2019年01月17日

【実践編】お花を長く美しく保つために

こんにちは。

前回のblogで、正しくお手入れをしていただければ、夏なら4日〜1週間、それ以外の季節なら1週間〜2週間程もちますとお伝えしました。

切り花をそんなに長く楽しんだことがない!泣

という方も多いようなので、より長く美しくお花を楽しんでいただけるよう、お手入れ方法をご紹介します。




前回はお花が弱ってしまう主な原因は3つという話をしました。

原因1.水不足
原因2.雑菌の繁殖
原因3.飾る場所が適さない

前回blog「お花を長く美しく保つために」
http://lifedeco2008.seesaa.net/article/blog20190115.html

それでは具体的にどういったお手入れをすればいいのかをご紹介します!


【花束】

<お花が届いたらすること>

1.ラッピング材と保水材を外し、茎に残った保水材を洗い流します。

2.花瓶に入れた際に水に浸かりそうな葉を取り除きます。

3.綺麗に洗った花瓶に、水と切り花用の栄養剤を入れます。
  ※バラの場合は多めに水を入れてあげるのがポイント。ガーベラやカラーなどは茎が痛みやすいので水は浅めにします。
  ※少しのフロストシュガーと塩素系漂白剤1滴をお水に混ぜれば栄養剤の代用になります。

4.よく切れるハサミで、茎を2〜3cmほど斜めに切り、切り口を新鮮にして花瓶に活けます。

5.直射日光やエアコンの風を避けてお飾りください。

02.jpg


<毎日のお手入れ方法>

1.花びらの色が変わったりしおれたりした部分や、枯れた葉は取り除きます。

2.花瓶を中性洗剤でしっかり洗います。

3.茎の部分にも汚れやぬめりがでますので洗い流します。

4.茎の根元を少しずつ切り戻しをします(1cm程度)。もし変色したりやわらかくなっていたらその部分は切り落とします。

水替えはなるべく頻繁にしていただくほうが良いです。
特に夏は雑菌が繁殖しやすいのでこまめに替えてください。

yurushi.jpg



【アレンジメント】
アレンジメントのお花は、器の中にの吸水スポンジに挿してあります。

この吸水スポンジはいちど乾いてしまうと水を吸わなくなりますので、乾かないようにお気をつけください。

<お花が届いたらすること>

1.ラッピングを外します。

2.花を優しくかき分け、お水を8分目まで入れます。
  吸水スポンジに水が染み込む速度はゆっくりです。あふれないよう少しずつ様子を見ながら水を入れてください。

3.直射日光やエアコンの風を避けてお飾りください。

arrange.jpg



<毎日のお手入れ方法>
1.花びらの色が変わったりしおれたりした部分や、枯れた葉は取り除きます。

2.花を優しくかき分け、お水を8分目まで入れます。
  吸水スポンジに水が染み込む速度はゆっくりです。あふれないよう少しずつ様子を見ながら水を入れてください。

3.お花がくたびれてきたら、茎を切り戻し、リアレンジしてお楽しみください。

arrange02.jpg



ちなみに、ライフデコでは「フローラライフ」という切花鮮度保持剤を使用してよりきれいに長くお花を楽しんでいただけるよう下処理をしています。
もちろんご自宅でのお手入れにもご利用いただけます!


floralife.jpg


フローラライフってなに??
http://www.lifedeco-flowerworks.co.jp/contents/


ちょっとだけ手をかけてお手入れしていただくことで
花を長く美しく保つことができるので
ぜひ実践して花のある生活を楽しんでくださいね。




インスタグラムも配信中です!!
LIFEDECO ライフデコホームページライフデコfacebookライフデコTwitterライフデコInstagram


↑ ↑ ↑
ポチッとありがとうございます。
posted by LIFE DECO_aoyama at 18:00| 東京 ☀| Comment(0) | 花の雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。