暑地や海に遊びに行ったり。
なんだかんだあっという間に秋かやってきそうな気がしていますので是非暑い夏を楽しんでお過ごし下さい。

今日は、食虫植物。ネペンテス ミランダのご紹介です。
先日、久しぶりに近所の食虫植物好きの少年がご来店!!ウィンドウにかかってあるウツボカズラが気になったようで立ち寄ってくれました。この少年の来店で、、、なんだかちょっと気になり、、、いろいろ生態系を調べてみました。

IMG_4564.jpg



もちろん観葉植物として観賞用に袋の色合いや形、、、見るだけで楽しめるのはみなさん想像つくかと思います。
ディスプレイとしてもおしゃれですよね!!

IMG_4575.jpg


さて、そんなネペンテス。

原産地は、東南アジア。マレー半島、ボルネオ、シンガポールなど。
亜熱帯の高温多湿を好む種類もあれば高山地帯で生息している種類もあるそうです。

みなさん、ご存知かと思いますが捕食袋と呼ばれるあの袋を使って昆虫などを捕食しています。
袋の蓋の部分から出てくる蜜腺に誘われて近寄ってきた虫。ただでおいしいものを食べれるなんておいしい話はなかなかないですよね。蓋を舐めると酔ったようになって、、、ポトンと袋の中に落ちちゃいます。
落ちたら最後、、、、なかなか抜け出せない袋地獄。

IMG_4572.jpg



内側の壁は滑りやすくなかなか上がるのが難しいらしいです。
頑張って登ったところで最後の関門。。。縁のところは、トゲが付いていてまた中に落ちたり、、、。
なんども繰り返していると疲れてしまい最後には、力尽きて消化液の混じった液体で分解されてしまうそうです。
実際に、ライフデコのウツボカズラにも捕食された虫が何匹かいました。笑

いろんな方のブログを覗かせていただいて新たな発見も。笑
ネペンテスの袋の活用法。私もびっくりしました。

ネペンテスの袋の蓋は、成長とともに蓋が開くそうです。徐々に中の液体が強酸性に変化していくようです。
なので、現地では蓋が閉じている状態であれば飲み水として飲むことが可能と言われているそうです。
万が一、、、熱帯雨林のジャングルで迷子になったら私は試してしまうかもしれません。笑

マレーシアの山岳地帯の民族は、この袋を使ってお米を炊くそうです。
消化液の酸によって抗菌作用があり腐りにくくなり携帯用に持って行くのに便利だそうです。
確かに持ち運びやすい形ですよね。

ネペンテスの生き抜くための知恵が、捕食袋だったように取ってきた捕食袋を使って携帯食を作ったり
シンプルな生活の生きていくための知恵ってすごいなと感心していました。

IMG_4570.jpg

ライフデコで販売しているのは、もちろん観賞用ですが1つ違うことを知ると面白みが増しますよね。
今度、少年が来店したらそんな話をできたらなと感じる今日のブログです。

インスタグラム、ツイッターも配信中です!!

ライフデコオンラインショップLIFEDECO ライフデコホームページライフデコfacebookライフデコTwitterライフデコInstagram

□ この記事を書いた人 □

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

akikagota.png


籠田 亜紀 Kagota Aki

1980年生まれ

2012年 〜 異色の経歴で入社

独特な色彩感覚と自然の生命と対峙したときに紡ぎ出すアレンジセンスには光るものがある。

独自の世界観を研ぎ澄ましながら、フローリストの技術力を高めている。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



↑ ↑ ↑

ボチッとありがとうございます。








posted by LIFE DECO_aoyama at 16:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 鉢植えの知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月02日

オーキッド (Orchid)

今日は、ちょっと変わった種類のランのご紹介です。

南極を除くすべての大陸の熱帯から亜熱帯に自生するラン。どのお花も毎回毎回、、、、種類がたくさんあるんです。
なんて、お話をしていますがご存知の通りランも種類が豊富です。
皆さんが一番最初にイメージするのはコチョウランやカトレアといった代表的な種類かと思います。いわゆる大輪タイプのランです。

今日はちょっと自然種の小花タイプを2種類ご紹介します。
小さいからこそ作りが繊細でかわいいんです!!

IMG_2410.jpg

一つ目は、こちら。
ブラサボラ マス メジャー

名前からしてわからない、、、、(^_^;)
この子は、とにかくリップが大きい。リップが大きいのか花弁が小さいのか、、、笑
すっと伸びているヒゲみたいなのが花弁です。
リップは、特徴的で白いハートの形をしています。


IMG_2409.jpg

葉っぱと茎、お花の全体的なバランスが美しいですよね。

IMG_2404.jpg

2種類目は、こちら

IMG_2424.jpg

デンドロキラム グルマセウム

また、覚えられない名前、、、、(^◇^;)
フィリピンに分布する着生ランの一種です。

小さいけどみんな同じ形のお花が咲いててすっごい綺麗です。
小さい花弁と小さいリップが綺麗に並んでいます。

IMG_2423.jpg

もう一つ、特徴的なのが香り。
甘い香を放ってます。なんともいえない、、、ボキャブラリーの少ない私の表現でお伝えすると。
東南アジアの甘い香り。すっきりではなくてなんだかちょっと癖のある。シナモンではないけれど
なにかスパイスのような癖のあるものが混じったような甘い香です。

こちらのランは、2種類ともライフデコの店頭に並んでおります。
気になる方は是非 お問い合わせください。
お待ちしております。

□ この記事を書いた人 □
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
akikagota.png

籠田 亜紀 Kagota Aki
1980年生まれ
2012年 〜 異色の経歴で入社
独特な色彩感覚と自然の生命と対峙したときに紡ぎ出すアレンジセンスには光るものがある。
独自の世界観を研ぎ澄ましながら、フローリストの技術力を高めている。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

にほんブログ村 花・園芸ブログ フラワーアレンジ教室・販売へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑
ボチッとありがとうございます。









posted by LIFE DECO_aoyama at 16:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 鉢植えの知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月11日

マダガスカルジャスミン

今日は、ちょっと甘い香りの鉢植の紹介です。

マダガスカルジャスミン

IMG_1880.jpg

マダガスカル原産の白い芳香性のあるお花を咲かせるつる性の植物です。
ジャスミンのような甘い香りのお花が咲く事からマダガスカルジャスミンと名付けられました。
でも、ジャスミンの仲間では無いんですよ。

IMG_1885.jpg

今がまさにお花のシーズンです。
9月中旬ぐらい迄じっくり楽しめるんですよ。

白いお花で芳香性があるというとジャスミン、クチナシ、月下美人、チューベローズ(月下香)、、、。
特に白いお花は、夜中に強い香りをだすと言われています。(全ての種類に言える事ではないと思いますが)
マダガスカルジャスミンも昼と夜とで違うかちょっと比べてみようと思っています。

さて夜に強く香りを出すのは何故でしょうか?
夜の特に月夜の夜。

ちなみに月の光の明るさって皆さんどれぐらいかご存知ですか?
なんと太陽の半分ぐらいの明るさで満月の夜は照らしてくれてるんですよ。

満月の夜、月の明かりに照らされると白いお花って赤や黄色、紫、他のお花より目立たないんですよ。
なので、夜に活発な虫達をおびき寄せる為に甘い香りを放ってアピールしてるんですね。
なんだか、本当に自然の物には無駄が無いと言うか全ての物に意味があるって感じますよね。

話しを戻しますがマダガスカルジャスミンが店頭にたくさん入荷しております。
つる性の植物ですのでお花が終わってしまった後もいろいろな飾り方で楽しんで頂けます。
店内いたるところにうねうね。おしゃれにディスプレイされています。

IMG_1882.jpg

IMG_1884.jpg

切り花としても使えますので買ってきたお花にちょっと添えてみるのも良いかもしれません。

IMG_1888.jpg

□ この記事を書いた人 □
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
フラワーレッスンは毎週金・土開催!! オンライン決済始まりました。
只今、初回お試しキャンペーン中。
南青山 1day lesson http://lifedeco.tokyo/shopdetail/000000000168/ct66/page1/order/

akikagota.png

籠田 亜紀 Kagota Aki
1980年生まれ
2012年 〜 異色の経歴で入社
独特な色彩感覚と自然の生命と対峙したときに紡ぎ出すアレンジセンスには光るものがある。
独自の世界観を研ぎ澄ましながら、フローリストの技術力を高めている。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

にほんブログ村 花・園芸ブログ フラワーアレンジ教室・販売へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑
百花繚乱、色んなのお花でよりどりみどり。。
最後までありがとうございます!









posted by LIFE DECO_aoyama at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 鉢植えの知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月07日

スキンダプサス・ピクタス(シラフカズラ)

梅雨真っ盛りの毎日、今日は久しぶりに傘を持たずに出勤しました。
なんとか持ちこたえてるそんなどんより空ですね。
こんなちょっと肌寒い日が恋しくなるようなギラギラした日がもう少しでやってくるんですね。

今日は、観葉植物のご紹介です。
最近は、ちょっと吊り下げて垂らすような植物が人気ですよね。
ライフデコにもそういうお客様がよくいらっしゃいます。
入り口のガラスの辺りは、レザーファンですとかアイビー、ハートカズラ、コウモリランなどわさわさ飾ってあります。

IMG_1383.jpg

スキンダプタス・ピクタス(シラフカズラ)

IMG_1320.jpg


肉厚な葉に変わった斑が入っていてとっても可愛らしいです。
東南アジア原産の植物で茎から根を出して他の物に着生する特性があります。
熱帯のジャングルでは、木や苔に絡み付いて着生して生きてたりするみたいです。

ちょっと話しを戻しますが高いところから垂らして飾りたい、吊り下げたいなんて方にこちらをオススメな理由の1つが土がピートモスなど軽い培養土でも大丈夫ですのでサイズ感によって変わってくるかと思いますがつり下げる際に重みの心配が少ないかと思います。
私は、このつり下げた時の葉っぱのシルエットが好きなんですよ。笑

IMG_1311.jpg

つり下げて飾るも良し!棚などから垂らして楽しむも良し!

IMG_1318.jpg


もともとプラスチックの鉢で入荷しておりますのでそこがちょっと気になるなんて方は、ハンギング様にバスケットなどと合わせても良いかと思います。

IMG_1327.jpg

あ、小さくおさちゃんが写ってます。笑
次回のブログは、おさちゃんこと長田君です。今撮影してるものを載せるのかな?

今月10日から夏のセールのスタートです。
アートフラワーやプリザーブドフラワー、花器はもちろんですが観葉植物も一部セールになる予定です。

お気軽に覗いてって下さい。お待ちしております!!!!

□ この記事を書いた人 □
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
フラワーレッスンは毎週金・土開催!! オンライン決済始まりました。
只今、初回お試しキャンペーン中。
南青山 1day lesson http://lifedeco.tokyo/shopdetail/000000000168/ct66/page1/order/

akikagota.png

籠田 亜紀 Kagota Aki
1980年生まれ
2012年 〜 異色の経歴で入社
独特な色彩感覚と自然の生命と対峙したときに紡ぎ出すアレンジセンスには光るものがある。
独自の世界観を研ぎ澄ましながら、フローリストの技術力を高めている。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

にほんブログ村 花・園芸ブログ フラワーアレンジ教室・販売へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑
百花繚乱、色んなのお花でよりどりみどり。。
最後までありがとうございます!






posted by LIFE DECO_aoyama at 18:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 鉢植えの知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月03日

『マダガスカルジャスミン: stephanotis floribunda 』

純白色の美しい厚い花びらを咲かせるマダガスカルジャスミン。
モクセイ科のジャスミンに似た 花の形と香りがする事から、マダガスカルジャスミンと呼ばれています。
切り花にして、ブライダルブーケなどでもよく使用されます。

IMG_5087.jpg

別名 ステファノティス
ガガイモ科 シタキソウ屬
原産 アフリカ(マダガスカル)

IMG_5130.jpg

これから暑くなる季節ですがガラスのシリンダーに入れて水中花にしてもよさそうですね。
きっと暑さを和らいでくれるはずです。

IMG_5151.jpg

posted by LIFE DECO_aoyama at 17:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 鉢植えの知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月23日

ピレア ムーンバレー(Pilea crassiforia)

イラクサ科 ピレア属 ピレア ムーンバレー

ジャマイカ 西インド諸島出身の植物
ついつい手で触ってみたくなるような特徴的な葉っぱをしています。
気になった方がブログを開いてくれたのでないでしょうか(笑)

IMG_0725.jpg

熱帯や亜熱帯地方に400種類以上分布していると言われている種類です。
ネットで検索してすぐに出てくる3種類だけでも特徴的なのでムーンバレーよりも
個性派が世界にはたくさんいるはずです。

IMG_0709.jpg

ピレアは、やや湿り気の多い環境を好みます。ただ、万が一水切れをしてしまっても急いで
水をあげれば元気に戻ってくれる強い品種です。もちろん水切れしないのが1番ですよね。
日当りも必要ですが少し暗い環境にも適応しますので育て易い植物の品種になります。
posted by LIFE DECO_aoyama at 14:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 鉢植えの知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月20日

ジューンベリー (Amelanchier canadensis)

新緑の季節にぴったり。

ジューンベリーのご紹介です。

IMG_4396.jpg

日本ではあまり聞き慣れない名前だと思いますが、カナダやアメリカの東部では園芸種として人気のジューンベリー。4月から5月に白い花を咲かせ、6月に赤い果実が収穫出来ます。
6月(ジューン)に収穫出来ることからジューンベリーと名付けられました。
寒さに強いのでカナダやアメリカ東部の寒い地方でも育てやすいので庭木や街路樹にもよく使われてるそうです。

IMG_4399.jpg

甘くクセの無い果実ですので、パイやジャムの材料として使われています。
花、果実、紅葉と楽しめますし、気候的にも日本で栽培しやすい種類になります。

IMG_4400.jpg
posted by LIFE DECO_aoyama at 21:44| 鉢植えの知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする