2016年02月11日

二十四節気七十二候”立春”編


こんにちは。

今日は二十四節気の、1番目にあたる立春のご紹介です。

(二十四節気七十二候とは?)



IMG_2334.jpg


☆二十四節気 <立春>

立春(りっしゅん)

立春とは、初めて春の兆しが現れてくる頃のこと。

梅の花が咲き始め、徐々に暖かくなり春の兆しがところどこで見られます

この季節から数えて最初に吹く南寄りの強い風が春一番です。


◯期間

2月4日頃(2016年は2月4日)から雨水(2016年は2月19日)までの期間。大寒から数えて15日目頃です。

☆七十二候

ではさらに細かく大寒期間の候をご紹介します!

◯初候・・・東風凍を解く(とうふうこおりをとく)2/4〜2/8頃

暖かい春風が吹いて、川や湖の氷が溶け出すころ。

旧暦の七十二候では、この季節から新年が始まります

◯次候・・・黄鶯睍睆く(うぐいすなく)2/9〜2/13頃

春の到来を告げる鶯が「ホーホケキョ」と美しい鳴き声を響かせるころ。その年の一番初めに聞くウグイスの声を初音(はつね)と言います。

◯末候・・・ 魚氷に上る( うおこおりにあがる)2/14〜2/18頃

暖かくなって湖の氷は割れ、魚が跳ね上がるころ。

そんな春先の薄く張った氷のことを、薄氷と呼んでいます


☆立春の旬の行事

《初午(はつうま)》

立春を過ぎて最初の午の日に、稲荷詣をするならわしが古来ありました。

もともと田の神さまを山から里へ迎え、豊作を祈る意味もあったとか

京都の伏見稲荷神社は祭りでにぎわい、神社の杉の小枝を験の杉としていただくなども。

地元のお稲荷さんにちょっとお参りするのに縁起のいい日です。

<豆知識>

「寒中見舞い」は立春の前日まで。以降は「余寒見舞い」(2月下旬頃まで)になります


☆立春の旬の食べ物

野菜・・・・明日葉、さやえんどう、ふきのとう、小松菜etc…

「蕗の薹(ふきのとう)」

雪解けの土の中から顔をのぞかせる蕗の薹は、春一番の山菜です。

若芽に蓄えられたエネルギーが、独特の香りや苦みとなり、冬の間にこわばっていた体を目覚めさせ新陳代謝を促します。

つぼみが固く、葉が開いていないものを選ぶのがコツです。

天ぷらや蕗みそにオススメです。

魚介類・・・シラウオ、ニシン、岩魚etc..

「鯡(にしん)」

春告魚(はるつげうお)ともいわれる鯡の旬は春。味が深く脂がのり、酢飯によく合います。

銀色で身に張りがあるものがよく、古くなると目が赤に。。。

子孫繁栄の縁起物⇨「数の子」

鯡の子、数の子は持った時にしっかり身がしまっているのもがいい数の子です。

透明感があり、血管の黒いスジがないものを選びましょう


☆旬の草花

<梅の開花>

いち早く春の訪れを知らせる梅の花は、1月下旬から5月上旬まで、約3ヵ月かけて、ゆっくりと日本列島を北上します。

まだ寒い早春を彩る梅の花は、古来から数々の歌に詠まれ、春の到来を待ちわびる歌人に愛されてきました。

日本各地に梅の名所がありますが、お近くの名所に寒さ対策をして、少し早い春を感じに行くのも楽しそうですね!

暦上は春ですが、現実はもう少し寒い日が続きます。でも着実に春は近づいていますので春の予感を楽しみましょう。


今日はここまでで

次回は二十四節気の2番目にあたる、『雨水』のご紹介です。


最後までお読み頂きましてありがとうございます!





↑ ↑ ↑

最後まで読んで頂きありがとうございます!

ランキング参加中です。

宜しくお願いします。

この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック