2019年08月06日

二十四節気七十二候「立秋」にまつわるあれこれ

おはようございます。

暑い毎日ですが、明後日8月8日は暦の上では「立秋(りっしゅう)」を迎えます。秋!

ということで、今日は二十四節気七十二候「立秋」にまつわるあれこれのお話をしたいと思います。



こよみ便覧には
「初めて秋の気立つがゆへなれば也」
と書かれています。

初めて秋の気配がやってきてここから秋である
という意味になるでしょうか。

こよみ便覧にご興味がある方は国立国会図書館のデジタルコレクションに掲載されているのでこちらからどうぞ。
>こよみ便覧 - 国立国会図書館デジタルコレクション

hakuun.jpg



暑中見舞いはこの日を境に「残暑見舞い」へと切り替わり、「暦の上では秋ですが…」というおなじみのフレーズがよく聞かれます。

秋といわれてしまうと、こないだ夏になったばかりなのに…と寂しくなってしまいますが実際はこのころが暑さのピークです。

今後もまだ暑さは続きますが、お盆を境に秋の風が吹き、空を見上げると秋の気配を感じることができます。
空が少しずつ高くなっていき、夏の入道雲の上に、刷毛で書いたような形の秋の雲が見えてきます。

いわし雲、さば雲、うろこ雲。
いわし雲が早く出た年は、イワシが豊漁になるともいわれています。

そしてトンボが飛び始めたりヒグラシが泣き始めたり、海ではクラゲが増え始め、暑い中にも秋の足音が聞こえてきます。


rose.jpg


旬の食べ物はすいかトウモロコシ
もそろそろ出てきます。
プラム系もおいしい時期ですね。
水分の多い食べ物が多くのどの渇きがいやされます。

ところで、生のプルーンは食べたことありますか?
プルーンといえばドライフルーツが定番なのですが、この時期は生のプルーンが出回る時期です。とてもおいしいので食べてみてください。おすすめです。

旬のお花はやっぱりひまわり
そして秋の七草に入っている「桔梗(キキョウ)」も。

kaiseitou.jpg


暑さに強いお花でライフデコの夏の強い味方に「トルコキキョウ(別名リシアンサス)」がありますが、実はキキョウとついていながら桔梗の仲間ではないんです。


桔梗は東アジアが原産のキキョウ科植物
トルコキキョウはアメリカ原産のリンドウ科植物

(しかもトルコ原産じゃないんですね!)

なんということでしょう…トルコもキキョウも違うなんて…

名前の由来は、「紫色がキキョウに似ている」「蕾がトルコ人のターバンに似ている」、「紫の花色がトルコ石の色だから」「外国から来たものの意味で「トルコ」をあてた」など様々な説がありはっきりわかっていません。
なんとなく付けた名前なのかな??と思ってしまいますね(笑)


ということで、トルコキキョウが花材として使われることが多い
フラワーギフトをご紹介します。
※仕入れのタイミングによってトルコキキョウが未入荷の時は代品でアレンジ致します。

fujikasumi.jpg



benikakehanairo.jpg





soushoku.jpg






momoha.jpg






season-03.jpg



ふと感じる秋の気配。なんとなく切なくなるのはなぜでしょうね。
暑さに強い花材を使って残暑のご挨拶に。



-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+


point_20190801.png
8/1よりポイント利率がアップ!
100円につき8ポイントたまります?
たまったポイントは、1ポイント1円としてご利用いただけます!!
有効期限はポイント付与から3年間です。



slide-point.jpg
さらに今なら新規会員登録で300ポイントプレゼントキャンペーン実施中です。


posted by LIFE DECO_aoyama at 07:00| 東京 ☀| Comment(0) | 二十四節気 七十二候と節句 のお話し | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください