2019年03月21日

二十四節気七十二候”春分”にまつわるあれこれのお話

こんにちは。
今日は二十四節気の4番目「春分」を迎えました。


祝日になっているのでなじみ深い日ですね。
「自然をたたえ、生物をいつくしむ日」なんだそうです。

春分の日ついて詳しくはこちら

ちょうど今日は気象庁から東京の桜の開花宣言も出たようです。
お花見にはまだちょっと早いですが、ついに春が!という気持ちになりますね。

こよみ便覧によると
「日天の中を行て昼夜とうぶんの時なり」
(ひ、てんのちうをゆきて、ひるよるとうぶんのときなり)
と書かれています。

太陽が天の真ん中を通るので、昼と夜が等分になる時である
という意味になります。

こよみ便覧にご興味がある方は国立国会図書館のデジタルコレクションに掲載されているのでこちらからどうぞ。

春分の日の前後3日間は春の彼岸とよばれ、先祖の墓参りをする習慣があります。

日本の仏教では、彼岸(あの世)は西に、此岸(この世)は東にあるとされ、太陽が真東から昇って真西に沈む春分の日と秋分の日は、あの世とこの世が最も通じやすい日と考えられ、お墓参りをするようになったそうです。

昼と夜の時間が同じになる日で、春分以降は昼が徐々に長くなるため寒さが和らいでいくことから、「暑さ寒さも彼岸まで」という言われるようになりました。

お彼岸といえば「ぼたもち」「おはぎ」ですよね!
この違いってご存知ですか?

諸説あるらしいのですが、
春に咲く牡丹にちなんで「牡丹餅」(ぼたもち)
秋は秋に咲く萩にちなんで「御萩」(おはぎ)
というのが有力な説なようです。

ただ、東京では春秋ともに「おはぎ」と呼んでいたともいわれています。

花より団子でしょうか!?
いえいえ!花も団子も楽しんでください!(笑)

ということで今日はお彼岸にお供えするお花をご紹介します。








天文学的には太陽の動きのスタートの日だそうです。
桜とともに春を楽しみましょう!

posted by LIFE DECO_aoyama at 12:00| 東京 ☁| Comment(0) | 二十四節気 七十二候と節句 のお話し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。