2016年02月21日

二十四節気七十二候”冬至”編

こんにちは。

今日は二十四節気の、22番目にあたるの冬至ご紹介です。


(二十四節気七十二候とは?)



http://lifedeco2008.seesaa.net/s/article/421348813.html


IMG_1698.jpg



☆二十四節気 <冬至>



冬至(とうじ)


冬至とは、一年でもっとも昼が短く、夜が長いころのこと。

栄養価の「高いかぼちゃを食べ、柚子湯に浸かり無病息災を願います。これから日が伸びていくので、古代には冬至が一年の始まりでした



◯期間


1222日頃(2015年は1222日)から小寒(2016年は16日)までの期間。大雪から数えて15日目頃です。



☆七十二候


ではさらに細かく大寒期間の候をご紹介します!



◯初候・・・乃東生ず(なつかれくさしょうず)12/2212/26

夏になると枯れてしまう、うつぼ草の芽が出てくるころ。うつぼ草は芽を出す頃ですが、この草以外の草木のほとんどが枯れていきます



◯次候・・・麋角解つる(しかのつのおつる)12/2712/31

大鹿の角が抜け落ちて、生え変わるころ。春にまた大きな角が生え始めます。トナカイの仲間で、大鹿の角のことを麋角と言います



◯末候・・・  雪下麦を出だす( せつかむぎをいだす)1/11/5

降り積もる雪の下で、麦が芽を出すころ。

地中や、冬木立の枝先で植物は芽吹く力を育みます。



☆冬至の旬の行事



《正月(しょうがつ)》



正月とは本来、その年の豊穣〔ほうじょう〕を司る歳神様〔としがみさま〕をお迎えする行事であり、1月の別名です。

現在は、11日から13日までを三が日、17日までを松の内、あるいは松七日と呼び、この期間を「正月」と言っています。

地方によっては120日までを正月とする(二十日正月・骨正月)こともあります。


正月は家に歳神様をお迎えし、祝う行事です。

歳神とは1年の初めにやってきて、その年の作物が豊かに実るように、また、家族みんなが元気で暮らせる約束をしてくれる神様です。

正月に門松〔かどまつ〕やしめ飾り、鏡餅を飾ったりするのは、すべて歳神様を心から歓迎するための準備です。



<豆知識>


お正月といえば「おせち料理」ですよね!

おせち料理は五節句の料理の1つで、平安時代に宮中で行われていた「お節供」の行事に由来しています。"おせち料理はめでたいことを重ねるという願いを込めて重箱に詰めます"基本は四段重ねで、上から順に、一の重、二の重、三の重、与の重、と呼びます四段目のお重を「四の重」と言わないのは「四」が「死」を連想させ縁起が悪いとされているからです。詰め方や料理の組み合わせは地域や家庭、しきたりなどによって様々ですが

代表的な詰め方は、

一の重黒豆、数の子、ごまめ(田作り)などの祝い肴〔ざかな〕

二の重伊達巻やきんとんのような甘いもの中心

三の重魚や海老の焼き物など海の幸

与の重野菜類の煮物などの山の幸


おせち料理に詰められる料理にはそれぞれちゃんと意味が込められています


☆冬至の旬の食べ物



野菜・・・・百合根、柚子、かぼちゃ、黒豆 etc…


「柚子(ゆず)」


冬至といえば柚子湯。

柚子湯に入ると一年間風邪をひかない」といわれるほど、柚子には血行を促進して冷え性をやわらげる効果があります。


「かぼちゃ」

冬至には「ん」のつくものを食べると運気が上がると言われています。かぼちゃは実は南瓜と書いて「なんきん」とも。

本来は夏が旬ですが、かぼちゃは保存がきくので冬の栄養にとってもGOODですβカロチンやビタミンCが豊富で、「冬至の日にかぼちゃを食べると風邪をひかない」といわれています。


魚介類・・・マグロ、鯉、伊勢海老etc..




☆旬の草花


「千両、万両」


正月飾りとして縁起がいい千両、万両。

夏に小花を咲かせた後、実がなり、冬に赤く熟します。

千両は葉の上に実がなり、

万両は葉の下に実がなります。

切り花に向くのは千両、鉢植えなら万両という違いはありますが、どちらもおめでたい正月にふさわしい彩りを添えてくれます。


今日はここまでで


次回は二十四節気の23番目にあたる、『小寒』のご紹介です


最後までお読み頂きましてありがとうございます!





ライフデコオンラインショップ LIFEDECO ライフデコホームページ ライフデコfacebook ライフデコTwitter ライフデコInstagram





posted by LIFE DECO_aoyama at 19:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 二十四節気 七十二候と節句 のお話し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック