2019年02月21日

2月22日は猫の日♡猫のいるお家で気をつけたいお花

こんにちは。

明日は2月22日にゃんにゃんにゃんの日ということで猫の日です🐈

猫はお好きですか?私は大好きです!🐱笑

猫を飼っている方やお好きな方はご存知かもしれませんが、猫にとって危険なお花というのがあります。
しかもそれが700種類以上もあるらしいのです。
ちょっと多いですね…😵


でも諦めないでください!
猫にとって安全が確認されているお花もあります。

全てはご紹介しきれないので、安全なお花や危険なお花の中でも特に毒性の強いものをご紹介します。


猫にとって安全なお花やハーブ

バラ(実と種以外)、ガーベラ、ミント、キャットニップ、オリヅルラン、ラン、サルビア、パキラ、 ガジュマル、 シュロチク、 サンスベリア、 モンステラ、 シャコバサボテン、 エバーフレッシュ 等

benimurasaki.jpg


猫にとって危険なお花

ユリ科……ユリ、チューリップ、スズラン等
すべてのパーツに毒性があり、花粉や花瓶の水も危険です。
例えば猫がユリの前を歩いて体に花粉が付き、それを身づくろいで舐めるというだけでも中毒症状が起こります。
嘔吐や急性腎不全により命を落とすケースが多くみられるため特に注意が必要です。

プラム属……リンゴ、アンズ、チェリー、モモ、ウメ等
種に含まれる物質が消化管内で青酸に変化し、痒み、不安行動、めまい、酸素不足などをおこし致命的になることがあります。
種で遊んでいるうちに興奮して食べてしまうことがあるので注意が必要です。

ナス科……チョウセンアサガオ、ホオズキ、ニオイバンマツリ、トマト等
全てのパーツに毒性があります。
散瞳や嘔吐、ふらつき、眼振(黒目が揺れる)などが生じ、死に至ることもあります。

カランコエ属……キョウチクトウ、ジギタリス(キツネノテブクロ)、スズラン、イチイ等
全てのパーツに毒性があります。
心臓に影響を及ぼす成分が含まれていて不整脈などで突然死する可能性があります。

ツツジ科……サツキ、シャクナゲ等
すべてのパーツに毒性があります。
嘔吐や不整脈、昏睡などの中毒症状があります。致命的になることもあります。

アジサイ
特につぼみに含まれる物質が危険です。消化管内で青酸に変化し、痙攣や昏睡、呼吸麻痺を起こし大量に摂取すると命を落とすケースが多くみられます。

サトイモ科……スパティフィル、アイビー、フィロデンドロン、ディフェンバキア等
全てのパーツに気をつけなくてはいけませんが、特に茎と葉に毒性が多く含まれています。症状としては口内の痒み、過剰なよだれ、気道閉塞、また痙攣などの神経症状などがでることがあります。

ヒガンバナ科……アマリリス、スイセン、ヒガンバナ等
触ると皮膚のかぶれが起こります。食べた場合には、嘔吐、腹痛、下痢、流涎、血圧低下、心不全、昏睡、中枢神経麻痺等が起こり、死に至ることがあります。

バラ科……バラ、アンズ、ウメ、スモモ、モモ、サクランボ、リンゴ等の未成熟の果実、種子
未成熟の果実、種子に毒性があります。
食べると体内で青酸を発生し中毒を起こします。呼吸困難、虚脱、チック症状、痙攣等が起こり死に至ることがあります。
バラは花自体には危険がないのですが、種子には毒性があります。バラの実はアクセントとして使われることが多いので注意が必要です。

参考記事:
猫がいるけど部屋に植物も置きたい! 〜植物による中毒事故を防ぐために〜 | 日本動物医療センター(http://jamc.co.jp/cat-content/1516/)
食べたら突然死!? 猫がいる部屋に絶対に飾ってはいけない花・植物一覧(https://news.mynavi.jp/article/20150331-a371/)

honki.jpg


よくアレンジメントに含まれるお花を中心にご紹介しました。

猫を飼っている方にお花をお贈りする際にはお気をつけください。

ライフデコにご注文いただく際には、備考欄に使ってほしくないお花など書いていただけましたら柔軟に対応できますので、お気軽にお問い合わせください。






インスタグラムも更新中です!!

LIFEDECO ライフデコホームページライフデコfacebookライフデコTwitterライフデコInstagram


にほんブログ村 花・園芸ブログ 花のある暮らしへ にほんブログ村 花・園芸ブログへ

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 青山・表参道・原宿情報へ

にほんブログ村
↑ ↑ ↑
ボチッと応援お願いいたします。

posted by LIFE DECO_aoyama at 17:00| 東京 ☀| Comment(0) | 今日のフラワーギフト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。