2016年11月15日

National Flower [ 国花 ] イスラエル編

🌸アクセスありがとうございます🌸


今回はイスラエルの国花をご紹介したいと思います。

イスラエルの国花は、シクラメン ( Cyclamen persicum ) です。



日本では、「篝火草 ( カガリビソウ )」や、「豚の饅頭」などと呼ばれることもあります。

「篝火草」については、その花の形が篝火に似ていることに由来します。

日本のある貴婦人が、「これは篝火のような花ですね」とコメントしたのを聞いた、

牧野富太郎という博士が名付けました。


「豚の饅頭」については、

イスラエルをはじめとした中東やトルコで、

豚たちが シクラメンの球根を好んで食べたことから

" sow bread "(雌豚のパン)

という英名がつき、これを 明治中頃に 日本に上陸した際、

ある植物学者の方が日本語に翻訳して付けられました。

パンから饅頭になったのは、当時の日本人にとって、

パンは現在のように馴染みがなかったことによるようです。


2つの和名が実際に使われる機会はあまりありませんが、

「豚の饅頭」の由来から、イスラエルとシクラメンとの関係性が少し、感じられたのではないでしょうか・・・?

他にも、歴史のうえで重要な関係性があるので、これから紹介させて頂きます♫


イスラエルには昔、ソロモンという王様がいました。

彼は、自分好みの冠を探し求めて、国中の冠職人に冠をつくらせました。

ところが彼の気に入るような冠が現れることはなく、

しばらくすると、大地の花たちから、花冠にしてはどうかという提案がありました。

王様はさまざまな花のアピールを快く受け取りましたが、

自らの冠にふさわしいと感じられる花には出会えず・・・


そんなとき、岩陰で桃色のシクラメンがお辞儀をしていることに気づき、

その健気さに胸を打たれた王様。


シクラメンを冠に選び、そしてシクラメンのように、横暴さや高慢さのない謙虚な姿勢で、

正しい裁きを下しながら政治を行っていきました。


結果ソロモンという王様は、最期の瞬間も、イスラエル中の愛に包まれながら迎えました。


国花というものは、単純にその国原産で、

数多く栽培されている為に指定されるケースも多いのですが、

このように歴史と深い関係があると、つい興味深さを感じてしまいますね。




最後に(遅ればせながら)、シクラメンの基本情報を御届けします♫

誕生花は、1月14日、12月10日 ( 白 )、

花言葉は、「内気」「遠慮」「気後れ」「はにかみ」です。

赤のシクラメンに「嫉妬」、白のシクラメンに「清純」のほか、

西洋では もう少し詳しく、

"timid hope" (遠慮がちな期待)、"resignation and goodbye" (退職と別れの言葉) 

といった花言葉もあります。


花言葉だけみるとあまり明るい印象はもてないかもしれませんね。


しかし、ソロモンとシクラメンのお話でも触れたように、

シクラメンの健気に咲く姿には、胸を打つものがあります。


ちょうど11月から4,5月頃が開花時期になっていますので、

ご自宅で 栽培にチャレンジしてみてはいかがでしょうか・・・?



🌸最後までお読みいただきありがとうございました🌸
posted by LIFE DECO_aoyama at 18:03| Comment(0) | TrackBack(0) | National Flower [ 国花 ] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック