2016年08月15日

National Flower [ 国花 ] イングランド編




🌸アクセスありがとうございます🌸

今回から4回にわたっては、イギリスの4地域の国花をご紹介したいと思います。

まずは、グレートブリテン島南部のおよそ2/3の面積を占めるというイングランドからみていきます。



イングランドの国花は テューダーローズ です。


ユニオンローズと呼ばれることもありますが、

「テューダー」というのは、15世紀にイングランドで起こったバラ戦争の末、

王座を勝ち取ったヘンリー7世 ( ヘンリー・テューダー ) がおこしたテューダー朝に由来し、

テューダーローズは同王朝の紋章にもなっていました。


外側に赤、内側に白の花びらがついていて、非常に特徴的な構造となっていますが、

この2色にも実は意味があるのです。


バラ戦争というのは、ヨーク家とランカスター家の間の争いでした。

ヨーク家の家紋は白薔薇、ランカスター家の家紋は赤薔薇。

母親がランカスター家の血筋であるヘンリー7世は、

戦争の終わりにヨーク家のエリザベスと結婚しました。

そこで彼は、対立していた2つの勢力をまとめあげたこと、

エリザベスと夫婦という関係になったことを象徴するかのように、

赤と白の2つの色が配色されたテューダーローズの紋章を採用したのです。



現代でも、1982年~2008年の間に鋳造された20ペンス硬貨のデザインに取り入れられていました。

この20ペンス硬貨、七角形に作られていたようで、

1円玉も5円玉も・・・全ての硬貨が円形に作られている日本との文化の違いを感じますね。





日本のイングランド?!・・・

淡路島にある イングランドの丘 という場所はご存知ですか?

今の時期 ( ~8月下旬 ) は、ひまわり畑に訪れるべし!

5万本ものハイブリットサンフラワーが見られるようです。




🌸最後までお読みいただき有難うございました🌸
posted by LIFE DECO_aoyama at 15:11| Comment(0) | TrackBack(0) | National Flower [ 国花 ] | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック