2016年03月21日

フリチラリア

これからがシーズンです。
フリチラリア

見たことありますか?こちらのお花。
一度見たら忘れなそうな出で立ち。

IMG_3847.jpg

IMG_3855.jpg

ユリ科の植物 同じフリチラリア属でいうとバイモユリも仲間です。
フリチラリアはラテン語なのですが英名では、クラウンインペリアル。
皇帝の王冠。立派な名前がついてるんですよ。

この発色の良さちょっとくすんだオレンジと緑の組み合わせ美しいですよね。笑
全てのものに共通して人それぞれ好みがあるかと思います。当たり前ですが、、、。

バラ、ガーベラ、チューリップ、ラナンキュラス、、、一般的に好きなお花は、フリチラリアなんて方は
なかなかいらっしゃらないかと思います。
でも、形状の変わったお花はアレンジや花束には名脇役なんです。
全体的に丸みを帯びたお花が多い時とかは、ちょっと遊び心を添えたいそんな時には、なにか形状の違うお花を使いたくなります。

先日の花束ギフトにもすっごい脇役で一緒にアレンジさせて頂きました。笑
目立ちすぎずでもちょっと目を引く。

IMG_3807.jpg


IMG_3771.jpg

こちらは、若草という花束のギフトです。
黄色とグリーン、まさに若草をイメージしていただけるような花材、色合いでお花を
選んでおります。


春のお花のなかでもちょっとづつお花の季節は変わってきてます。
外の陽気も春を感じるようになってきましたね。
皆さんにもお花の季節の変化を感じていただけるようなギフトをお贈り出来ればと思っております。

インスタグラム、ツイッターも配信中です!!

ライフデコオンラインショップLIFEDECO ライフデコホームページライフデコfacebookライフデコTwitterライフデコInstagram

□ この記事を書いた人 □

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

akikagota.png


籠田 亜紀 Kagota Aki

1980年生まれ

2012年 〜 異色の経歴で入社

独特な色彩感覚と自然の生命と対峙したときに紡ぎ出すアレンジセンスには光るものがある。

独自の世界観を研ぎ澄ましながら、フローリストの技術力を高めている。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



↑ ↑ ↑

ボチッとありがとうございます。













posted by LIFE DECO_aoyama at 20:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 切花の雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック