2019年09月17日

二十四節気と七十二候「秋分」にまつわるあれこれ

おはようございます。

9月23日(月)は「秋分の日(しゅうぶんのひ)」です。

秋分の日は二十節気の「秋分」の始まりの日です。
>二十四節気七十二候とは?


祝日になっているのでなじみ深い日ですね。
「祖先をうやまい、なくなった人々をしのぶ。」
という日なんだそうです。

春分の日と同様、昼と夜の時間が同じ(厳密にはちょっと違うのですが…)になる日で、秋分の日を境に、夜の時間が長くなっていき、秋の夜長が始まります。


Sorairo.jpg


秋分の日と前後3日間は「秋彼岸(あきひがん)」と言い、お墓参りをする習慣があります。

仏教では、あの世は西に、この世は東にあると考えられています。
その理由は、東=太陽が昇る=生まれる西=太陽が沈む=死ぬ ということから。


そして、太陽が真東から昇って、真西に沈む春分の日と秋分の日は、あの世とこの世が最短距離でつながるため、通じやすい日と考えられ、春と秋の彼岸にお墓参りをするようになったそうです。

ちなみに、この風習は他の仏教国にはなく、日本独特のものです。


こよみ便覧には
「陰陽の中分となれば也」
と書かれています。

夏の気配と秋の気配が半分ずつということである

という意味になるでしょうか。


陰陽とは何のことかと調べてみたところ、
春分の日には「日天の中を行て昼夜等分の時也」とあり、はっきり「昼夜」と書かれていますので、秋分の「陰陽」は単純に昼と夜と解釈するより、陽気・陰気ととらえるほうが良さそうです。


yuuka.jpg


2つ前の節気「処暑(8/23頃)」には
陽気とどまりて、初めて退きやまんとすれば也

と書かれていて、

1つ前の節気「白露(9/8頃)」には
陰気ようやく重なりて露こごりて白色となれば也

と書かれていますので、

陽気=暑い空気・夏の気配
陰気=涼しい空気・秋の気配

というような意味合いと取るほうが流れとして自然だと感じます。

そう考えると「陰陽の中分」とは
夏と秋の中間というような意味合いになるのではないでしょうか。


と、ついついこよみ便覧の解説が長くなってしまいました。
こよみ便覧にご興味がある方は国立国会図書館のデジタルコレクションに掲載されているのでこちらからどうぞ。



ということで、お彼岸にお供えしたい、故人を偲ぶお花をご紹介いたします。



sango.jpg





edomurasaki.jpg





本格的な秋到来!
芸術の秋、スポーツの秋、読書の秋、行楽の秋、紅葉の秋、食欲の秋。
みなさんはどの秋を思い出しますか?


SNSも更新中です!!
LIFEDECO ライフデコホームページライフデコfacebookライフデコTwitterライフデコInstagram
にほんブログ村 花・園芸ブログ 花のある暮らしへ にほんブログ村 花・園芸ブログへ

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 青山・表参道・原宿情報へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑

ポチッと応援お願いいたします。
posted by LIFE DECO_aoyama at 07:00| 東京 ☀| Comment(0) | 二十四節気 七十二候と節句 のお話し | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください