2019年07月23日

二十四節気と七十二候「大暑」と雑節「土用の丑の日」のお話

こんにちは。

梅雨明け間近ですね。
昨日は湿度98%なんていう表示をみました。
ほぼ水中じゃないですか。びっくり。


さて、23日は二十四節気七十二候の「大暑」を迎えます。


こよみ便覧には
「暑気いたりつまりたるゆえんなればなり」
と書かれています。

夏の暑さが極まり達する理由から(大暑と呼ぶ)
という意味になりますでしょうか。

こよみ便覧にご興味がある方は国立国会図書館のデジタルコレクションに掲載されているのでこちらからどうぞ。
>こよみ便覧 - 国立国会図書館デジタルコレクション



次の節気「立秋」8/8までの期間で
暦の上では暑さのピークとなる時期となります。
実際は、暑さのピークはもうちょっと続きます。

動物園の白くまたちへの氷のプレゼントや打ち水などのイベントが各地で行われ、本格的な夏を感じる時期になります。


初候は「桐始結花(とうしけっか)」
「きりはじめてはなをむすぶ」
です。

涼やかさを感じる綺麗な響きの言葉ですね。
桐の花って見たことありますか?


5812088cfabfc69fdc1637566533a0de_m.jpg


木の上の方に紫色の筒状の花をつけます。
背が高い木なので、注意深く見上げないと見えないかと思います。
花は香りが強いので、もし落ちている花を見かけたら拾って香ってみてください。



そして、7月20日~8月7日は雑節の土用です。

土用は四季にあり、立春(2月4日頃)立夏(5月5日頃)立秋(8月7日頃)立冬(11月7日頃)の前18日間を言います。

7月の土用を「夏の土用」と呼び、土用の間のうち十二支が丑の日のことを「土用の丑の日」と呼び、暑い時期を乗り切るために栄養価の高いウナギを食べるという習慣があります。

2019年の「土用の丑の日」7月27日です。

最近では、鰻は絶滅が危惧されていることや余った鰻の廃棄が問題になっていることから、鰻は食ないようにしようという動きもあるようです。

古くは「丑の日に『う』の字が附く物を食べると夏負けしない」という風習もあったそうなので、瓜、梅干、うどん、馬肉(うま)、牛肉(うし)などを食べるのも良いかもしれませんね。

これから来る暑い夏、元気に乗り切りましょう!

そんな夏におすすめのフラワーギフトをご紹介します。

フローリストが深い知識と経験から、暑さに強い高品質のお花を仕入れ、花持ちがするよう丁寧に手入れしアレンジします。


usukou.jpg




fujikasumi.jpg





natsudaidai.jpg



暑い夏に涼を運ぶ花贈り。



SNSも更新中です!!
LIFEDECO ライフデコホームページライフデコfacebookライフデコTwitterライフデコInstagram
にほんブログ村 花・園芸ブログ 花のある暮らしへ にほんブログ村 花・園芸ブログへ

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 青山・表参道・原宿情報へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑

ポチッと応援お願いいたします。




posted by LIFE DECO_aoyama at 10:14| 東京 🌁| Comment(0) | 二十四節気 七十二候と節句 のお話し | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください