2016年02月21日

二十四節気七十二候”小雪”編

こんにちは。

今日は二十四節気の、20番目にあたる小雪のご紹介です。


(二十四節気七十二候とは?)


http://lifedeco2008.seesaa.net/s/article/421348813.html



IMG_0974.jpg



☆二十四節気 <小雪>



小雪(しょうせつ)


寒さが進み、そろそろ雪が降り始めるころのこと。

とはいえ雪はまださほど大きくなく、寒さもそこまでではありませんお世話になった方に、感謝の気持ちを贈るお歳暮の準備をする時期でもあります。



◯期間


1123日頃(2015年は1123日)から大雪(2015年は126日)までの期間。立冬から数えて15日目頃です。


☆七十二候


ではさらに細かく小雪期間の候をご紹介します!




◯初候・・・虹蔵れて見えず(にじかくれてみえず)11/2311/26

曇り空が多くなり、日差しが弱まり虹を見かけることが少なくなる頃北陸では、冬季雷と呼ばれる雷が増してきます。


◯次候・・・朔風葉を払う(さくほうはをはらう)11/2712/1


冷たい北風が、木々の葉を払い落とすころ。

朔風の朔とは北という意味で、木枯らしのことです



◯末候・・・  橘始めて黄なり( たちばなはじめてきなり)12/212/6

橘の実がだんだん黄色くなってくるころ。

橘とは柑橘のことで、古くから日本に自生していました。常緑植物であることから「永遠」を意味するとされ、不老不死の実だといわれていたようです。

冬でもあおあおとした常緑樹で、万葉集にも登場します



☆小雪の旬の行事



《新嘗祭(にいなめさい)》



1123日に新穀の収穫を感謝するお祭りで、この年に収穫された穀物を食すことを「新嘗」といいます。

稲の収穫を祝い,翌年の豊穣を祈願する古くからの祭儀。

天皇が新穀を天神,地祇にすすめ,その恩恵を謝し,また,みずからも食する。宮中のほか,伊勢神宮や出雲大社でも行います。

元々は、全国民の祭典のようなお祭りでしたが、勤労感謝の日ができてからは、一部の神社で行われるようになりました。


☆小雪の旬の食べ物



野菜、果物・・・・ほうれん草、白菜、春菊、長ネギ、大根、セロリ、長芋、里芋、りんご、みかん、 etc…


「りんご」

11個のりんごで、医者いらずというほど、りんごは栄養がいっぱいです。

カリウム、カルシウム、鉄分、食物繊維、ビタミンC…..

甘い蜜に満ちていて、歯ごたえもいい美味しい果物です。

ペクチンやポリフェノールを含む皮の部分も一緒にオーブンで焼いて、焼きりんごにしてもGOODです!

旬は秋~冬



魚介類・・・くえ、かます、ぼら、たらば蟹、フグ、平目、ハマチ、うなぎ、サバ、サワラetc..

「くえ」

天井知らずに高値がつく、いま人気のある魚の一つがくえ。旬は秋から春にかけて。全長は1メートル以上もあって、大物になるほど美味しいとか。


あっさりしながら、上品な旨味を持つ白身で、刺身にするときは、肝や胃袋も一緒に味わいます濃厚な旨味と甘みの肝。コリコリした食感で旨味が詰まった胃袋。またくえといえば鍋が醍醐味です!



☆旬の草花


野茨(のいばら)、ヤツデ、橘(たちばな)etc…



「野茨」

5~6月ごろに香りのいい白い花を咲かせた後、晩秋から初冬のころ

野茨は小ぶりで光沢のある赤い実をつけます。

実は果実酒にも、乾燥させて便秘や利尿の薬にも使われています。

「ヤツデ」

江戸時代には庭木として植えられていたというヤツデ。

七つか九つほどに分かれた葉先を、縁起のいい八と数えて八手(やつで)と名付けたとか。

天狗の羽団扇(はうちわ)といい。厄除けに用いられることもあります。

初冬に花びら五つの白い小花が玉のように群れ咲きます。




今日はここまでで

次回は二十四節気の21番目にあたる、『大雪』のご紹介です


最後までお読み頂きましてありがとうございます!






ライフデコオンラインショップ LIFEDECO ライフデコホームページ ライフデコfacebook ライフデコTwitter ライフデコInstagram





この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック