2019年10月08日

二十四節気と七十二候「寒露(かんろ)」と十三夜のお月見にまつわるあれこれのお話

おはようございます。

10月8日(火)は二十四節気の「寒露(かんろ)」を迎えます。

>二十四節気七十二候とは?


寒露は二十四節気の17番目にあたり、秋分の次、秋の5番目の節気です。

>寒露について詳しくはこちら


rose.jpg


こよみ便覧には
「陰寒の気に合って、露むすび凝らんとすれば也」
と書かれています。


陰気と寒気の空気が合わさって、露がむすび凍ろうとしている

さらに意訳すると…
空がくもって暗く寒くなってきて、露が凍ろうとしている

という意味になりますでしょうか。


こよみ便覧にご興味がある方は国立国会図書館のデジタルコレクションに掲載されているのでこちらからどうぞ。
>こよみ便覧 - 国立国会図書館デジタルコレクション


shirasagi.jpg


寒露とは晩夏から初秋にかけて野草に宿る冷たい露のこと。

この時期は「冷たい露の結ぶ頃」と言われており、朝晩には寒さをおぼえるようになります。


秋の長雨が終わり、秋がいよいよ深まる頃です。


稲刈りもそろそろ終わる時期。五穀豊穣の頃、食欲の秋ですね!
何もかも美味しくて、食いしん坊の血が騒ぎます。芋栗南瓜!!!


この頃になるとこおろぎなどの秋の虫がだんだんと鳴き止み、菊の花が咲き始め、山の木々の葉は紅葉の準備に入ります。
燕などの夏鳥にかわり、雁などの冬鳥もわたってきます。


また、台風シーズンも終わり大気の状態が安定してきますので、秋晴れの空気が澄んだ日が多くなります。
夜には月も美しく輝いて見えます。

(のはずですが…また大型の台風が近づいてきているようです。
 今回は被害がありませんように…みなさまどうかお気をつけください。)



bakushu.jpg


月といえば十三夜(じゅうさんや)ってご存知ですか?


十五夜は中国から伝わったものですが、"十三夜"は十五夜が伝わる前から存在した日本古来のお月見の日。
旧暦の9月13日の夜のことをいい、2019年は10月11日にあたります。


十五夜の「中秋の名月」の後なので、「後(のち)の月」といわれます。

また、十五夜が「芋名月(いもめいげつ)」といわれるのに対し、
十三夜には栗や枝豆を供えることから「栗名月(くりめいげつ)」「豆名月(まめめいげつ)」とも呼ばれます。


十三夜は8割ほどの丸さの月を愛でる行事で、十五夜に次いで美しい月だといわれ、昔から大切にされてきました。
「十三夜に曇りなし」とも言われていて、大気の安定している季節なので、とてもきれいな月を観賞できるといわれています。

jyusanya.jpg

十五夜だけ月見をして十三夜の月見をしないのは「片月見」といい、縁起がよろしくないそうですので、ぜひお団子やすすきとともに栗や枝豆をお供えしながら、空を見上げてみてください!

しっぽりとお月見だなんて、風流ですね。

でも今年はもしかすると台風でしょうか…?
お天気になりますように☽


benikakehanairo.jpg


昼が短くなり夜が長くなるのを感じる頃です。
深まる秋、秋の夜長を美しいお花とともに。



SNSも更新中です!!
LIFEDECO ライフデコホームページライフデコfacebookライフデコTwitterライフデコInstagram
にほんブログ村 花・園芸ブログ 花のある暮らしへ にほんブログ村 花・園芸ブログへ

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 青山・表参道・原宿情報へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑

ポチッと応援お願いいたします。




pointbnr.jpg
今なら新規会員登録で300ポイントプレゼントキャンペーン実施中です。

point_20190801.png
100円につき8ポイントたまります。
たまったポイントは、1ポイント1円としてご利用いただけます!!
posted by LIFE DECO_aoyama at 07:00| 東京 🌁| Comment(0) | 二十四節気 七十二候と節句 のお話し | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください