2016年08月08日

National Flower [ 国花 ] ロシア編



🌸アクセスありがとうございます🌸

8月も2週目に入り、暑さや日差しが一段と厳しくなってきました。

「夏」と聞いて思い浮かぶお花は何ですか・・・?

この記事を書いている私個人的には、向日葵が浮かんできます。

・・・と、いうことで今回は ロシアの国花をご紹介したいと思います!!



ロシアの国花は 向日葵 ( Sunflower ) です。


日本では「日回り」と表されることもあれば、「日輪草 ( ニチリンソウ )」や「日車 ( ヒグルマ )」、「ヒュウガアオイ ( 向日葵の音読み )」などと呼ばれることもあります。

6月〜10月に咲くお花で、特に7月下旬〜8月の今時期が見頃です。

俳句や短歌に親しみのある方はご存知かと思いますが、夏の季語にもなっています。


花言葉は、「私はあなただけを見つめる」。

太陽に向かって凛と咲く姿は、まさにこの言葉を象徴しているように感じます。

誕生花は、7/6、7/20、8/2、8/5、8/31 となっています。




ところで、なぜロシアの国花が向日葵なのか・・・?

シベリアなどは特に、気温が低く寒そうなイメージが比較的強いロシアですが、向日葵とどのような関係があるのか、掘り下げていきたいと思います。



まず、日本では鑑賞用として広く馴染みのある向日葵ですが、

なんとロシアでは おやつなどに その種を食べることで親しまれてきたのだとか!

つまり食用としての関わりがメインなようです。

この向日葵の種を食べるようになったことには、実は歴史・宗教にまつわる理由があるのです。

ロシア正教では、断食に近い食物品目に関する制限がなされる期間があり、

同時期 ほとんどの油脂食品が禁じられていた中、向日葵の種は許されていたのです。

また、この種は寒さに強いことも相まって、ロシアは世界1位の生産量を誇っているうえ、ウクライナと合わせて世界生産の およそ60%を占めています。




向日葵の種、召し上がったことはありますか・・・?

クセも少なく食べやすいので、そのままでも料理に一工夫加えたいときにも!

興味のある方はぜひお試し下さい♫



向日葵を見ていると、不思議と元気が出てくる気がしてしまう方、多いのではないかと思います。

夏の思い出づくりに 向日葵畑に足を運んでみるのも素敵ですね!

向日葵畑には行けそうにないという方は、

ご自宅に飾ってパワーチャージしつつ、暑さを乗り越えてみるのはいかがでしょうか?


↓LIFEDECOでは SALE価格でのご用意もございます♫↓





🌸最後までお読み頂き有難う御座いました🌸


posted by LIFE DECO_aoyama at 23:20| Comment(0) | TrackBack(0) | National Flower [ 国花 ] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする