2016年08月09日

ネペンテス ミランダ (Nepenthes 'Miranda)

今日は、今年いちばんの酷暑、、。暑いはずです!!
これから夏休みなんて方は、暑い都会のオフィスビルから解放されて避暑地や海に遊びに行ったり。
なんだかんだあっという間に秋かやってきそうな気がしていますので是非暑い夏を楽しんでお過ごし下さい。

今日は、食虫植物。ネペンテス ミランダのご紹介です。
先日、久しぶりに近所の食虫植物好きの少年がご来店!!ウィンドウにかかってあるウツボカズラが気になったようで立ち寄ってくれました。この少年の来店で、、、なんだかちょっと気になり、、、いろいろ生態系を調べてみました。

IMG_4564.jpg



もちろん観葉植物として観賞用に袋の色合いや形、、、見るだけで楽しめるのはみなさん想像つくかと思います。
ディスプレイとしてもおしゃれですよね!!

IMG_4575.jpg


さて、そんなネペンテス。

原産地は、東南アジア。マレー半島、ボルネオ、シンガポールなど。
亜熱帯の高温多湿を好む種類もあれば高山地帯で生息している種類もあるそうです。

みなさん、ご存知かと思いますが捕食袋と呼ばれるあの袋を使って昆虫などを捕食しています。
袋の蓋の部分から出てくる蜜腺に誘われて近寄ってきた虫。ただでおいしいものを食べれるなんておいしい話はなかなかないですよね。蓋を舐めると酔ったようになって、、、ポトンと袋の中に落ちちゃいます。
落ちたら最後、、、、なかなか抜け出せない袋地獄。

IMG_4572.jpg



内側の壁は滑りやすくなかなか上がるのが難しいらしいです。
頑張って登ったところで最後の関門。。。縁のところは、トゲが付いていてまた中に落ちたり、、、。
なんども繰り返していると疲れてしまい最後には、力尽きて消化液の混じった液体で分解されてしまうそうです。
実際に、ライフデコのウツボカズラにも捕食された虫が何匹かいました。笑

いろんな方のブログを覗かせていただいて新たな発見も。笑
ネペンテスの袋の活用法。私もびっくりしました。

ネペンテスの袋の蓋は、成長とともに蓋が開くそうです。徐々に中の液体が強酸性に変化していくようです。
なので、現地では蓋が閉じている状態であれば飲み水として飲むことが可能と言われているそうです。
万が一、、、熱帯雨林のジャングルで迷子になったら私は試してしまうかもしれません。笑

マレーシアの山岳地帯の民族は、この袋を使ってお米を炊くそうです。
消化液の酸によって抗菌作用があり腐りにくくなり携帯用に持って行くのに便利だそうです。
確かに持ち運びやすい形ですよね。

ネペンテスの生き抜くための知恵が、捕食袋だったように取ってきた捕食袋を使って携帯食を作ったり
シンプルな生活の生きていくための知恵ってすごいなと感心していました。

IMG_4570.jpg

ライフデコで販売しているのは、もちろん観賞用ですが1つ違うことを知ると面白みが増しますよね。
今度、少年が来店したらそんな話をできたらなと感じる今日のブログです。

インスタグラム、ツイッターも配信中です!!

ライフデコオンラインショップLIFEDECO ライフデコホームページライフデコfacebookライフデコTwitterライフデコInstagram




↑ ↑ ↑

ボチッとありがとうございます。








posted by LIFE DECO_aoyama at 16:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 鉢植えの知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック