2019年04月16日

バラの香りの効能でアンチエイジング!母の日のフラワーギフト

こんにちは。

今週はお天気の良い日が続きそうですね!
春らしくて嬉しい!

さて、先日ご紹介した母の日フラワーギフトの主役「香り高いバラ」のご説明において、
バラの香りは人を癒す力が大きい
というご紹介をしています。

さらっと書いてしまいましたが、実際のところ、バラの香りにはどういった効能があるのかな?というのが気になるところかと思いますので具体的にご紹介します。
mother-rose.jpg



バラはもともとヨーロッパで薬として栽培され、その後、香料用の作物として栽培されてきました。

ローマ時代に香りの文化としてバラが発展し、権力の象徴として用いられてきた歴史があります。
(このあたりの話も調べていくと面白いのでまた後日ご紹介します!)

時代が移り変わり人々の暮らしが豊かになるにつれて、広く観賞用として愛でられるようになりました。

アメリカバラ協会の会長によると
「香りのないバラは笑わぬ美人と同じ」

イギリス王立バラ協会の会長によると
「香りはバラの魂であり、香りのないバラは花ではない(Fragrance is the soul of the rose, without it, the flower is nothing)」
といわれるほど、姿かたちの美しさもさることながら、その香りゆえに世界中で深く愛されてきたのではないでしょうか。


私たちを魅了し続けるバラの香りは、科学的に研究分析され、香りタイプの基準となる7つの香りタイプに分けられました。

ダマスク・クラシック、ダマスク・モダン、ティー、フルーティ、ブルー、スパイシー、ミルラ


さらに、これらの香りの成分研究から、バラに含まれるティーローズエレメント(化合物名ジメトキシメチルベンゼン)という成分には、森林浴の香りと同様の鎮静効果や抗ストレス効果があることが実証されました。


一般的に知られているリラックス効果のあるラベンダーの香りよりも高い効果があることがわかっています。
mother-rose-3.jpg


鎮静、安眠効果
ティーローズエレメントにはラベンダー精油の3〜4倍もの鎮静効果があることがわかっています。
気持ちがゆったり落ち着き、くつろぐことで安眠効果を高めます。

ストレスの低減
バラの香りをかぐと、血中のストレス値※コルチゾールの濃度が低減します。
※コルチゾール濃度が高まると血圧、血糖値の上昇やストレス状態、うつ病の原因にもなるといわれている。

美肌効果
バラの香りをかぐと、皮膚バリアの回復を早める効果があります。
肌の再生力が増し、外部刺激からダメージを受けにくくなるそうなんです。

記憶力アップ
睡眠中にバラの香りの刺激を与えると、眠りの質が上がるだけでなく、記憶の固定化(長期記憶)が促進されます。ドイツのリューベック大学の研究チームが行った実験で、学術誌の「サイエンス」に掲載されました。



いいことずくめのバラの香り!

リラックス効果はありそうな感じがしていましたが、まさかの美肌効果まであるとは驚きですね。

mothersday-bnr.jpg

今回の母の日の香りのバラのフラワーギフトは、精製されたオイルのような強い香りはありませんが、
届いて箱を開けた瞬間にふわっと立ち上るバラのフレッシュでナチュラルな香りは、花の美しさ美しさと相まって癒しの効果を高めてくれます。

お部屋に活けた後には、咲き始めの香り(トップノート)、満開の香り(ミドルノート)、残り香(ラストノート)と香りが変化していくのを感じるのも生花の楽しみです。


いつも頑張っているお母さんへ、この癒しの効果をプレゼントしてみませんか?




SNSも更新中です!!
LIFEDECO ライフデコホームページライフデコfacebookライフデコTwitterライフデコInstagram
にほんブログ村 花・園芸ブログ 花のある暮らしへ にほんブログ村 花・園芸ブログへ

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 青山・表参道・原宿情報へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑

ポチッと応援お願いいたします。
posted by LIFE DECO_aoyama at 07:00| 東京 ☀| Comment(0) | 今日のフラワーギフト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。